2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007/05/27

川崎 1-1 大宮

0527_2


 まあ、あれだ。こういうときもあると思ってさっさと布団に入って寝た方が精神衛生上よいと思います。
川崎に限った話ではないですが、一つのチームや選手、監督を見続けていると1年に1回くらいは「やってくれたよ全く・・・・」という鬱屈した気持ちを経験することになると思います。例えばピエール・リトバルスキーのチームであれば1年に1回くらいはペットボトルをけっ飛ばして退場とか。解決策はないです。たぶん。

 川崎にとってラッキーだったのは今日の勝ちを逃しいても順位は単独3位とそこそこのポジションにいることですね。もちろん首位のガンバが独走状態になっていますが、そんなに悲観するものではないです。むしろ10位のアルビレックスとの間が勝ち点4差というほうが脅威です。連敗するようならばやばい、そういう状態ですが、これ自体は緊張感を持って試合に臨めるので良いことではないでしょうか。競り合い上等、これがリーグ戦の醍醐味です。

 大宮は・・・横浜FC戦と同じ戦いですが、こういう戦い方ってどうなんだろうと思います。もちろん上位の川崎相手にアウェイで戦う訳ですから試合内容の面白さなんて知った事ではないわけで別に責めるわけではありませんが、次につながらない試合をし続けても辛いと思います。開幕時の大宮と変わってしまったのは理想と現実の板挟み状態なのかもしれません。私は例え降格しても、あるべきサッカーを続けるべきと主張しますが、現場の人たち(選手だけではなくフロントやサポーターも含む)には難しいのかもしれません。

 私が何度もそういうことを言うのは、結局はプロの試合は有料だから、という点につきます。勝つというのはもちろん大事ですが、対戦する両チームはプロの試合と言えるクオリティを出す義務があると思います。なけなしのお金をはたいて試合を見に来たお客さんも沢山いるわけで、そういう人たちを満足させられないでプロを名乗るのはおかしいと思います。

 独身の「サポーター」の方達には実感がわかないかもしれませんが、小学校低学年くらいの子供をスタジアムに連れてくるお客さんにつまらない試合を見せれば、もう次は来たがらないんですよ。そういう試合を見せることは負け試合を見せることよりも残酷だと思います。お金を取る試合とはどういうものか、そういうことを考えてほしいと思います。大宮や横浜FCだけではなく、JFLを含めたすべてのチームに対して言っています。理想と現実のギャップで苦しんでいるのだろうと推察しますが、乗り越えてほしいですね。甲府はいい見本ではないでしょうか。

等々力陸上競技場 観衆:14,033人

2007/05/19

大宮 1-0 横浜

0519a


 今月に入ってから頭痛と鬱屈感が続いているのでバイク・自転車は取りやめて電車で駒場に行きます。来週はバンコク遠征が控えているので体調を崩すわけにはいかないのです。戸塚から湘南新宿ラインのグリーン車を奮発して1時間4分で赤羽着。そして浦和へ。そこから徒歩で駒場に向かいます。2キロ程度の距離なら歩くほうが体の調子が良くなるのです。散歩って自律神経の調整に効果があるのかもしれません。

 試合はまあ予想していましたが、こんなものかなと。落胆とか怒りとかいうものは既にありません。神戸戦もそうですが、攻めないんじゃあ点は取れません。それは大宮も全く同じです。大宮の藤本がサイドから比較的絡んでいたのでチャンス自体は大宮の方が心持ちあったかなといった程度です。

 今日の試合はコーナーキックをものにした大宮が勝ちを拾いました。その程度ですね。内田のフリーキックが決まったFC東京戦となんら変わりがありません。お互いシュートが打てないのでセットプレーで勝敗が決まってしまいます。正直な話、こういう守って守ってというサッカーはJ2でも珍しくなっているような気がします。いかにポゼッションを取っ敵のゴールを攻めるか、これが今のJリーグの本流でしょう。今はその過渡期なので、敵にパスミスなどが起きれば横浜FCのカウンターサッカーが有効になります。広島戦などはそういうパターンで勝てたのではないかと思いますが、これから先はどんどん厳しくなります。

 見ている限りチームに余裕がないのかな、という気がします。せっかくのJ1、もっと愉しめばいいのに。そう思います。勝ち点1を取るためのガチガチしたサッカーではなく、ちゃんとつないでポゼッションを取って、敵のゴールを狙う。そして点をとれればオッケー、そういうサッカーでいいと思います。もちろん守って守ってカウンターのサッカーよりも負けの確率は高くなりますが、そういうサッカーをすれば次が見えると思います。正直、今のサッカーを続けていても現状ではJ1残留はかなり厳しいです。であれば、その先のサッカーというのを見越した方がよいのではないでしょうか。

 そりゃあ目の前の試合には勝ちたいでしょう。でも守って守って結局負けちゃう試合というのはサポーターだけではなく、サッカーを観戦しに来たお客さんすべてに失礼な話だと思います。

 シーズン中の戦術変更は非常に難しいと思います。しばらくは今のような形でも良いと思います。しかし、現状の負け負けの状態を打破するためにはより強く守るという意識付けよりも、守りの中から攻める形を見いだしていかなければどうにもなりません。ボールを奪ったら素早くブレイクする、その意識付けが必要です。これから先、若い選手をレンタルで取ってくると思います。その若さから来る運動量を武器にポゼッションを取っていくサッカーをしてください。

 さいたま市駒場スタジアム 観衆:9,466人

0519b


2007/05/15

甲府 1-3 川崎

0513c

 10日前に行ったばかりの小瀬にもう一度行きます。10日前と同じように天気は快晴。10日前と同じように増嶋に先制点を取られます。増嶋は私に何か恨みでもあるのか、と腹が立ちます。
 結果は3-1で川崎の逆転勝ち。これで3年前、雨の小瀬、去年の1-2負けの忘れ物を取り返しました。川崎はいろいろなところに忘れ物をしています。新潟とか新潟とか新潟とか・・・あそこは一度ケリをつけに行かねばなりません。等々力で新潟に勝ってももの足りません(暴言)。

 甲府の凄いところは試合内容にあるのではなく、クラブ運営そのものにあるなあと感じます。例えば試合の進行について。開門直後は運動会でも始まるのかと思わせるような和やかな空気なのに試合開始1時間前にはキッチリと試合の空気を作ってきます。緩やかな敵意というのか、軽い煽りというのか、微妙なアウェイ感を感じさせます。

 例えば対横浜FC戦ですが、スタジアムDJが「横浜FCサポーターの皆さん、ようこそJ1へ!!」と叫んだりします。おそらく全ての横浜FCサポーターは「お前に言われたくはない」と思ったのではないでしょうか。対川崎戦では「アウェイチームに一番優しい川崎ですが(嫌味)、小瀬では違います。今日は勝たせませんが、ACLは応援してあげます」と。本当にたいしたことはないのですが、今やJの試合で相手を煽る光景は見られなくなりました。暴力につながるような煽りは私も否定しますが、敵のサポーターも苦笑してしまう程度なら充分にアリでしょう。

0513a


 試合を決定づけたのは甲府のキーパー、阿部のキックミスからでした。これを黒津がかっさらい、ジュニーニョに流して同点となりました。キーパーのミスと書きましたが同様のプレーは清水戦でもあって、これも決めたのは黒津でしたので、キーパーのミスではなくて黒津のチェイシング能力が発揮できたと言っても良いかもしれません。こういうプレーが生まれると失点したチームには大きな失望感が生まれるので、勝敗が決まってしまうことが多いのです。現代のサッカーは監督同士が将棋を指し合っているような所があるので想定外のミスが起こると修正しきれません。そういう相手のミスにつけこむ泥臭さが今の川崎を支えています。

 甲府のプレーレベルは先の横浜FC戦と同一でした。私自身だけの感想ですが、いじめられた子供の仇を親が取ったような、なんとも言えない気持ちがありました。 本当はうれしくなければいけないのに、歯がゆさが残りました。

  小瀬スポーツ公園陸上競技場 観衆:12,686人

0513b


2007/05/11

川崎 3-0 マラン

0509


 フロンターレの試合を観て不思議なのは対戦相手の大半がファーストジャージを着ていること。別にいいけどさ。川崎がアウェイに行くと大抵セカンドなんですよね。特に浦和。別にいいけどさ。しかしいくらなんでも等々力の試合で敵のユニが青というのはないだろう。それにしても川崎にはスペースが全くない試合でした(上記写真参照)。3-0は見事。内容がないのはあたりまえ。

 まずは突破おめでとう。詳細はACL参戦記で。

 等々力陸上競技場 観衆:9,945人

2007/05/06

横浜FC 0-3 神戸

 雨が降っているので写真は省略です。それはいいとして・・・・

 雨の中携帯電話を使って帰ってみると水没マークが出ました。かなりショック。携帯電話って雨の中で使ってはいけないものなのでしょうか。はあ。買い直しかあ・・・・・

 試合はもうどうしようもないなと言った感じでした。ここまで酷い試合は久しぶりです。2000年、昇格1年目の川崎がこういう試合を繰り返してきましたが、それ以来かな。

 川崎はそれに懲りてまじめにチームを作り、今のACL出場があると思いますが、横浜はどうでしょうか。仮に来年降格しても得るものがあるといいのですが、今の横浜には先が見えません。あのオフィシャルホームページのどこにまじめさがあるのでしょうか。日産スタジアムの2試合は動員目標が7万人で、今日の試合は動員目標4千人で、今度のナビスコの動員目標は6千人ですか。根拠を教えてくれって思うのは私だけですか?おおよそサッカーを知っている人がいれば目標が出鱈目だとすぐにわかるのですが、こういうのをチェックしている上司の人っていないのでしょうか。そういう所を私は心配しています。

 大体お金を払って見に来ていただいているお客様に対して「動員」ってなんですか?横浜FCのクラブスタッフはフットボールの試合をメーデーと間違えているんじゃないかと思いましたよ。

 今の横浜FCに必要なのは戦力の充実でも戦術の変更でもなく、まともなクラブスタッフをそろえることからだと思います。先を見通せる人を幹部に、一般常識のある人を前面に立たせなければそのうち内部崩壊を起こすような気がします。

 試合終了後、等々力に行く予定でしたが、カッパが浸水しきってしまったので観戦は放棄して自宅に帰りました。
次回は5月9日、等々力競技場で行われるACL第5節、川崎対アレマ・マラン戦です。

 三ツ沢球技場 観衆:4,458人

2007/05/05

厚木マーカス 3-1 青梅FC

0505


 昨日は鹿沼に行く予定だったのですが、甲府、日産のダブルヘッダーで体が動かずお休み。10時間以上寝込みましたよ。もう無理は利かないなあ。
 今日も快晴。体調も復活したので自転車を引っ張り出して綾瀬スポーツセンターに関東2部の試合を観にに行きます。戸塚-綾瀬間はのんびり走っても1時間程度。いいサイクリングになりました。

 今日、関東地域リーグではこの綾瀬における厚木マーカス-青梅FC戦しか試合がありません。もっと物好きが来るかと思ったのですが、関係者くらいしかいなかったのは残念でした。

 綾瀬は99年に横浜FCがJFL優勝を決めた競技場です(相手は大塚製薬)。今日、改めてこの競技場を見ると、良くこんな小さなスタンドで2200人も集めたなと思います。現在ならばJFLの開催は難しいでしょう。しかし地域リーグであれば充分すぎるほどのグラウンドです。日差しが燦々と差し込む中、12時ちょうどにキックオフ。

 試合はアマチュアらしい綺麗な試合でした。イエローカードが1枚でましたが、悪質なチャージや異議などではなく、偶発的なゴール前決定機阻止だけでした。しかし両チームとも気持ちが入っており、客観的目線で試合を「眺める」のにはちょうど良い内容でした。

 内容ですが、ここまでカテゴリーが下がると戦評めいたことは書けませんね。プレーの基準が判断できません。3-1でマーカスが勝ったのですが、内容もそれに見合うモノでした。遠目からバンバンシュートを打つマーカスの選手は拍手を送りたいです。20本打ったら3点入りましたと言った感じでサッカーとはこうでなきゃだめだと思います。青梅のゴールキーパーのポジショニングがやや曖昧だったのもありますが、地域2部としては珍しく楽しめるサッカーでした。これより退屈なJの試合はいくらでもあります。

 マーカスも青梅もJFL昇格を目指しているようなことを歌っています。現実に動くような体制にはなっていないと思いますが、あきらめないで続けてほしいなと思います。青梅はともかくマーカスは自衛隊職員のチームなのでその兼ね合いが気になりますが。

 天気が良かったのは今日まで。明日は雨の予報の中、13時から三ツ沢で横浜FC-神戸戦、試合終了後等々力に移動して川崎-FC東京戦です。

 綾瀬市民スポーツセンター 観衆:約100人

マリノス 2-1 川崎

0503c


 甲府戦終了後、すぐに小瀬を後にして日産スタジアムに向かいます。中央高速道路を人には言えないスピードで走り抜け、試合開始20分前にスタジアム着。事故を起こさなかったことにホッとしつつビジター席に入ります。アウェイ席1階がすべて川崎サポーターで埋め尽くされていることに感慨を覚えます。まあチームの調子とサポーターの数はある程度比例しますので自然と言えば自然ですが、地道な努力の成果はあると思います。

 試合の方ですが、マリノスはおっそろしく早いサッカーを仕掛けてきました。それは今までに見たマリノスの試合とは全く次元が異なるモノで、小瀬で見た試合と同じ競技であることさえ思えませんでした。

 マリノスのシステムは4バックの完成型とも言えるモノで、Jリーグの試合であることを忘れさせます。川崎は我那覇や中村憲剛がいないとはいえ、苦戦するのはやむを得ないと感じました。

 川崎の弱点は3バックにあると思います。川崎はディフェンスが3人しかいないのでサイドをえぐられやすく、センタリングを上げられてしまうのは仕方がありません。ゴール前の混戦をディフェンダーが長身を生かしてクリアし、カウンターを狙うのが強みですが、マリノスが両サイドから積極的にオーバーラップをかけられると川崎は防戦一歩になってしまいます。今まで対戦したチームは川崎のフォワードに対応するためにラインを上げられず、結果的に3バックが通用していましたが、そろそろ限界が来ているかなと思います。

 私は3バックがよいか4バックがよいかというシステム論は好きではありません。ディフェンスが3枚になるか4枚になるかは試合になればそれほど意味はなく、守るときは全員で守るし攻めるときは全員で攻めます。けれど守るという意味においては3バックはもう限界ではないかと感じます。関塚監督もその辺の所は充分に承知しているようで、試合展開に応じて4バックにしたりしていますが、なかなか難しいようです。

 この試合、マリノスはサイドからグラウンダーのクロスを入れてきています。これだと長身のディフェンスを恐れる必要はありません。フリーエリアに飛び込んでパスを受ければそのままシュートに持って行けます。マリノスの先制点はこうした混戦の中から生まれました。先制点は川崎のディフェンスとキーパーとの連携ミスですが、横浜の動的なサイド攻撃に対応できなかったのが実際の所でしょう。

 それにしても早野監督は就任時、ここまで考えてチーム作りをしてきたのでしょうか。鈴木や松田、マルクスをスタメンから外してまで「あるべきサッカー」を目指してきたのならば相当な策士家で、その能力・忍耐力は驚嘆に値します。私は一昨年の柏の降格から早野監督を蔑視していたようなところがありましたが、謝るしかないかなと思います。

 そういうサッカー何故は流行るのか。それは欧州標準だからというのもありますが、結果として動くサッカーを見せなければお客さんが呼べなくなるというのが現実ではないかと思います。甲府のサッカーは面白いとよく言われますが、それは大木監督の趣味だから、ではなくてプロサッカーを根付かせるためにはそれに見合うクオリティのある試合をしなければならないと甲府のフロントが気づいたからでしょう。それはもはや甲府だけの話ではなく、大宮も水戸も気づいてきています。大宮と水戸が結果が出ないのは守備一辺倒だった去年までのサッカーからポゼッションを目指すサッカーに切り替える課程で痛みが出ているからではないかと思います。だからこそ彼らがその痛みを脱し、結果が出てくるようになると、カウンターサッカーに固執する横浜FCは本当に窮地に立たされるのではないか。マリノスの変貌を見るとこれからのサッカーの変化を感じました。

 日産スタジアム 観衆:33,498人

0503d


2007/05/04

甲府 1-0 横浜FC

0503a


試合が終わった直後は「使える外人を入れなければだめだなあ」とか「カズや山口の運動量がなあ」とかそう思っていたのですが、その後行われたマリノス対川崎の試合を見て考えが変わりました。一言で言うと、横浜FCが勝てないのは試合に対する考え方がJ1では通用せず、○○選手を替えればどう、とかシステムを変えればどう、とか、そういうレベルの話ではなくなってきているということです。

 横浜FC以外のJリーグの試合をスタジアムやテレビで見ていると、内容がだんだんヨーロッパ標準になってきているなと思います。どこまで動けるか、そこが勝負の分かれ目で、それをまっ先にやったのが当時の市原、それをまねたのが甲府、ガンバや川崎がそれに続いている・・そういう流れになってきているのではないでしょうか。

 横浜FCは堅守を売りにしています。でもその堅守とはクラブが自慢するほど堅いモノではありません。敵から見れば、FWとMFがそれぞれ横浜FCのボランチとディフェンスにプレスをかけ、空いたところをディフェンダーがオーバーラップをかける。この2つで横浜のディフェンスは簡単につぶれます。横浜の守備陣が1対1で対応できないから他のディフェンダーがフォローにつくようになり、結果としてサイドががら空きになってしまうのでしょう.。

 横浜FCのディフェンダーが相手のボールを奪ってもクリアするのが精一杯で攻撃につながりません。サイドを大きくクリアしたその先に「たまたま」三浦がいれば敵のペナルティエリアまで攻めることができる、そんな単調な攻撃に終始しているのでこれは勝てないなあと、そんな印象を持ちました。

 横浜FCも千葉や甲府のように「人もボールも動く」サッカーができればそれが一番いいのでしょうが、いかんせん選手の年齢層があまりにも高く90分を通した動きはできません。また山口と三浦のふたりが交代枠として予約されている以上、選手交代をしてオプションを増やすということもできません。それは監督が悪いのではなく、クラブのリーグに対する取り組み方の問題で、いまさらどうにかなるものではないのが苦しいところです。

 正直な話、横浜FCが生き残るためにはドラスティックな変化が必要だと思います。ただそれが何を意味するのか、今現在はちょっと思いつきません。

 小瀬スポーツ公園陸上競技場 観衆:16,279人

0503b


« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »