2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 国立到着 | トップページ | 今日は三ツ沢 »

2007/03/28

U22日本 3-0 U22シリア

0328


 いろいろ厳しいことを言われ続けた五輪代表予定チーム。今日の試合結果次第では反町監督の進退に影響しそうだったのですが、3-0で快勝しました。元々2次予選は通過濃厚だったのですが、この勝利で展望がかなり明るくなりました。内容の良い敗戦よりも内容の悪い勝利の方が遙かに価値はありますので、これはこれで充分に評価して良いと思います。

 試合の感想ですが、あのシリアのどこが強敵なのかよくわからない内容でした。J1とJFLが試合をすればこういう内容になるかなと思います。シリアの基準が見えないので快勝したと言ってもなんとも言えません。

 この試合は家長につきると思います。自身の得点もそうだし平山の使い方もうまかったです。でも、試合の場面場面を興ざめさせたのも家長でした。例えば家長が逆サイドにパスを出したとき、受け手の頭上を越えてラインアウトになったことが数回ありました。

 サッカーは怏々としてそういうもので、ひとつひとつの場面だけを見て選手を責めるのは酷だと思います。でも今日の試合はチャンスがありあまったからそういう失敗が表に出なかったと言えるのではないでしょうか。ドイツワールドカップの時、チャンスが殆どない中で唯一到来した絶好のパスをあっさり潰したフォワードがその後どういう言われ方をしたのかおわかりかと思います。

 だからこそプレーの一つ一つは丁寧にしてほしいですね。こういう相手ならなおさら。前回、前々回のプレー内容が良くなかったから張り切っていたのだと解釈したいのですが、この試合だけ見てる限りではなんとも言えません。どこぞの辛口評論家ではありませんが、プレーの質という面で見れば手放しでは喜べないなあと感じます。

 でもシリア相手に3点取ったと言うことで、サポーターサイドとしては良くやったと見ましょう。試合をする度に反省点を見つけてそれを修正することを繰り返せばどんな内容の試合だって価値はあると思います。勝ったからこそ反省できると思います。負けたら終わりなんですから。

 代表人気の凋落が叫ばれて久しいですが、私はそれでも応援します。次は4月7日の女子五輪予選、日本女子代表対ベトナム女子代表です。

 国立霞ヶ丘競技場 観衆:18,495人

« 国立到着 | トップページ | 今日は三ツ沢 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国立到着 | トップページ | 今日は三ツ沢 »