2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 甲府 1-3 川崎 | トップページ | 川崎 1-1 大宮 »

2007/05/19

大宮 1-0 横浜

0519a


 今月に入ってから頭痛と鬱屈感が続いているのでバイク・自転車は取りやめて電車で駒場に行きます。来週はバンコク遠征が控えているので体調を崩すわけにはいかないのです。戸塚から湘南新宿ラインのグリーン車を奮発して1時間4分で赤羽着。そして浦和へ。そこから徒歩で駒場に向かいます。2キロ程度の距離なら歩くほうが体の調子が良くなるのです。散歩って自律神経の調整に効果があるのかもしれません。

 試合はまあ予想していましたが、こんなものかなと。落胆とか怒りとかいうものは既にありません。神戸戦もそうですが、攻めないんじゃあ点は取れません。それは大宮も全く同じです。大宮の藤本がサイドから比較的絡んでいたのでチャンス自体は大宮の方が心持ちあったかなといった程度です。

 今日の試合はコーナーキックをものにした大宮が勝ちを拾いました。その程度ですね。内田のフリーキックが決まったFC東京戦となんら変わりがありません。お互いシュートが打てないのでセットプレーで勝敗が決まってしまいます。正直な話、こういう守って守ってというサッカーはJ2でも珍しくなっているような気がします。いかにポゼッションを取っ敵のゴールを攻めるか、これが今のJリーグの本流でしょう。今はその過渡期なので、敵にパスミスなどが起きれば横浜FCのカウンターサッカーが有効になります。広島戦などはそういうパターンで勝てたのではないかと思いますが、これから先はどんどん厳しくなります。

 見ている限りチームに余裕がないのかな、という気がします。せっかくのJ1、もっと愉しめばいいのに。そう思います。勝ち点1を取るためのガチガチしたサッカーではなく、ちゃんとつないでポゼッションを取って、敵のゴールを狙う。そして点をとれればオッケー、そういうサッカーでいいと思います。もちろん守って守ってカウンターのサッカーよりも負けの確率は高くなりますが、そういうサッカーをすれば次が見えると思います。正直、今のサッカーを続けていても現状ではJ1残留はかなり厳しいです。であれば、その先のサッカーというのを見越した方がよいのではないでしょうか。

 そりゃあ目の前の試合には勝ちたいでしょう。でも守って守って結局負けちゃう試合というのはサポーターだけではなく、サッカーを観戦しに来たお客さんすべてに失礼な話だと思います。

 シーズン中の戦術変更は非常に難しいと思います。しばらくは今のような形でも良いと思います。しかし、現状の負け負けの状態を打破するためにはより強く守るという意識付けよりも、守りの中から攻める形を見いだしていかなければどうにもなりません。ボールを奪ったら素早くブレイクする、その意識付けが必要です。これから先、若い選手をレンタルで取ってくると思います。その若さから来る運動量を武器にポゼッションを取っていくサッカーをしてください。

 さいたま市駒場スタジアム 観衆:9,466人

0519b


« 甲府 1-3 川崎 | トップページ | 川崎 1-1 大宮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甲府 1-3 川崎 | トップページ | 川崎 1-1 大宮 »