2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« フクアリ到着 | トップページ | 今羽田 »

2007/04/09

千葉 4-0 横浜FC

0408_1


 何もできなかったなあというのが率直な感想です。4バックで戦っているのに何故サイドをかんたんに突破されるのかわかりません。先制されれば点を取らざるを得ない→サイドバックがオーバーラップせざるを得ない→裏を取られて失点、と言うのならばわかります。でも今日の試合、あまりバックスが上がる様子はありませんでした。易々と横浜ディフェンダーの裏を通されましたね。これが戦術が裏目に出たのか単なる個人の能力差なのか、私には理解できません。

 ただ一つ言えるのは、千葉の攻撃は非常に美しかったと言うこと。敵の攻撃を褒め称えるのは本意ではありませんがすばらしいモノはすばらしいとたたえたいです。例えばサイドから反対側サイド前方遠くにパスを出し、それを右足一本で止めて攻撃に移るケースがありましたが、これは欧州のサッカーでよく見られる光景です。これをJリーグで見られるとは思いませんでした。下村、水野、羽生がワンツーの速攻で横浜FCのディフェンダーを抜くところなど逆に見とれてしまいます。悔しいとか何やってんだとか、そう憤る前にレベルが違うなあ、そう思わざるをえませんでした。

 こういうチームが何故J1下位なのか、これはこれでわかりません。よそのチームなどどうでもよいのですが、守備的に戦っているのにあっさり崩されれば敵を褒めるしかないのかなと思います。なぜならば自チームを憤ってみても改善策などありませんから。

 ただ横浜FCに対してひとつ言えるのは、こういう戦いをせざるを得ないのはJ1に昇格した直後からわかっていたこと。であればひとつひとつの結果を受け入れて次を頑張るしかないということ。その結果J2に降格するのならそれはそれでやむを得ないこと。ひとつ一つの結果がでてもその先にあるモノを深刻にとらえず、前向きに行くしかないですね。

 次の鹿島戦、清水戦と厳しい戦いが続きますが、頑張っていきましょう。

 フクダ電子アリーナ 観衆:15,584人

« フクアリ到着 | トップページ | 今羽田 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フクアリ到着 | トップページ | 今羽田 »