2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« U21日本 2-0 U21中国 | トップページ | 川崎 3-0 鳥栖 »

2006/10/28

柏 3-3 横浜FC

1028
 これだけの大一番にも関わらずオフィシャルサイトのトップコピーは「Next Homegame・・・」と知らん顔。こういう他人事具合ですます態度に軽いめまいを覚えながら家を出ます。もういいや。私はバックスタンドアウェー側端指定席で観戦。バックスタンドは圧倒的に柏サポが占めていましたが、私の周囲だけは横浜FCサポーターは結構いました。

 大一番の結果は3-3の引き分け。上位につける横浜FCにとっては大きな大きな引き分けでした。結果よりも試合展開が非常に濃いもので3-1から2分で追いつくという劇的なものでした。絶対に負けないという気迫がありました。そしてサッカーにおいて2点差というものがいかに怖いものであるかを充分に思い知らしめるものでした。

 こういう試合は経験の多さがものを言います。本来であれば柏の方が経験ゆたかのはずですが、横浜はカズも城も山口も小村もフランス大会予選の絶望的な経験を乗り越えています。この試合で横浜を救ったのはベテラン達の精神力でした。カズにしても前線でよく体を張ったと思います。アレモンの押せ押せゴールもそういう落ち着きの元にチャンスが生まれたからと言っていいでしょう。

 このベテランの差に加えてキーパーの差もありました。柏のキーパーノグチはJ2標準で見れば決して悪くはないと思いますが、肝心なピンチの面でディフェンスに対する指示や自分自身のポジショニングがおかしかったと思います。
横浜が追いついた3点目は完全にキーパーを抜きましたね。横浜にとっては美しく、柏にとっては悔やみきれない失点だったでしょう。

1028b
 横浜が引き分けた瞬間、隣の柏サポーターはガックリと頭をうなだれました。私は周囲の見知らぬ横浜サポーター達と手をたたき合って喜びました。完全アウェーの中、横浜FCのレプリカを着込んでいるからこそ、こういう連帯感が生まれたと思います。

 この引き分けにより、横浜FCは3位をほぼ完全に手中に収めました。精神的にきびしくなるのはこれからです。これからどうなるかまだ予断を許しませんが、頑張ってほしいと思います。 

 日立柏サッカー場 観衆:11,236人(チケット完売)

« U21日本 2-0 U21中国 | トップページ | 川崎 3-0 鳥栖 »

コメント

横浜FC本部は、やらなければならない試合を、トップ・ユースともにこなすだけで精一杯だそうです。天皇杯と翌週のお休みで、ベテランがこの時期に元気なのは頼もしい限りです。が、将来のことを考えると、本当にいろいろな意味でこれからのチームですね。ただ、ここまで来たら、一試合一試合、勝つことだけを考えたいですんでしょうが。
 それよりも、ホーム側に座ってらしたんですね。埼玉でもそうでしたが、一点の重みがありすぎるサッカーで、アウェイのサポーターがホーム側の席で問題なく応援できるこの状況が新鮮に感じられます。いいモンですね。

欧州ではありえないですね。ただこの日も相当危険な自己責任はありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« U21日本 2-0 U21中国 | トップページ | 川崎 3-0 鳥栖 »