2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 2-2 千葉 | トップページ | 東京V 1-1 横浜FC »

2006/09/10

横浜FM 1-2 川崎

0910

 2-1で川崎の勝ち。マリノスは連覇の面影はありませんでした。川崎が強くなったから、と言っていいのかもしれませんが、千葉やガンバ、浦和とやったときのようなチリチリ感がありませんでした。湿度の高い、モワーッとした日産スタジアムでは応援する方も逼迫感がなくなります。もっともアウェイゴール裏は非常に多くの川崎サポーターが詰めかけているので迫力はあります。1階ゴール裏を「ほぼ」埋めたサポーターを見てある異種の感慨を覚えます。等々力ですらこれほどこなかった時代がほんのつい最近まであったのになあ・・時代と言ってはそれまでですが。3年後のフロンターレ、3年後の横浜FCはどうなっているのだろうか、とすら思います。

 マリノスは久保と奥が精細を欠いています。現在のマリノスの原動力はドゥトラと田中で、この二人だけケアすれば充分、といった感じがしました。バカの一つ覚えのように上がってくるだけしか脳がない松田直樹を見ていると、本当に停滞しているなあと感じます。岡田監督を解任(本人の辞任?)すれば問題が解決するかと言えばそれは違うでしょう。

 川崎は概ね問題ありませんでした。好調時の川崎を維持していたと思います。さすがに疲れの見える我那覇をそこまで引っ張っていくのはどうなのか、と思いましたがディフェンスからジュニーニョへボールを出すまでの繋ぎ方が豊富で見ていて飽きません。サイドの森から、マルコンから、そして中央の中村から。フォーメーションにパターンがなく、自由に攻めてきますのでマリノスのディフェンスは対応しづらいかったと思います。
 
 マリノスで面白かったのは斜め45度からのミドルシュートが非常に多かったこと。これは前節の千葉戦で、水野のシュートに相澤が対応できなかったことを分析しての結果でしょう。こういうのを見るとマリノスって調子悪いなりにもやることはやっているなと思います。

 川崎が先制点を取るとマリノスは大島、吉田とフォワードをつぎ込んでいきます。私はこの交代パターンを見て、マリノスは本当に川崎から何も学んでいないなと思いました。前がかりになればなるほど川崎のチャンスは増えていきます。川崎が追加点を取ると後は概ね安心してみていられました。

 できれば・・2-0のまま終わらせてほしかったと思います。完封できないのは川崎の悪癖の一つです。こういうところを締められないからロスタイムで追いつかれたりひっくり返されたりするのだと思いますが、まあ直前のナビスコカップが青色吐息の状態でしたので調子を取り戻したと思えばこれでよいことにします。

 試合が終わった瞬間、私はカメラを片付け、日産スタジアムを後にします。この時点での時刻は午後5時55分。これから第三京浜をつっぱしり、環七を抜け、西ヶ丘を午後7時キックオフの横浜FC戦に間に合うように移動します。計算上は大丈夫なはずですが、実際はどうなるか。挑戦です。 

 日産スタジアム 観衆:22,769人

« 川崎 2-2 千葉 | トップページ | 東京V 1-1 横浜FC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 2-2 千葉 | トップページ | 東京V 1-1 横浜FC »