2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/17

敵状視察

敵状視察
ACL参戦に先立ち、現地の食べ物を調べます。私の海外旅行の鉄則に、知らない食べ物はまずい、というのがあります。現地の食べ物を知るのは重要なこと。牛の角煮ココナッツ炒め、海魚の唐揚げダブダブソース、インドネシアビール。なかなかおいしい。桜木町ワールドポータース内のインドネシア料理店、スラバヤにて。

2007/01/11

タイに行ってくるですタイ

Thai

一般サラリーマンが3ヶ月続けて海外に行くことが果たして許されるのかどうか、というのがかなり疑問ですが。

5月22日(水) 成田発10:55 日本航空717便 バンコク着15:55
★バンコク・ユニバーシティ-川崎フロンターレ戦を観戦
5月23日(木) バンコク発 日帰りでアユタヤ観光
5月24日(金) バンコク-チェンマイへ。 チェンマイ泊
5月25日(土) チェンマイ発 バンコクへ バンコク発 22:55 日本航空718便
~5月27日(日) 成田着6:15

まだチケットセールが開始されていないので日程の変更がありえます。3日間のお休みをとるのがタイ変ですね。爆弾テロがナンボのもんじゃい!!

2007/01/06

韓国遠征確定

0106korea

アジアチャンピオンズリーグ第3節、全南ドラゴンズ戦参戦のため、韓国光陽市遠征が決定しました。光陽市は微妙に遠いのですが1泊2日で遠征が可能なようです。マイルぶった切って行くぞ。

日程です。
往路04月11日(水)
06:50 発 東京/TOKYO, 羽田(東京国際空港)(HND) 日本航空1303便
08:10 着 大阪/OSAKA, 関西国際空港(KIX)
09:30 発 大阪/OSAKA, 関西国際空港(KIX) JL961便
11:20 着 ソウル/SEOUL, ソウルインチョン国際空港(ICN)

仁川発(高速バス)-全州着。全州観光
全州駅-特急列車セマウル(全羅線)-順天駅着
順天市発-(乗り合いバス)-光陽市着 タクシーでポスコ専用球技場へ。
★全南ドラゴンズ-川崎フロンターレ 観戦
観戦後、タクシーで光陽市へ。光陽市内泊。

復路 4月12日(木)
光陽市発(高速バス)-光州着 光州観光
光州駅-KTX(韓国新幹線)-ソウル着
ソウル-(地下鉄5号線)-金浦着

20:10 発 ソウル/SEOUL, ソウルキンポ国際空港(GMP) 日本航空JL8834便
22:15 着 東京/TOKYO, 羽田(東京国際空港)(HND)

2007/01/04

お詫び

私のメールボックスには毎日半端でない量のジャンクメールが来るのでタイトルや本文にフィルタをかけ、自動的にゴミ箱行きにしています。キーワードは卑猥な言葉がほとんどですが、敵も然る者、そういう言葉を避けて送ってきています。・・で、私も対策が深くなり、より一般的な言葉もフィルタリング対象にしてしまっているのですが、この大晦日から正月にかけて相当の一般メールがゴミ箱に入っていました。・・はあ・・・・・・。返信しなかった人たちにはお詫びのメールを出しましたが・・疲れた。

ちなみに誤操作したフィルタリングキーワードは・・
人妻、出会い、完全無料、・・

さすがにこれは厳しすぎでしょうか。迷っています。

2007/01/01

浦和 2-1 G大阪

0101

 1-0で浦和の勝ち。浦和優勝。これにより2年連続ACL出場権獲得。終わってみれば予想通りの結果でしたが、もう少しこう・・・ガンバはあそこまで優勢に試合を勧めながら点が取れないのか・・そう嘆きたくなるような試合でした。浦和はワシントンも三都主も闘莉王も坪井も長谷部も山岸もいません(控えとしてはいますが)。これだけ浦和はメンツを落としたのに、それでもガンバは勝てないのか・・いろいろな意味で複雑なものを感じた試合でした。

 試合はガンバの圧倒的有利な展開で、90分間のほぼすべてを支配し続けました。もちろん浦和もカウンターから攻める手だてを講じていますが、少なくともガンバが先制点を入れるのは時間の問題だろうと私は思っていませんでした。それを完璧に防いでいたのは浦和のディフェンス陣。特にGKの都築とDF細貝の二人です。ガンバのマグノアウベスを完全に封じ込めていました。 

 圧倒的に攻めていても点が入らなければカウンターでやられてしまう、サッカーのよくあるパターンを見せつけられました。浦和はサッカーを知っていますね。メンツがそろわなければそろわないなりのサッカーができるのです。そういう意味ではいい勉強になりました。

 横浜FCにとっても川崎にとっても2007年度は相当辛いシーズンになりそうです。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »