2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 追悼 | トップページ | 甲府 3-2 川崎 »

2007/07/12

AC長野 0-3 松本山雅

0701b


前回の松本遠征はオートバイで行きましたが、今回の長野遠征は新幹線で行きます。東京ー長野間の往復運賃は1万4千500円程度で、これはオートバイで行っても同じ程度の額です。最近疲れているのでバイク事故を懸念して新幹線にしました。それにしても新幹線は速いですね。90分で長野着。バイクではこうはいきません。

 今日の試合は長野対松本。前回の長野ダービーの裏表の試合です。会場の南長野運動公園は長野オリンピックのメイン会場だったところです。駅から競技場までは結構離れているので自宅から自転車を持ち込みました。往復で30キロ程度のサイクリング。信州の空気は気持ちが良く、良い運動になりました。

 サッカーは大体ホームチームの方が勝率が高いものですが、ダービーは何故かアウェイのチームが勝っている印象があります。マリノスとフリューゲルスとの横浜ダービーも何故かアウェイ側が勝っていました。理由はよくわかりませんが、アウェイチームはモチベーションを高めているのにたいしてホームチームは気負いがあるのかもしれません。

 私はどちらのサポーターでもないのでどちらが勝っても良いのですが、本音を言えば松本よりで見ていました。ただ、長野が負けてビエイラ監督のガッカリした表情を見ると正直、つらくなってきました。元イラン代表監督が収入度外視で地域リーグのクラブを指導する、そういう「漢」の世界に私は弱いです。数が多い方が正、金を持っている方が正、そういう楽な選択肢をとらず夢とか野望とかをもっている人を私は無条件に尊敬します。

 試合ですが、0-3という結果ほど実力差はないです。先ほど述べたとおり空気や気負いの問題でしょう。試合のクオリティは松本での同カードと違いはありませんでした。ただ審判が結構神経質で、長野の選手のほうは審判をコントロールできていなかったかなと思います。Jリーグでもそうですが、私は試合は審判がコントロールするのではなく、選手が審判をコントロールするものだと思っています。自チームに不利な判定を出されてそれをきっかけに負けるというのはそれだけ実力が青いんですよ。先制点を獲られた後、長野は無理なパワープレーに出ました。そのときキーパーもゴールをがら空きにしたのは冷静さを失ってしまった証拠だと思います。松本のカウンターを食らって無人のゴールに蹴りこまれるのはお粗末以外何者でもないんです。そういう負けているとき、試合をどう組み立てていくのか、そういうケースをもっと考えていかなければならないのではないでしょうか。

 この試合も3000人以上入りました。ほぼ満員だったと思います。地域リーグで有料試合でこの結果というのはすごいです。この日の敗戦で長野の優勝は厳しくなりましたが、今後の運営も含めて頑張っていってほしいなと思います。私はそういうチームが大好きです。

 南長野運動公園球技場 観衆:3,138人

0701_1

« 追悼 | トップページ | 甲府 3-2 川崎 »

コメント

はじめまして、松本サポのclub416と申します。
いつも観戦記楽しく読ませてもらってます。
ぜひまた信州へお越し下さい!

ACL決勝トーナメントでの川崎の大躍進を
期待しております。

コメントが遅くなりもうしわけありません。
観戦記を読んでいただき有り難うございました。
信州ダービーは楽しませていただきました。またよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 追悼 | トップページ | 甲府 3-2 川崎 »