2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« インドネシア遠征確定 | トップページ | お詫び »

2007/01/01

浦和 2-1 G大阪

0101

 1-0で浦和の勝ち。浦和優勝。これにより2年連続ACL出場権獲得。終わってみれば予想通りの結果でしたが、もう少しこう・・・ガンバはあそこまで優勢に試合を勧めながら点が取れないのか・・そう嘆きたくなるような試合でした。浦和はワシントンも三都主も闘莉王も坪井も長谷部も山岸もいません(控えとしてはいますが)。これだけ浦和はメンツを落としたのに、それでもガンバは勝てないのか・・いろいろな意味で複雑なものを感じた試合でした。

 試合はガンバの圧倒的有利な展開で、90分間のほぼすべてを支配し続けました。もちろん浦和もカウンターから攻める手だてを講じていますが、少なくともガンバが先制点を入れるのは時間の問題だろうと私は思っていませんでした。それを完璧に防いでいたのは浦和のディフェンス陣。特にGKの都築とDF細貝の二人です。ガンバのマグノアウベスを完全に封じ込めていました。 

 圧倒的に攻めていても点が入らなければカウンターでやられてしまう、サッカーのよくあるパターンを見せつけられました。浦和はサッカーを知っていますね。メンツがそろわなければそろわないなりのサッカーができるのです。そういう意味ではいい勉強になりました。

 横浜FCにとっても川崎にとっても2007年度は相当辛いシーズンになりそうです。

« インドネシア遠征確定 | トップページ | お詫び »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インドネシア遠征確定 | トップページ | お詫び »