2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 調布-大島遊覧飛行 その1 | トップページ | わかの観戦日記について(長文) »

2006/11/20

川崎 2-1 福岡

1120a

 等々力に向かう途中から下腹部に異常を感じ始め、試合開始直前から前半終了まではあまりの腹痛に脂汗をかいていました。やむを得ず前半終了後、帰宅。すぐに寝ました。今までサッカーを見続けて前半で帰ったのは初めてのことです。見たかったなあ。悔しいなあ。その後、下痢と発熱にのたうち回り、土曜日夜から月曜日朝までは生死をかけた戦いでした。もうサイトの更新などどうでもよろしい!と思っていたのですがやっと落ち着いた。

 ということで試合の感想は述べる資格がないので全体的にいくつか。

ここまで来ると試合内容がどうこう言っているような場合ではありません。勝てばいいのです。PKでもオウンゴールでも。何でもいいから勝てばよい。審判のミスジャッジでうちに有利に動けばめっけもん。それでよいのです。内容は一切問わない。だからこの試合に勝ったフロンターレは充分に偉い。まだ夢を追いかけられる。その一途な望みを勝利によって得られました。

 ただ、そういう思いは福岡だって同じで残留という望みをかけて死にものぐるいで戦ってきました。前半、川崎の動きが全く連動せず、中盤がすべて断ち切られたのは川崎に出場停止の選手が多数いたからではなく、福岡が執念を見せつけて前から当たってきたからでしょう。こういう魂のぶつかり合いは試合内容は関係なくなります。この試合を見て前半はつまらなかったと感じる人がいましたら、そういう背景も感じてほしいと思います。

 試合は川崎がPKで先制し、追いつかれ、谷口が突き放したそうです。その場にいなかったことが本当に悔しい週末でした。23日は三ツ沢で徳島戦です。

 それにしても川崎の選手紹介の手の込み用は節を追うごとに凄くなりますね。まさかオーケストラフルコーラスで前節を振り返るとは予想しませんでした。こういうことができるのはJリーグでは川崎だけですね。川崎市の本当の売りはシンフォニーフォールですから。うまくコラボしています。

 等々力競技場  観衆:12,871人

1120

« 調布-大島遊覧飛行 その1 | トップページ | わかの観戦日記について(長文) »

コメント

お身体、大丈夫ですか? 快方に向かっているとのこと、何よりです。当日は、私も等々力で観戦していました。最初のページの写真を見て、近くに座っていらしたのかなと思っていたら、逆サイドでした。

メイン側の副審がひどく、オフサイドの旗が遅いだけでなく、走って追っててライン上のことはわからないのにゴールラインを割ったという判定までしていました。聞いていた以上に酷くて、驚きです。審判の事はもういい、と川崎ファンは思っているかもしれませんが。

試合は、特に前半川崎は一本調子で、福岡の久藤とホベルトにゲームをコントロールされていた印象を受けました。万博でのガンバ戦もそうでしたが、ボールの出所にプレスがかからないと、自慢の長身ディフェンスも対応できないですよね。特に前に出るのが強みの森選手の裏は、ケアーが必要で、福岡の得点も古賀選手のクロスからでした。

ただ、仰るように、勝ち点が取れればいいんですよね。優勝争いをするチームは、何でかわからないけど気付いたら勝っていた試合が、年に何度かあるものです。福岡は絶好のチャンスでバー(前半)、味方の頭(後半)にシュートが嫌われ、悪くないサッカーをしていたのに、降格候補ならではの試合運びでした。一応、観られていらっしゃらないとのことなので、長くなりましたけど書いておきます。

三ツ沢へは、行くかどうか決めていません(近くですけど)。それよりも、わかさんが早く良くなることを、祈っています。

では。

サイトを拝見して驚きました。きちんと病院には行かれたのでしょうか?外傷はさておき、臓器の場合はきちんとケアされることをお勧めします。ところで、「勝てば良いのです」というご意見には個人的には賛成できません。昨年最後まで優勝争いをしたセレッソ、ナビスコ連覇のジェフよりも、2部落ちから這い上がり徐々に上昇してきたレッズのようなパターンを好みます。これはサポーターには長い長い時間があるからだと思います。監督・選手はそうは行かないでしょうが。難しいところですね。それでは「お大事に!」。

okuralaさんへ、
ここでの勝てばいいって意味は、優勝争いをしているのだから、今は内容よりも勝ち点3が必要だって意味だとおもうんですけどどうでしょうか

↑は、その通りだと思います。私も「勝ち点が取れればいい」とは、そういう文脈で書いたつもりでしたが、表現が不十分でしたね。失礼しました。

わかさま今晩は!ワールドカップ以降、みんなの為に観戦やヒルクライムと1100ccのバイクで走り続けて来てくれた「わかさま」には本当に頭が下がります。これ以上無理せづ、お体を休ませて上げて下さい。お名前は「わかさま」でも健康を第1に考える年齢に近づいていますよ。私は勝利が一番に同感です。結果が全てです。どんなにイイ試合をしていても{4級審判}に無理やり二人も退場させられ、負けさせられた、あんなゲームも実在するんですから! お体早く直して下さい。お祈り申し上げます。

みなさまお心遣いありがとうございます。なんとか回復しました。まだおなかの調子が完全ではないので今日の三ツ沢の横浜FCは取りやめました。なんとか回復して土日の試合に臨みたいです。

勝てばよいというのはリーグ戦も残り試合が少なくなるとトーナメントの様相を呈してくるからなんですよね。負けたら脱落。そして対戦相手の他にプレッシャーという敵が来ます。それに勝ったというのが何より凄いことだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 調布-大島遊覧飛行 その1 | トップページ | わかの観戦日記について(長文) »