2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 帰ります | トップページ | 川崎 2-1 神戸 »

2007/07/05

横浜FC 0-1 千葉

0630a


 正直、さすがにがっかりしています。順位がほぼ決まった地域リーグでこういう試合をよく見ますが、こんなに緊張感のない試合をプロで、それもJ1でやっていいのかとさえ思います。こういう試合に4万人以上の観客が入っていることに寒さを感じます。いろいろな意味でやばいなと思います。たんたんと時間だけが消化する展開でした。

 試合開始15分くらいは全力で攻めよう、という覚悟は見えました。ただ試合が膠着してしまうとボールは後ろで回るようになります。そこを千葉にさらわれて攻められます。横浜のペナルティエリア前で獲られて攻められるのはフクアリでの千葉戦と同じでしたが、千葉も又酷いもので、とてもではありませんが正視できませんでした。フクアリで見せた流れるようなワンツーはストヤノフと一緒に消滅したのでしょうか。

 こういう試合を見て観衆はどう思ったのだろうと感じますが、これがまた酷く、マリノスのユニフォームを着た子供が整然と座り横の子供と遊んでいます。早めにトイレをすまそうとスタンドの外に出てみると、試合中にもかかわらず子供が大勢ボール遊びをしています。競技場の入口ではキックボールイベントを開催していたりとサッカーの空気が微塵もありませんでした。ウルトラマンが勢揃いしてピッチを一周したりする様は最下位脱出をかけて戦うチームのそれではなく、本当に遊びに来た親子連れのためのイベントでした。

 そういう試合を見せたらASONEもヘッタクリもないなと思います。チームを勝たせるための殺伐とした空気というのは必要だと思います。Jリーグという組織が親子連れをターゲットにしているのは充分に承知していますが程度があるでしょう。

 横浜FCは新潟戦や柏戦では怒濤のパワープレイで点を獲りました。そのことを評価する人は多いと思いますが、この試合に限ってはそれもみえませんでした。試合がロスタイムにかかる頃、千葉の選手はボールを回し始めます。横浜FCの選手はそのボールを奪いに行くわけでもなく、ただパスコースを読んでいるだけでした。千葉は勝っているのですから読んでいるだけならば回さなければ良いだけの話で、その後試合終了まで競技場から緊張感が欠けてしまいました。

 今日の試合は只の1/34の試合ではないのです。後期第一節、そして残留を争う千葉との大事な1戦でした。この試合に負けたことで横浜FCは残留が本当に厳しくなりました。でもなによりも悲しかったのはその厳しくなった空気が全く感じられなかった競技場の光景でした。

 日産スタジアム 観衆:43,117人

« 帰ります | トップページ | 川崎 2-1 神戸 »

コメント

全く持って同意。
はっきり言うとお金の無駄でした。
頑張って集客してくれたトーマスさんに失礼な試合と言うか、あれだけお客さんが来たのに、あんな試合しかできない我がヨコハマにはガッカリを通り越して呆れました。
交代についても「ゴールを奪うんだ」と言う意志が全く感じられないし、負けてるのにロスタイム玉乃投入には失笑が・・・
これではリピーターの獲得は夢のまた夢ですね。

初めまして、見応えのある観戦記を楽しみにしてる者です。本題ですが、私が星をつけるなら一つが妥当な試合でした。サッカーとしての楽しさが殆ど無い試合。場の雰囲気にもシラケましたし、最後のヨコハマCoalには本当にこのチームは残留争いをしているチームなのかなと。選手の大半は負け慣れしてる感じで、悔しさを感じないしサポーターとして情けない限り。

コメント有り難うございます。
7月に入ってからチームの雰囲気(広報も含む)が変わったような気がします。それでも遅すぎですが。今度のダービーと甲府戦が肝ですね。ダービーに勝っても甲府戦に負けたら今シーズンは終戦でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰ります | トップページ | 川崎 2-1 神戸 »