2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 敵状視察 | トップページ | IBM29-29近鉄 »

2007/02/05

東芝14-13サントリー

0205

 サッカーに比べてラグビーというのは、ロスタイム後ラストワンプレーでの逆転勝ちというのが結構多いなと思います。これはラグビーはロスタイムが経過してもラインアウトなどでボールが切れるまではゲームが延々続くからなのでしょうが、それ以外でもメンタリティの強弱がサッカーよりもずっと色濃く出るからだと思います。勝ち慣れている東芝と、昨年まで中下位に沈んでいたサントリーの差と言ってもいいと思います。これとは逆のケースもありますね。勝ち慣れていないチームがリードしたままロスタイムを迎えるとボロボロに崩れていくケースも何度もみました。
 ラグビーはスクラムにしろモールにしろ、体の大きな選手が列をなしてぶつかり合いをしますので、気持ちで負けていれば押し込まれます。最後のワンプレー、東芝の侍バツベイが間を縫ってあげたトライはそれを象徴していました。

 正直な話、私としては東芝が勝ってばかりでつまらないのですが、現状の各チームを見る限りそれはやむを得ないかなと思います。選手の力の差はプレーオフに進出した4チーム間にそれほどの差はないように思えました。サントリーは清宮監督になって1年目ですからまだまだです。来期が楽しみですね。

 今日の観衆は2万人以上入りました。秩父宮の両ゴール裏もぎっしりと埋まる正真正銘の満員でした。マイクロソフトカップと銘打っていますが、事実上のリーグ優勝決定戦ですので注目を集めたのでしょう。いいことだと思います。もっともそれほど良い試合がヤフオクで1枚300円で買えてしまうのはいかがなものかと思いますが。

 今日は大変良い試合でしたので日本選手権の決勝はバックスタンド中央指定席で観戦することにします。今日は立ち見が大勢出ました。そういう混雑を避けたいというのもありますが、ラグビーシーズン最後の試合はじっくりと良い席で観たいですね。この試合が終われば翌週はJリーグ開幕戦です。

2月4日 秩父宮ラグビー場 観衆23,067人(チケット完売)

« 敵状視察 | トップページ | IBM29-29近鉄 »

コメント

TVで見ましたがゴール裏の立見席まで一杯という
普段ではありえない光景でしたね(笑)
トップリーグもこういう状況が常に続けばよいのですがね。

TVでも、実際に競技場でも観ましたが、あれだけの人が来るなんて予想もしていなかったので驚きました。
秩父宮であれだけの観客は初体験です。
仕組みは疑問に思いますが、そういう意味でも大成功のプレーオフ制度かもしれませんね。
ヤマザキナビスコカップの決勝でも思った事なのですが、競技場の動員数を下回る観客が詰め掛けているのに、
あれだけ多くの人が立ち見になったり競技場が人で溢れている状態になるのは何故なのでしょう?
秩父宮は27、188人とも25、194人とも言われているので、まだ2、000~4、000人は入る計算になるのですが、
満員札止めにもなるし何だか不思議です。
雰囲気はサントリーの方が応援は大きく感じましたが、会場の多くのファンは東芝よりだった様で、
歓声は大きかったように思えます。
試合はサントリーが常に押し気味に進めていたのに、ワンチャンスで優勝を決めてしまうところは
さすがは王者東芝と思いました。
まだ時間もあり逆転の可能性も十分に在るのに、色んな事情があるにせよ
6点差になった時点で帰ってしまう観客が居るのには流石に驚きました。
当然何が起こるか最後まで分からないスポーツ・折角買ったチケット・態々来た競技場等色々思うと
何故最後まで観ないのかが不思議でなりません。
今年の日本選手権決勝も3年連続で観に行きます。
2年連続で良い試合だったので、今シーズンを締め括る今回の最後の試合も良い試合になる事を期待しています。

ホッシャさん、野球児さん

まず多くの観客が入ったことに驚きました。決勝戦ということもありますが、サントリーの清宮監督に対する興味もあったのかもしれません。ラグビーのロスタイム経過後、ボールが切れるまでやるルールは見せ場を多く作るので良いルールだと思います。こういう試合を沢山作ればお客さんももっと入るのではないかと思いますが・・でも満員のスタジアムはいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 敵状視察 | トップページ | IBM29-29近鉄 »