2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 3-2 鹿島 | トップページ | 横浜 2-0 愛媛 »

2006/12/01

地域リーグ決勝大会について

YSCC対新日鐵の観戦記で、地域リーグ決勝大会への意見を書いたところ、メールとブログコメントに多くのご意見を頂きました。ありがとうございます。ちなみに批判は大歓迎です。合意はできないかもしれませんが、少なくとも書いた人に不愉快な気持ちはさせたくないと思います。2ちゃんで書くよりはずっと建設的だと思いますよ。

 地域リーグ決勝大会については以前から思っていることを書いてみました。いろいろな見方があっていいと思います。ただ、私は公平を期するのであれば東京開催がいちばんよいと思います。理由はかんたんで、全都道府県に乗り換え無しで直接行けるのは東京都だけだからです。観客の立場からすれば地方の方が逆に遠征気分が出るかもしれませんが、チームの経理や財務を担当している人が見れば費用が安いところにしてほしいというのは切実だと思います。関東以外の、北海道・東北・甲信越・東海・関西・中国・四国・九州の代表チームにそれぞれ公平な開催場所はどこか?と考えれば議論の余地なく東京になるのではないでしょうか?

 開催地に手を挙げる県サッカー協会がいないとのことですが、私はまさにこの点を批判しています。運営側に中央開催への調整能力を身につけさせなければいけないのではないでしょうか。地域リーグ決勝大会の運営クオリティはJ、JFL、高校サッカーに比べてかなり低すぎます。おそらく予算をほとんど組まず、県サッカー協会の手弁当でやっているのが実際なのではないかと。そうではなく、予算と人を割り当て、大切なイベントとする時期ではないかと思います。

 リーグ戦方式がよいか、トーナメントが良いか、という点ですが、リーグ戦方式にした場合、3チームのリーグ戦を連日開催というのは公平ではありません。このやり方では初日と最終日に試合をするチーム(熊谷会場で言うとTDK)が一番有利です。理由は休息をとれることで、他の2チームは初日と2日目、2日目と最終日で連戦になります。趣味のサッカーであればこれでも良いですが、チームの命運を賭けて戦うリーグであれば、こういう点も見直す時期に来ているのではないかと思います。

 以上、私の考え方を上げてみました。異論反論は大歓迎します。いろいろな見方ができると良いですね。

« 川崎 3-2 鹿島 | トップページ | 横浜 2-0 愛媛 »

コメント

大阪府民の視点から意見を述べます。

東京での集中開催ならばともかく、関東周辺ということではメリットはほとんどなくなりますね。それこそ直接移動できるのは東京だけになってしまいます。

西日本開催のメリットとして、「日没が遅い」ことがあげられます。先週の高知での試合を見てまいりましたが、降雨のため午後3時でもかなり暗くなっていました(Jリーグなら照明を点けるレベル)。PK戦やアクシデント等で試合時間が延びた場合、東日本では試合に影響が出る恐れがあります。何しろ一年で一番日没の早い時期に開催されていますから。

わかさんの首都圏からの視点に、正直カチンと来る部分はあります。少なくとも博多の森球技場紹介文での
「福岡は九州ということもあり、遠いというイメージが強いが」
という部分は書き直したほうがいいと思います。

 日の浅さは考えなければなりませんね。ただ、第一試合を11時試合開始、第二試合を1時試合開始にしてすれば、延長・PKを入れても4時30分には終わると思います。秩父宮ラグビー場は照明がありませんが、12月の試合でも第二試合は2時試合開始です。そう見れば問題ないのではないでしょうか?開催場所ですが、私は東京周辺でもメリットはあると思います。距離・時間もそうですが、地方→東京に出るための交通費の安さは地方→地方への移動とは比較になりません。チーム全員分を見込めば無視できないのではないでしょうか。

 スタジアムガイドへの苦言、ありがとうございます。首都圏からの視点については配慮が足りなかったかもしれません。該当の箇所は修正しました。またお気づきの点がありましたら教えてください。

こんばんわ。いつも楽しく拝見させて頂いております。

さて、論議話題の全国地域リーグ決勝大会ですが、私なりの意見を述べさせて頂きます。

まずはじめに、私はわかさんの考えに大方賛成です。
特にレギュレーションについては、やはりリーグ戦ではなく、トーナメント方式(全国社会人、関東社会人etc...)にすべきだと思います。
理由はただひとつ。試合数が多いからです。
現状の1次ラウンド→決勝ラウンド→入替戦というのは日程的にも財政的にもアマチュアのクラブとしては厳しいはずです。
また、わかさんのご指摘通り、4つのグループの内、参加チーム数が異なることについても疑問です。
3チームのグループは当然、中1日で消化するチームの方がコンディション的には有利だし、4チームのグループは他のグループに比べ、試合数が多いことになります。
全てのグループが4チームの3連戦であればまだしも、試合数や日程に違いが出るのは公正とは云えない気がします。

開催地についてですが、東京でなくとも、集中開催が良いと思います。
東京はJ1、J2、JFLなど使用頻度が高いため、連日会場の確保が出来るかが疑問です。
それと、毎年関東以西で行われるのはなぜでしょうか?
全国社会人連盟の組織上、西方面の人の力が強いからでしょうか?
今年は久々に熊谷で1次ラウンドが行われましたが、毎年四国か九州のイメージが拭えません。
JFL昇格を賭けた大事な大会なので、連盟の都合だけでなく、実際に戦う選手やチームを思いやった運営に期待したいです。
例えばですが、前年優勝チームの当該地域や当該都道府県での集中開催などはどうでしょうか?
トーナメント優勝チーム&準優勝チームがJFL下位2チームとの入替戦(JFLの状況により、自動昇格もある)

いずれにしても、試合数の減少が望まれると思います。
日程的にハード過ぎます。

もしかすると、ハードルが高い故に価値を高めたいという思惑もあるのかもしれませんが、全国社会人連盟に現状以上に奮起してもらい、運営などで価値の高い大会にしてもらいたいものです。

ご返答ありがとうございます。

 今日は雨の中、長居でC大阪vs川崎を見てきましたが、試合開始前(1時半ごろ)から照明を点けてました。試合内容は、まぁいまさらどうこう言えるもんでもありませんでしたけど。神戸も負けて近畿のJ1がG大阪だけになる可能性が高くなり、さびしい限りです。
 川崎のACL出場権獲得、おめでとうございます。

>秩父宮ラグビー場は照明がありませんが、12月の試合でも第二試合は2時試合開始です。

 まったくその通りで、日照の件は屁理屈に近かったかもしれません。
 正直に言えば、「スポーツの大きな大会はほとんど東京でやってるんやから、西日本でやるやつがあってもええやん」が本音です。

 文句ばかりでは申し訳ないので、私案を一つ。

9つの地域リーグを
東(北海道・東北・関東)
中(北信越・東海・関西)
西(中国・四国・九州)
に分けて、それぞれ4チームで総当り戦を行い、1位3チームがJFL下位3チームと自動入れ替え。

でどうでしょうか。移動の負担はかなり低減できると思います。(ただし、このわけ方ですと新潟県がつらいんですが)

ここに来られるみなさん、こんばんわ。
地域リーグ決勝大会について、僕の意見を述べさせていただきます。
まず地域リーグについては、現行の方式で問題はないと思います。
地域リーグ決勝大会の開催については、できるだけ同じ所に偏らないようにすることが必要だと思います。
資金面から試合数を減らすと言う観点ではトーナメントの導入を考えることに異論はありません。

僕が考えるトーナメントでの開催案は、全国社会人大会優勝チーム(下記の条件に当てはまる場合は準優勝チームが出場)のほか、基本的には各地域リーグの優勝チーム9チーム、前年度ベスト4に入った地域リーグの2位チームが参加する方式で、全国社会人大会優勝チームをシードで準々決勝(ベスト8)からの登場にし、その他のチームからベスト8の残り7チームを決め(チーム数が少ない場合はそれに応じて、1位チームの中から抽選をして、ベスト8から登場のチームを決める)、優勝、準優勝チームを自動で昇格(JFL下位2チームが自動降格)とし、ベスト4の2チームで3位決定戦を行い、勝者がJFL16位とのホーム&アウェイ方式の入れ替え戦と言う方式です。

ただ、一番大切なのは、応援するチームがどこのカテゴリーにいるにも関わらず、応援していくことと、全国社会人連盟だけでなく、Jリーグなども積極的に運営に関わり、底辺拡大を目指すことだと思います。

地域リーグ決勝大会(決勝ラウンド)に行きました。

とりあえず思ったこと。

・16チーム揃えば、現状の方式でもいいと思う。(もちろん、トーナメントでも問題は無い。)ただし、トーナメントだと、運の要素が強くなるから、地域間のチャンピオンを決定させるのには?ではある(力が100%出たと仮定した場合、9番目のチームが決勝にならないとも限らない)。地域リーグのチャンピオン決定戦とJFL昇格の資格獲得という両面があるから、難しいところ。

・ただ、全国社会人(予選・決勝)や国体(予選・決勝)、もちろんリーグ戦(場合によっては天皇杯)と、大会が多いのも問題かと。地域リーグの強豪ならば、ほとんどの週末はつぶれてしまうし、選手は年次休暇の兼ね合いもあって大変と思う。

・リーグ戦なら、できれば最終日(特に決勝ラウンド)は同一時刻KOでお願いしたい。(特に今年はそう思いました)

過去の観戦履歴を見てみたら、2001年1月開催地域決勝@川越で降雪のため、第1試合中止&第2試合が55分遅れで90分できなかった(70分)ことが西方への開催に偏る傾向になったきっかけになったのかも知れませんね。11月開催になったとしても、優勝したTDKのホーム(秋田)では降雪のリスクがあるから、厳しいですね。北海道は無理だし、東北や北信越は会場が相当限定されるから、偏るのは致し方ないと思います。

わかさん はじめまして。
プログをいつも読ませてもらってます。
地域リーグ決勝大会は 現在の方式でよいと思います。
確かに東京一極集中で交通アクセスもほとんど全てが東京中心で
地方から出向くのに大変都合が良い。地方の学校の同窓会も東京で開くなんて あるくらいですから。
だからこそ 地方で開いてもらいたいというのが 私の気持ちです。
ラグビーはチームの所在地の関係もあり関東関西偏重ですが
ラグビー人気が いまいちなのも そのためではないのかな とも思います。
スタジアムガイド。全国またにかけた驚異的な取材。マイナーなところまで よく拾い上げている。感心します。
もとより個人のガイドですから 完全は求めません。これからも楽しみにしてます。

みなさん書き込みありがとうございます。
地域リーグ決勝大会については大会の目的や意義はともかく、現実のチーム運営に非常に無理が来ているのは事実だと思います。例えばスタメンすべてが傭兵のようなチームはいいのか?というような、参加側にアマチュアのレベルを超えたものを要求しています。JFLですらアマチュアとされている大会なので、一度検討したいですね。私の考えは一番最初のエントリーの通りです。

FC町田ゼルビアのサポです。
2008年。ゼルビアの選手たちは、鳥取から羽田を経由して那覇へ行き、石垣島へと行きました。石垣島は暖かいかもしれませんが、交通の便はかなりひどいです。調べてみても、結局はそのルートが一番になってしまいます。

ちなみに、長崎、山口、宮崎、東京の決勝リーグ進出4チームの中では、石垣島までの時間的距離は、東京は長崎に次いで二番目に近いようです。もちろん、それぞれの県のどこから移動するかで、ずいぶん違いますけれど。

石垣島開催を決めた時点で、社会人連盟は、鳥取から石垣島までチャーター機を飛ばしてほしいものだと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 3-2 鹿島 | トップページ | 横浜 2-0 愛媛 »