2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 新京成電鉄千葉寺駅 | トップページ | 川崎 3-3 広島 »

2006/10/01

横浜 3-1 仙台

 まずはお詫びから。先日、横浜-柏戦の観戦記で、私は「馬鹿馬鹿しい」~「必ずしも昇格を望んでいない」と書きました。私がどのようにものを考えるかは私の自由でよいと思いますが、チームが試合をする以上、勝ちを最優先するのは当たり前のことであり、それを否定するように受け止められる記述をするのは不適切であったかと思います。書くとしても読む人が不愉快にならないような書き方はありますので、その配慮はすべきでした。この点についてすべての横浜FCサポーターにお詫びします。あたりまえの話ですが、私は横浜FCを応援しています。

 横浜FCの強さは守備の堅さだと思います。ただし、それは守備的に戦うということではありません。まず守備からはいるのはすべてのサッカーチームの基本であって戦術ではありません。守備からはいるということと、守備的に戦うと言うことは意味合いが全く異なります。私は横浜FCは充分に攻撃的なチームだと思います。

 この日の試合はそれが充分に発揮できたと思います。横浜FCの強みというのはセンターバックからフボランチ、フォワードまでの中央の強さです。この中央の戦い方が固定されているからスタメンが変わっていても安定した強さが発揮できるのだと思います。この点がサイド一辺倒の攻撃しかなかったリトバルスキーとは違うところです。

 仙台はこの縦のぶつかり合いがことごとく横浜に負けていました。千葉も熊林もロペスも精細を欠いていたかと思います。逆に横浜FCは山口、吉野から内田、カズに速攻でボールが渡っていました。城の先制点はそこから生まれたと思います。守備からの速攻が聞いていれば横浜は充分に強く戦えると思います。そういう所はもっと認めなければ行けないでしょう。

 これから先、ひとつひとつが厳しくなります。残り5試合目くらいから最終節が試練になるのではないでしょうか。厳しい戦いですが、一つ一つ見ていきたいと思います。

0927a  

« 新京成電鉄千葉寺駅 | トップページ | 川崎 3-3 広島 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新京成電鉄千葉寺駅 | トップページ | 川崎 3-3 広島 »