2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« インドネシア遠征準備中 | トップページ | さいたま到着 »

2007/02/25

浦和 0-4 ガンバ大阪

0224


 0-4で浦和の負け。点数以前に内容があまりにもひどく、見ていてげんなりする試合でした。オジェックは一体どういう試合がしたかったのでしょうか?闘莉王と長谷部が欠場とは言え、ここまで崩れるのは不思議です。ブルズカップに行く前に「今年は8冠だ」などと思い上がった口を聞いているフロントに冷や水を浴びせたのは良いことだと思いますが、こんな試合をしていてアジアチャンピオンズリーグは大丈夫なのかと心配になります。

 最近のJリーグのチームは世界戦で惨敗しているので今年はタイトルが必要なのです。そのためには川崎と浦和は絶対に勝ち抜いてほしい、本心からそう思います。浦和がリーグ戦でボロボロになるのは歓迎ですがね。Jが舐められたくないのです。

 試合は浦和の中盤が崩壊していました。山田と平川の連携が最悪で、この両名の間でボールを取られ、ピンチを招いていました。いわゆるハーフコートゲームで、天皇杯の1,2回戦ではよく見られますが、まさか浦和対ガンバの試合がそうなるとは思っても見ませんでした。浦和のサポーターは応援を放棄し、ガンバの応援歌のみがこだまします。それは奇妙な光景でした。

 浦和がチームとして成り立っていない試合でしたので、これ以上の感想はありません。マグノアウベスのハットトリックなどは単なるオマケで、誰が点を取ってもそれほど差はないでしょう。私は試合終了のホイッスルが鳴ったのを見届けてすぐに会場を後にしました。あの大応援団が集団で不機嫌になっていることを考えると巻き込まれたくないという気持ちの方がありました。

 来週はいよいよ開幕戦です。現状の浦和の様子を見ていると、別に横浜FCでなくても山形でも水戸でも浦和には勝てそうな気もしますが、実際はどうなるのでしょうか。逆に浦和が死にものぐるいで向かってきてとんでもない目に遭う可能性もあります。 いずれにしても横浜FCにとっては参考になる試合ではありませんでした。出たとこ勝負ですね。

 明日はラグビー日本選手権の決勝です。明日をもってラグビーシーズンは閉幕し、サッカーが始まります。また長い一年がはじまります。

 国立霞ヶ丘競技場 観衆:35,307人

« インドネシア遠征準備中 | トップページ | さいたま到着 »

コメント

かなりカチンときました。

山形ファンの私はうれしいですが、浦和サポが読んだらかなり怒りますよ。
横浜FCをけちょん×2にされちゃいますよ。
偉そうな口を立てたから書き込んだけど。
もう少し全体のことも考えてください。
浦和サポもみているかもしれませんから

ダイさんこんにちは。

 地域リーグ以下の試合であればまさにおっしゃるとおりですが、これはプロの興業です。お金を取ってサッカーを見せるのですからその価値がまず問われます。。期待はずれな試合をすれば忌憚のない厳しい評価が出るのは当然のことだと思います。サッカーが好きだからこそ厳しい見方が必要だと思います。浦和に限った話ではなく川崎にも横浜FCにも同じことが言えます。正直な話、この日の浦和の選手はこの意識があるように思えませんでした。

 書き方についてですが、映画や演劇の世界ではもっとエグイ評価がなされます。この程度ならまだ甘いのではないでしょうか?私はどちらかというと引き合いに出した山形や水戸のサポーターに失礼なことをしたかなと思っています。

 横浜FCがけちょんけちょんにされるのでしたら、逆に上等だと思います。だからこそ自チームを応援するだけの価値があると思います。

 ではまた辛辣なご意見は歓迎します。

 所用で自宅観戦でした。中盤、サイドを制圧され、コンディションの差があったとしても許されない姿を晒しました。

 ザルツブルグでいいようにやられてきたので期待はしてませんでした。だが、それ以上にチームとしての体を為していませんでした。

 明かにオジェックは捨てゲームにゼロックスをしました。公式戦でないから僕は(辛うじて)ありと思いますが、スポンサーや観衆には礼を失しているでしょう。3日がこれならサポーターはセリエA(以下略)

 わかさんの文章からはサッカー好きだからこその厳しさがあり、単なる揚げ足獲りで、読んで不愉快になる夕刊紙のサッカー面とは異なります。

 比較対象としての山形、水戸に対しては侮辱に値しますが、この試合の浦和に対する評価は正当でしょう。むしろ、もっとこき下ろしてもらいたかったです。

 3日が楽しみです。(34+6+α)分の1に過ぎませんが、どのように変貌させてくれるのか期待しています。予想は闘莉王が奮闘、内容グダグダ、FK1発で辛うじて勝利というものですが。

 
  

水戸ファンです(苦笑)
次の日、鹿島さんにチンチンにされたので何とも言えませんねえ。
・・・
やはりアジアCLはJのチームが獲らないとダメですよね。
クラブW杯の開催国枠なんて議論自体がひどく情けなく感じます。
そんな簡単だとはもちろん思ってませんが、世界との距離を測るのは代表だけじゃないはず。少なくともクラブW杯には当然のようにで出て欲しいですね。「全体のことを考えて」何とか浦和さんと川崎さんにはがんばってほしいっす。

「浦和サポが怒る」?・・・すでに応援放棄の時点でキレてますよね。

私は浦和サポですけど、
実際のところ、ひどい内容だったので
このように書かれて当然かと思いますよ。
このサイトは浦和サポではないと
割り切って見るのが
当然だと思いますよ。

批判されるのはそれだけ浦和の注目が高い証拠。
3月3日の初戦の結果がよければ
特に浦和にとって問題ないでしょ。
でも、私はこのサイト好きですよ。

まぁ言いたいやつには言わせとけばいいんだよ
スタジアム紹介のサイトとしては3流ぐらいだろ

Jリーグと天皇杯の優勝クラブが同じの為、
天皇杯準優勝クラブが出場したパターンは今回で2度目ですが、
その2度とも準優勝クラブが優勝するというデーター通りの結果となりました。
しかも同じように大差の完封試合です。
観戦したかったのですが都合上断念し、
家でのビデオ観戦となりましたが、観に行かなくてもよかったと思える内容でした。
ガンバファンならまだしも、中立的な立場としては、
お金を払ってまで観に行くほどの価値は無い様に思えました。
この試合は、タイトルの掛かったスパーカップであって、
プレシーズンマッチではないのです。
普段の浦和であれば満員になるであろう試合なのに、
当日券もあった事に、浦和ファンも本気ではないのではという気にもなります。
そもそもあそこまでの防護壁も要らないのでは・・・。
Jリーグ最小失点の面影は全く見られず、
ガンバの攻撃にも全く着いていけて無かったですね。
浦和は2冠王者でACLに出るのです。
ガンバは無冠でACLに出ないのです。
阿部以外目立った補強が無いところもアジアをどれ程本気で取りに行こうとしているのかが不安でなりません。
主力が抜けたのはガンバも同じなんですけどねぇ。
A3・ナビスコは兎も角、Jリーグ連覇とACL制覇などの全冠を狙うのか、
来年のACL出場は決めているので、Jリーグも捨ててアジアを取りに行くのか。
今の現状であれば、個人的にもCWC(クラブワールドカップ)の開催国枠は必要ないと思っているので、
是非とも浦和・川崎には頑張って欲しいと思っています。
このままでは、J2優勝というタイトルはあるものの、
無冠の川崎がアジアチャンピオンになる可能性も期待してしまいます。
現に去年はそうでしたからね。
チャンピオンシップがなくなった今、
浦和vs川崎のACL決勝が観たいと思っている人は少なくは無いはず!
いよいよ今月から全てが始まります。

結果としてお金を取るのに値する試合か、ということが書きたかったわけです。値しなければ叩くし、値すればそのように書くだけですね。プロのゲームというのはそういうものだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インドネシア遠征準備中 | トップページ | さいたま到着 »