2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜 3-1 仙台 | トップページ | CEATEC »

2006/10/02

川崎 3-3 広島

1002a_1

 今日は横須賀にスタジアムを作る会の方と、そのご縁で谷口選手のお母様と一緒に観戦します。谷口選手のお母様は横須賀シーガルス女子チームの現役ゴールキーパーをつとめています。正直、すごいと思います。そういうわけで今日は谷口に注目します。と言ってもここ数節のフロンターレは谷口と中村だけしか見所がないのですが。

 試合は3-3の引き分け。広島の佐藤寿人のハットトリックをオシムに見せつけるための試合だったと言っていいともいます。我那覇も一点とりましたけどね。この試合ではフロンターレの選手は脇役でしかありませんでした。

 今日も先制されて始まりました。私の予想通りキーパーは相澤から吉原に変えてきましたが、相変わらずディフェンスラインがグダグダしていてどうしようもありません。攻撃の形はフロンターレの方が圧倒的に良いし、広島の中盤はほとんどJ2なみのトロさで、どうみてもすぐに点が入りそうに見えるのですが実態は逆でした。

 決め手はただひとつディフェンスの違いだけだと思います。ディフェンダーもキーパーも広島の方がずとよい。こうしてみるとサッカーって本当に守備が勝敗を決めるのだと感じます。サッカーだけでなくすべてのスポーツはすべて守備が決め手なのですが、フロンターレの試合はそれが際だちます。そして佐藤寿人の得点嗅覚は別格で、どちらのサポーターでもない人がこの試合をみれば佐藤寿人一人を見ることで充分に満足したのではないでしょうか。

 フロンターレは運もなく、川崎の放ったシュートがゴールポストを直撃してその反動がそのままカウンターとなり決められてしまいます。そういうところが非常にもったいなかったと思います。チャンスが多かった分だけ川崎は充分に勝つ可能性がありました。最後に追いついたのは概ね妥当だと思いますし、それゆえラスト15分で逆転できなかったのが悔しいです。

 川崎はこれで4試合勝ち無しと停滞してしまったように思えます。しかし私は概ねこんなものだろうと思います。ガンバやレッズならともかく、戦力的にいっぱいいっぱいの状態でここまでやってきているのですから、どこかで調子が落ちるときが来ます。この先数試合はこの状態が続くかもしれませんが、そこから立て直せばよいだけなのです。

 次は大分戦。決して相性のいい相手ではありませんが、頑張ってほしいと思います。

1002


 

« 横浜 3-1 仙台 | トップページ | CEATEC »

コメント

「横須賀にスタジアムを作る会」、主旨には賛同です。2年前の夏に、プリンスリーグ観戦のために湘南学院グラウンドに行った覚えがあります。確かにサッカー場が造れそうな土地がありました。
 とはいえ、横浜FCの準ホームタウンにサッカー場がいままでなかったという事実に驚いています。
 J発足当初は、日産工場・新子安の位置から、海沿い、南部のマリノス、北・新興住宅のフリエと住み分けができればなぁと思っていたのですが。その上で、横須賀市にJFL上位クラスのクラブができると、日本(神奈川)のサッカーにも厚みがでてくると思うんですけど。

話しは変わってフロンターレの守備。体格のいい、経験もある四人を回していて、スリーバックは安泰だと思っていたんですが。中盤のプレスがかかっていなくて後ろに負担がくるのか、GKが頼りないから後ろのラインだけ下がってしまうのか、テレビ観戦ではわからないところです。
 妹が等々力の裏に住んでいるので、近く現地で観戦したいと思っています。幸いレッズが足踏みして、勝ち点差は7のまま。ここで上位に喰らいついていけば、最後にもう一度チャンスがあるはずです。

横須賀にサッカースタジアムがない、というのは私もなんとかならないかと思います。山と軍港の町なので土地がない、というのもありますが、用は自治体のやる気の問題だと思います。

フロンターレは少し停滞しているだけだと思います。強豪ではないのでこういう時期は来ます。サポとしてはこういう連敗も折り込んでおく必要があるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜 3-1 仙台 | トップページ | CEATEC »