2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 柏 3-3 横浜FC | トップページ | 横浜FC 1-2 東京V »

2006/11/05

川崎 3-0 鳥栖

1104b_1

 いい試合でした。鳥栖の試合運びが非常にうまく、緊張感の高いゲームでした。もちろん川崎が3-0で完勝したからそんなことが言えるのですが、J1とJ2との試合であることを忘れさせてくれました。3-0と差の付いたスコアですが、77分までは両チームとも無得点で、鳥栖の守備が強固で川崎の3トップを完全に封じました。我那覇などは何もできませんでしたね。ジュニーニョの個人技ばかりが目に付きました。

 通常、こういう試合では格下とされるチームは徹底的に守備に回りカウンターに徹するのですが、鳥栖は守備から攻撃への切り替えが早く、試合展開自体は完全に五分五分でした。川崎のセットプレーがもう少し正確だったら、あるいは鳥栖の中盤から前線へのパスがもう少し正確だったら・・・決着はもっと早かったと思います。

 試合の決め手は中村憲剛でした。川崎の生命線は前3人ではなく、中村と谷口の二人であるということが本当によくわかるゲームだったと思います。この二人が中盤の前の方からボールを奪うことができたので、川崎の守備が助けられているのだと思います。それを鳥栖のディフェンスがすべて食い止めたのは大きな驚きでした。特にセンターバック(飯尾選手?)はすばらしかったですね。

 鳥栖は新居とユンジョンファンがもう少し動けてたらチャンスはもっと増えていたと思います。けがをしているのかもしれませんが、結果的にこの二人がいなかったため、鳥栖の攻撃が遅くなりました。攻撃に手数が増えてしまったのは仕方がなかったと思います。 

 川崎からすればなんですんなり勝てなかったのか?と不思議に思うかもしれませんが、鳥栖がそれだけ強かったのです。天皇杯特有のやりにくさが合ったのではなく、川崎と互角に戦うだけの力はありました。ただそれは、余裕のない100%の力が互角に戦えたわけで、先制点を川崎が取った時点で試合は決まってしまいました。

 鳥栖は数年前まで本当に弱かったのですが、会社組織が変わってから劇的に強くなりました。今年もまだ昇格の望みはありますが、たとえそれが無理でも来年を見据えることができる強さです。横浜からするとその一点がとてもうらやましく思えます。

 鳥栖と横浜FCは51節で対戦します。鳥栖のホーム最終戦です。全力で向かう鳥栖は怖いと思います。楽な試合には絶対にならないのは確かですね。

 等々力陸上競技場 観衆:5,026人

1104c

« 柏 3-3 横浜FC | トップページ | 横浜FC 1-2 東京V »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柏 3-3 横浜FC | トップページ | 横浜FC 1-2 東京V »