2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FC 0-1 千葉 | トップページ | 追悼 »

2007/07/08

川崎 2-1 神戸

0630b


1年間、毎週毎週見続けていると、本当にうれしかったと思えるような試合が何試合かあります。この試合はまさにそんな試合でした。ただまあなんというか・・・サポーター目線で見ると比較はしてはいけない、とは充分に承知していますが・・・・日産スタジアムの横浜FC-千葉戦の後でこの川崎-神戸戦を見ると同じカテゴリの試合なのかと疑ってしまいます。そう考えてはいけないのですが、あまりの両極端な内容に複雑な気持ちになりました。

 まあ試合のレベルでみれば、この神戸戦もなんだかなあというものなのですが、絶対に勝ちたい、引き分けではイヤだという気持ちがそのまま見ている人に伝わったのだと思います。クオリティを語るのであればですねえ・・・ジュニーニョの自作自演というのか・・彼がPKを外したときには私はグラウンドに降りていって首を絞めたくなりましたよ。ホント。試合終了直後、センターサークルで泣きじゃくっている彼を見て、怒りが感動に変わってしまったのが自分でもよくわからないのですが。

 ここ数週間の川崎のドタバタぶりを選手一人一人が気持ちで返したというのが実情でしょうか。どちらかというと神戸の近藤が見せた粋の良さとかエメルソントーメのスペースへの走り込みと不幸な退場とか、神戸側の方が見所があったのですけどね。まあ時の運です。

 ただ、神戸サイドに立って言えば、後半終了間際、引き分けねらいに行ったのは間違いだと思います。川崎のような攻撃型のチームに守って引き分けようとすればサンドバック状態になるのは目に見えていました。トーメは退場しているのですから、攻めに行くべきだったと思います。露骨なボール回しというのは強いチームが弱いチーム相手にやるものです。最後の最後に守りきれませんでしたね。

 と、神戸の失点をあげつらいましたが、全く同じ展開を小瀬で見せつけられるとは思ってもいませんでしたよ!!(怒)

 等々力競技場 観衆:17,299人

« 横浜FC 0-1 千葉 | トップページ | 追悼 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FC 0-1 千葉 | トップページ | 追悼 »