2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 決戦 | トップページ | 横河武蔵野 2-1 佐川印刷 »

2007/03/17

川崎 6-0 横浜FC

0318


 6-0という点差が付くほど戦力に差があるとは思いません。敗因を上げるのならば横浜FCは攻撃の手順ができているようには見えなかったということだと思います。この試合に限った話ではありません。去年から続いている話です。ハマナチオだかナインバックだか知りませんが、私は堅守というのは褒め言葉だとは思いません。もちろんサッカーは守備から入るのが鉄則で、そういう意味では守りの手順がちゃんと確立されているのは良いことだと思います。しかしそれはチームの「売り」としてはいけないのです。

 サッカーというのは点を取るための道筋を観たり語ったりするスポーツだと思います。点を取るための手順としてスリーバックがよいかフォーバックがよいか、ボランチは何枚にするのか、フォワードは誰にするのか、そういう議論がおこるのではないでしょうか。去年1年間横浜FCを見ても攻撃の特徴が見いだせなかったですね。J2下位チーム相手でも鉄壁の守備からはいるチームだというのはよくわかりましたが。

 今までは勝ってこれたから良かったのです。でもこの「堅守」というものがほころびを見せた場合、修正するのは他のチームよりもずっと難しいと思います。

 等々力陸上競技場 観衆:18,621人

« 決戦 | トップページ | 横河武蔵野 2-1 佐川印刷 »

コメント

わかさまこんばんは。とても寒かったね!
目標レベルの違いが出たような試合でした。
両チームの選手たちが背負っている責任の違いとメンタル・フィジカルの身の付け方が大きく異なっていた?そんなものを肌で感じました。

横浜FCの今のスタイルは
J1では通用しないということが
はっきりしてきているのは
もう事実だと思います。

さらに、去年の主力FWが二人とも
いないわけで、その分の穴を
本当に久保にできるのか
不安です。

 目標の差もありますが・・・いろいろな意味で厳しいですね。>横浜FC。気長に見据えて頑張りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 決戦 | トップページ | 横河武蔵野 2-1 佐川印刷 »