2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FM 8-1 横浜FC | トップページ | 川崎 1-2 マリノス »

2007/08/13

日本女子 5-0 タイ女子

0812

既に本戦出場は決めているのですからこの試合は内容よりも今後のテストの意味合いが強くなります。そのことを考えると5-0で完封したというのは素直に凄いことだと思います。
この日は何人かのレギュラーメンバーは出ていませんでした。だから控え選手、あるいは当落線上にいる選手はアピールの場と言うことになります。例えばゴールキーパーの山郷選手はまず失点しないこと、それを達成できたら合格ということになるのだと思います。

男子の試合ではこういう場合、まったりモードになってしまうのですが、この日は違いました。それは日本女子代表よりもタイ女子代表の試合の意気込みが高かったためだと思います。タイにとっても消化し試合なわけですが、彼女たちは決して逃げることなくラインを上げ、攻めてきました。そのため観客としては結構楽しめたと思います。

 実力差がある相手にラインを上げて戦うというのは、裏を取られやすいということです。事実前半20秒には日本女子は先制しました。キーパーのポジションがかなり怪しかったというのもありますが、いたしかなないかなと思います。

 前半を4-0で終了したときは後半もボコボコにするのかなと思っていましたが、そこから怪しくなります。気温が高いため日本の選手の消耗は激しく動きが止まります。対してタイ代表はスタミナが残っており展開は互角になりました。もっとも裏を取ればチャンスが広がるわけで、追加点を取るのはいくらでもできたはずなのですがボールコントロールがヘタで何度も決定機を外します。

 この試合に限らず女子の試合では観客はみな優しく、選手がどんなヘマをしても笑ってすませてしまいます。私はこういうヌルイ空気があるから強豪相手に勝てないんだと思っているのですが実際はどうでしょう。タイ代表の、前に出すぎたキーパーをかわして無人のゴールに流し込むだけ、という展開で外したときは、私は本当に腹が立ったのですが、みんな苦笑いするだけでした。これが柳沢だったらどうなっていたことか、ワールドカップでこんなことをやったら選手は日本に帰って来れないでしょう。私は女子といえど、下手なプレーをしたらちゃんと怒らなければダメだと思うのですが。

 試合が終わって選手が挨拶に来ます。大橋監督が観客に感謝の言葉を述べます。なんだかんだ言っても結果を出したことは凄いことだと思います。みんな明るく手を振ってきます。来月、ワールドカップが始まります。頑張ってほしいと思います。
国立霞ヶ丘競技場 観衆:4,119人

0813_2


« 横浜FM 8-1 横浜FC | トップページ | 川崎 1-2 マリノス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FM 8-1 横浜FC | トップページ | 川崎 1-2 マリノス »