2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/30

ジェフリザーブズ 3-2 TDK

0729

 アマチュアカテゴリの試合を見ていてつくづくJと違うと思うのは、プレーレベルの差ではなくて試合に対する考え方の差かなと思います。勝つために○○をしなければならない、逆に○○をしてはいけない、そういう勝つために考えなければならないことができていないなあと感じます。

 この試合はジェフが先制された後逆転し、同点に追いつかれたら突き放したという、結構面白いものでした。(ただ得点の経緯はお粗末でした)。残念だったのは試合終了直前のイザコザについて両チームの選手が退場してしまったこと。試合は壊れずに終了しましたが端から見ている分には興醒めでした。

 退場の経緯としてはジェフの選手がコーナーサイドでボールを獲ろうとしてTDKの選手と接触し、これが原因で揉めたのですが、正直なんだかなあと感じます。ジェフは3-2でリードしていてロスタイムにかかろうとしていました。あとちょっとしのげば試合終了というところでした。しかも揉めた場所はTDK側のコーナーサイドです。この状態でここで揉めることの無意味さがわかっているのかなと思います。

 揉めれば試合が止まるのは確実です。試合が止まればロスタイムは長くなります。ジェフはリードしているとはいえ1点差ですからロスタイムが長くなっては不利なのです。そういう状態で退場の危険を冒してまで相手をつかみかかりに行く行動は理解できません。相手も退場になり10対10になりましたが、状況が違えば1人少ない状態で長いロスタイム(6分30秒)を戦わなければならなかったのです。

 試合に勝つためにチームの技術レベルをアップさせるのは非常に難しいです。しかい試合にのぞむ意識を統一させるのはそんなに難しくはないと思うのですが、実際はどうなのでしょう。プレーの経験のない私にはその辺のところがわかりませんが、もう少しやりようがあるのではないかなと思います。

 審判のレベルが・・・というのは確かにあります。特にJFLはJ経験者が多く、そういう選手をJ2よりレベルの低い審判が捌くのですから微妙な判定が起こりやすいというのもあります。しかし私は以前も言っていますが審判は選手がコントロールする者だと思っています。審判に不平を言って自分に良くなると言うことはまずありません。また一方のチームにわざと肩入れすることも絶対にありません。平等にレベルが低いと考えるべきだと思います。誤審で泣くこともあれば笑うこともあります。そういうことをふまえて賢くプレーをする必要があるのではないかなと思います。特にJFLは有料試合です。お客さんが見ていることを考えればもう少しちゃんとできたはずだと思います。

 まあこういう愚かさはJリーグでもよく見ますけどね。私のよく知っているチームでも選手や監督が同じ事をして退場になっているのを見ていますので一つ一つの試合ごとに断罪するものではないのかもしれませんが。ただ、サポーターではなく観客の立場で試合を見ればJでもアマチュアでもこうおいうシーンでガッカリするのは確かです。

 市原臨海競技場 観衆:622人

2007/07/29

ツールド鎌取

ツールド鎌取
君津〜木更津〜市原〜ちはら台〜鎌取。結構走りました。

今日の試合会場

今日の試合会場
なんだかなああああ。

2007/07/23

横須賀シーガルス 3-2 下和田クラブ

0722


 今日は神奈川県2部リーグA、横須賀シーガルス対下和田クラブの試合を観戦します。会場は保土ヶ谷球技場で午後2時試合開始。都合の良いことに11時から私の母校が保土ヶ谷球場で高校野球4回戦を戦うのでまずはそちらを観戦します。幸い11対3で7回コールド勝ちでベスト16進出。よかったよかった。恩師に会えたり同級生に会えたりで懐かしかったです。

横須賀シーガルスは女子の試合は観戦経験がありますが、男子は初めてです。どういうサッカーをするのか楽しみでもあります。ちなみにこういうアマチュアカテゴリーをJ1から数えて第x部と呼ぶのはリーグ、チーム、選手に対して非常に失礼になるのでやめましょう。いくつかのサイトでこの表現を見ますが、なんだかなあと思います。サッカー観戦道などを説くつもりはありませんが、観戦するのならば選手やチームに対しては常に尊敬の念を持ちたいものです。

 このカテゴリを観戦する場合、まず最初に考えなければならないのはそれぞれチーム事情がどうなっているのか、だと思います。この試合、横須賀シーガルスは控えのゴールキーパーとレギュラーディフェンダーが欠場していました。これは横須賀シーガルスのサポーターを通じてわかりましたが下和田クラブも同じような事情があったかもしれません。これが県3部ともなるとスタメンが10人しかいないとか、1人の選手がキーパーとフォワードを兼任していて足りないポジションに入るとかとかいうことも珍しくないので単純にプレーレベルだけを見て試合のクオリティを判断することはできないと思います。

 このクラスの試合の特徴は時間の経過ごとにどちらかのチームの時間帯になっているということですね。シーガルスは試合の入り方が非常に悪く、キックオフから前半15分くらいまでは下和田クラブの一方的な試合、それを過ぎるとシーガルスがペースをつかみ3点先制。そして後半、シーガルスのキーパー退場で冷や冷やドキドキのショータイム状態でした。両チームの選手・サポーターには心が縮むような展開だったと思いますが、私自身は結構楽しめました。

 シーガルスは控えのキーパーがいませんので、フィールドプレーヤーがそのままキーパーポジションに入ります。彼は正面から来たボールは無難にさばいていましたが、コーナーキックに持ち込まれると怪しくなります。下和田もそれを承知しているのでそのラインの攻防が面白かったのですが、試合運びとしてはあまりほめられたものではないなと思います。
 
 シーガルスは控えキーパーがいない状態で3点リードしていたわけですから、ペナルティエリア近くでの得点機会阻止一発退場だけは絶対にやってはいけなかったのです。かわされて1点を失っても退場よりはよかったと思います。そういうチーム事情が勝負の分かれ目になりかかった試合でしたので、そういう意識あわせはもっとしなければならないのでは?と思います。審判のレベルもあるでしょうから難しいのでしょうけどね。

 試合が終わるころ、携帯メールで町田ゼルビアが関東1部を優勝したことを知りました。ゼルビアには心からおめでとうと言いたいです
。ゼルビアに限らずいろいろなチームがいろいろなカテゴリで上のリーグを目指しています。横須賀シーガルスの当面の目標は神奈川県1部リーグ昇格です。それがどのくらい難しいことなのか、プレイ経験のない私には想像できませんが、がんばってほしいと思います。

 保土ヶ谷球技場 観衆:約100人

2007/07/18

イラン行き日程決定

Iran

ACLイラン遠征の日程が決まりました。今回はチケットの入手に苦労しました。中国国際航空で北京周りでドバイに行きます。ドバイからはアラビア航空という格安航空会社を使ってテヘランに移動。しかし日本発着便でない路線をインターネットで予約できるのですから便利な世の中です。


09月16日 09時10分 東京:成田発 中国国際航空CA422便
     →11時45分 北京:首都国際空港着

09月16日 17時30分 北京:首都国際空港発 中国国際航空CA941便
     →22時00分 UAE:ドバイ着

09月16日 (ドバイ泊)
----------------------------------------------------------
09月17日 UAE:ドバイ→→陸路シャールジャ首長国へ移動
→12時15分 UAE:シャールジャ国際空港発 アラビア航空G9201便
→13時40分 テヘラン:エマーム・ホメイニー空港着

09月17日 (テヘラン泊)
----------------------------------------------------------
09月18日 テヘラン→イスファン移動
       (イスファン泊)
----------------------------------------------------------
09月19日 ACL セパハン・イスファン-川崎フロンターレ 観戦
       (イスファン泊)
----------------------------------------------------------
09月20日  未定
09月21日  未定
----------------------------------------------------------
09月22日 14時25分 テヘラン:エマーム・ホメイニー空港発 アラビア航空G9202便
     →16時55分 UAEシャールジャ国際空港着 09月22日
       (シャールジャ首長国泊)
----------------------------------------------------------
09月23日 23時20分 UAE:ドバイ発 中国国際航空CA942便
----------------------------------------------------------
09月24日 10時50分 北京:首都国際空港着

09月24日 13時30分 北京:首都国際空港発 CA167便
       →17時50分 東京:成田着

2007/07/16

川崎 4-2 甲府

0716


 いやー良かった。何はともあれ次に進めたこと、先週の劇的負けをそのままお返ししたこと、そのことを素直に喜びたいです。甲府サポーターの方には非常に失礼な言い方になりますが、川崎はあれだけポゼッションを握っているんだからもう少し楽に勝てるだろうと、そう思っています。ですから劇的な勝ちを得たとしても内心なんだかなあという気持ちが残っています。でもまあ勝てばすべてよし、それでよし、そう考えるべきでしょうね。

 甲府の恐ろしさというのはどんなに一方的に攻められていたとしても針の一刺しを常に持っていることです。先週、そして今週と須藤一人にやられた感がありますが、この試合を掌握していたのは藤田でした。藤田がボールを握ると甲府はチーム全体で走り込み最後に須藤に渡します。その時、川崎のスリーバックは全然対応がとれていません。ゴール前の混戦に持ち込まれたらアウトですね。甲府戦に限らず川崎の試合はそういうケースが目立ちます。試合が始まって速攻をかけられて失点というのはお約束、あとはいかに取り返すか、そういうネガティブな展開を見てるともう少しやりようがあるんじゃないかと思います。我那覇、黒津の不調が痛いですが、現在の川崎の問題点はスリーバック自体の限界が露呈していることではないでしょうか。

 しかし、そういう不調があったとしても、川崎の試合は見ていて面白いです。試合が終わる最後の最後まであきらめずに攻める姿勢は楽しませてくれます。ジュニーニョが切り込んで行けば得点を感じさせてくれます。こういうチームはなかなかありません。こういうサッカーをして、そうして勝っていけばもっとお客さんは増えると思います。

 ナビスコは準決勝進出、ACLは準々決勝進出と、9月10月は地獄のような日程となりました。でも地獄を感じられるのは良いことです。選手の怪我が心配ですが、サポーターから見れば充実した1年です。

 国立霞ヶ丘競技場 観衆:10,107人

2007/07/15

甲府 3-2 川崎

0709d

 今年3度目の小瀬遠征。ちょっと食傷ぎみなのは事実です。最初は自動車、2度目はバイクで行きましたので3度目は甲府まで輪行することにしました。しかしこれが失敗。行きの横浜線の車内で網棚にカメラ一式を忘れてしまいました。重たい自転車をどうやって運び出すか、それしか頭になかったのが痛かったです。なんだかなあ・・・。忘れたのに気がついたのは特急スーパーあずさに乗った後。仕方がありません。

 甲府駅で自転車を組み立てて、昭和町までサイクリングをしたのち小瀬に到着。途中コンビニで使い捨てカメラを買い、これで写すことにします。所詮記録用、と使い捨てカメラの画質はほとんど期待していなかったのですが、なかなかマトモに写っていました。感度がISO800と高いのでザラツキ感が出るのは仕方ないのですが、ピントが(それなりに)シャープなのは驚きました。もっともデジカメに押されるのは仕方がないのでしょうね。

 試合は同点のままロスタイムに突入し、試合終了直前に勝ち越されるという、何かもう見飽きたいつもの展開になりました。ロスタイムも終わりに近づいた頃、川崎が押されているにもかかわらず近くの川崎サポが「よし引き分けで終わりだ」と、トンでもないことを言い出してきたので背中に嫌な感じが走ったのですが、その通りになりました。前節の神戸戦でも書きましたが攻撃型のチームに守りきると言うのは非常に難しいです。自分達で劇的な勝利をつかんでおきながら翌節に同じパターンで負けるというのも情けないというか、なんというか。試合内容は悪くなかっただけに口惜しさが残りました。

 この試合、川崎からは中村憲剛と川島が代表招集で外れました。その穴は大きかったと思います。負けの要素につながったと言って良いかもしれません。しかし川崎が何らかのタイトルを獲るのならば代表招集は避けられません。そういうハンデも壁として越えなければならないと思います。

 試合終了後、ダッシュで駅に戻ります。当初は普通列車で帰るつもりでしたが疲れたので特急で帰ります。幸い指定席はまだ残っていました。八王子駅到着後、忘れ物案内所に件のリュックが預かってあるか聞いてみたところ、東神奈川駅で保管されていたことがわかりました。なんとかその日のうちに回収し、午前0時半、自宅に戻りました。あまりいいことの無かった遠征ですが、アウェイで2点とれたのは大きいです。引き分けに持ち込めなかったのは残念ですが、国立での試合は充分期待して良いと思います。

 小瀬運動公園陸上競技場 観衆:11,187人
 
0701c_1


2007/07/12

AC長野 0-3 松本山雅

0701b


前回の松本遠征はオートバイで行きましたが、今回の長野遠征は新幹線で行きます。東京ー長野間の往復運賃は1万4千500円程度で、これはオートバイで行っても同じ程度の額です。最近疲れているのでバイク事故を懸念して新幹線にしました。それにしても新幹線は速いですね。90分で長野着。バイクではこうはいきません。

 今日の試合は長野対松本。前回の長野ダービーの裏表の試合です。会場の南長野運動公園は長野オリンピックのメイン会場だったところです。駅から競技場までは結構離れているので自宅から自転車を持ち込みました。往復で30キロ程度のサイクリング。信州の空気は気持ちが良く、良い運動になりました。

 サッカーは大体ホームチームの方が勝率が高いものですが、ダービーは何故かアウェイのチームが勝っている印象があります。マリノスとフリューゲルスとの横浜ダービーも何故かアウェイ側が勝っていました。理由はよくわかりませんが、アウェイチームはモチベーションを高めているのにたいしてホームチームは気負いがあるのかもしれません。

 私はどちらのサポーターでもないのでどちらが勝っても良いのですが、本音を言えば松本よりで見ていました。ただ、長野が負けてビエイラ監督のガッカリした表情を見ると正直、つらくなってきました。元イラン代表監督が収入度外視で地域リーグのクラブを指導する、そういう「漢」の世界に私は弱いです。数が多い方が正、金を持っている方が正、そういう楽な選択肢をとらず夢とか野望とかをもっている人を私は無条件に尊敬します。

 試合ですが、0-3という結果ほど実力差はないです。先ほど述べたとおり空気や気負いの問題でしょう。試合のクオリティは松本での同カードと違いはありませんでした。ただ審判が結構神経質で、長野の選手のほうは審判をコントロールできていなかったかなと思います。Jリーグでもそうですが、私は試合は審判がコントロールするのではなく、選手が審判をコントロールするものだと思っています。自チームに不利な判定を出されてそれをきっかけに負けるというのはそれだけ実力が青いんですよ。先制点を獲られた後、長野は無理なパワープレーに出ました。そのときキーパーもゴールをがら空きにしたのは冷静さを失ってしまった証拠だと思います。松本のカウンターを食らって無人のゴールに蹴りこまれるのはお粗末以外何者でもないんです。そういう負けているとき、試合をどう組み立てていくのか、そういうケースをもっと考えていかなければならないのではないでしょうか。

 この試合も3000人以上入りました。ほぼ満員だったと思います。地域リーグで有料試合でこの結果というのはすごいです。この日の敗戦で長野の優勝は厳しくなりましたが、今後の運営も含めて頑張っていってほしいなと思います。私はそういうチームが大好きです。

 南長野運動公園球技場 観衆:3,138人

0701_1

2007/07/09

追悼

0709

アレモン選手のご冥福を心からお祈りします。

2007/07/08

川崎 2-1 神戸

0630b


1年間、毎週毎週見続けていると、本当にうれしかったと思えるような試合が何試合かあります。この試合はまさにそんな試合でした。ただまあなんというか・・・サポーター目線で見ると比較はしてはいけない、とは充分に承知していますが・・・・日産スタジアムの横浜FC-千葉戦の後でこの川崎-神戸戦を見ると同じカテゴリの試合なのかと疑ってしまいます。そう考えてはいけないのですが、あまりの両極端な内容に複雑な気持ちになりました。

 まあ試合のレベルでみれば、この神戸戦もなんだかなあというものなのですが、絶対に勝ちたい、引き分けではイヤだという気持ちがそのまま見ている人に伝わったのだと思います。クオリティを語るのであればですねえ・・・ジュニーニョの自作自演というのか・・彼がPKを外したときには私はグラウンドに降りていって首を絞めたくなりましたよ。ホント。試合終了直後、センターサークルで泣きじゃくっている彼を見て、怒りが感動に変わってしまったのが自分でもよくわからないのですが。

 ここ数週間の川崎のドタバタぶりを選手一人一人が気持ちで返したというのが実情でしょうか。どちらかというと神戸の近藤が見せた粋の良さとかエメルソントーメのスペースへの走り込みと不幸な退場とか、神戸側の方が見所があったのですけどね。まあ時の運です。

 ただ、神戸サイドに立って言えば、後半終了間際、引き分けねらいに行ったのは間違いだと思います。川崎のような攻撃型のチームに守って引き分けようとすればサンドバック状態になるのは目に見えていました。トーメは退場しているのですから、攻めに行くべきだったと思います。露骨なボール回しというのは強いチームが弱いチーム相手にやるものです。最後の最後に守りきれませんでしたね。

 と、神戸の失点をあげつらいましたが、全く同じ展開を小瀬で見せつけられるとは思ってもいませんでしたよ!!(怒)

 等々力競技場 観衆:17,299人

2007/07/05

横浜FC 0-1 千葉

0630a


 正直、さすがにがっかりしています。順位がほぼ決まった地域リーグでこういう試合をよく見ますが、こんなに緊張感のない試合をプロで、それもJ1でやっていいのかとさえ思います。こういう試合に4万人以上の観客が入っていることに寒さを感じます。いろいろな意味でやばいなと思います。たんたんと時間だけが消化する展開でした。

 試合開始15分くらいは全力で攻めよう、という覚悟は見えました。ただ試合が膠着してしまうとボールは後ろで回るようになります。そこを千葉にさらわれて攻められます。横浜のペナルティエリア前で獲られて攻められるのはフクアリでの千葉戦と同じでしたが、千葉も又酷いもので、とてもではありませんが正視できませんでした。フクアリで見せた流れるようなワンツーはストヤノフと一緒に消滅したのでしょうか。

 こういう試合を見て観衆はどう思ったのだろうと感じますが、これがまた酷く、マリノスのユニフォームを着た子供が整然と座り横の子供と遊んでいます。早めにトイレをすまそうとスタンドの外に出てみると、試合中にもかかわらず子供が大勢ボール遊びをしています。競技場の入口ではキックボールイベントを開催していたりとサッカーの空気が微塵もありませんでした。ウルトラマンが勢揃いしてピッチを一周したりする様は最下位脱出をかけて戦うチームのそれではなく、本当に遊びに来た親子連れのためのイベントでした。

 そういう試合を見せたらASONEもヘッタクリもないなと思います。チームを勝たせるための殺伐とした空気というのは必要だと思います。Jリーグという組織が親子連れをターゲットにしているのは充分に承知していますが程度があるでしょう。

 横浜FCは新潟戦や柏戦では怒濤のパワープレイで点を獲りました。そのことを評価する人は多いと思いますが、この試合に限ってはそれもみえませんでした。試合がロスタイムにかかる頃、千葉の選手はボールを回し始めます。横浜FCの選手はそのボールを奪いに行くわけでもなく、ただパスコースを読んでいるだけでした。千葉は勝っているのですから読んでいるだけならば回さなければ良いだけの話で、その後試合終了まで競技場から緊張感が欠けてしまいました。

 今日の試合は只の1/34の試合ではないのです。後期第一節、そして残留を争う千葉との大事な1戦でした。この試合に負けたことで横浜FCは残留が本当に厳しくなりました。でもなによりも悲しかったのはその厳しくなった空気が全く感じられなかった競技場の光景でした。

 日産スタジアム 観衆:43,117人

2007/07/01

帰ります

帰ります
長野駅発19時28発あさま548号にて

ちょっと一杯

ちょっと一杯
長野駅前にて。信州サーロインステーキとビール。

今日の試合会場

今日の試合会場

これから長野

これから長野
今日は新幹線で輪行です。長野新幹線に乗るのは1998年以来。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »