2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« ツール・ド・富津 | トップページ | U22日本 1-0 U22カタール »

2007/09/10

日野自動車 62-21 東京消防庁

0909


まず謝罪。日野自動車のグラウンドって青梅市にあると思いこんでいたのですが、実は日野市にありました。よく考えれば当たり前です。最近疲れているなあ。自転車を運転する気力はないのでオートバイを出します。地図を見ると中央高速石川パーキングの裏にあるということはわかっていたのですが、高速道路沿いの測道を走っていると砂利道に変わり、少し下がったところで行き止まりに・・・。バイクは後進ができません。砂利、下り坂、行き止まりの3点がそろうと泣くしかありません。Uターンをしようとすると足を取られて転倒しました。バイクで転んだのは10年ぶりくらいです。やっぱり疲れているんだなあと実感。立ちゴケでしたがマフラーが少し凹みました。私も凹みました。はあ。

 試合開始には余裕で間に合うはずでしたが、バイクを引き起こすのに時間がかかり、(1100ccのバイクを一人で起こすのは困難です)、到着はキックオフ直後になりました。日野自動車はよく聞くチームなのでさぞかし良いグラウンドだろうと思っていたのですが、土のグラウンドでした。関東社会人1部はトップリーグから数えて3部に相当しますが、環境で見ると厳しいなあと思います。でも観客席と得点ボードがあるのは幸いでした。ラグビーは得点ボードがないと、今何点入っているのかわからなくなりがちなのです。観客席に腰をかけると周りの観衆は昨日のオーストラリア戦のことで話題が持ちきりでした。みんなあきれてます。当たり前です。まったく。カイザースラウテルンの仇を取れとはいいませんけど、94点も取られるなんて・・。

 日野自動車ですが、は社会人1部の中ではかなり格上のチームです。東京消防庁は昇格組で、日野自動車との差はそれこそオーストラリアと日本くらいの違いがあります。しかし先制は東京消防庁でした。日野もすぐに追いつきますが消防庁は引き離します。戦前の予想と全く違う展開に観衆も日野関係者も唖然とします。こんなはずではなかったという空気が漂い始めます。
 
 ラグビーを見ているとよくある展開なのですが、格下とされるチームは最初の20分くらいは結構奮闘します。4年前のラグビーワールドカップでも日本代表はフランス代表その他に健闘しました。ただ、ラグビーはサッカーとは違ってポゼッションを放棄して守り抜くということはないため、押され始めると持ちこたえられず、結局は格上チームが勝つことになります。ラグビーとは、いわばライフゲージの削り合いで、ライフポイントがゼロになったらそこで終わり、ということだと思います。

 東京消防庁もよく耐えたのですが、持ちこたえたのは前半の20分くらいまででした。その後は地力で勝る日野自動車の一方的な展開でした。私はラグビーの戦評を語る術はないのですが、フォワードが相手のディフェンスを抜けなくなった時点で逆にカウンターが決まってしまうように見えました。消防庁のフォワードがもう少し日野を抜けたら面白かったのになあと感じます。カウンターを食らうと数人がかりで止めに入るのでサイドが空きますね。そこを突かれると消防庁は弱いです。日野自動車には外国人選手がいて、彼がサイドを縦横に駆け回っていました。この辺は試合の運び方がうまいと思います。

 試合は消防庁が先制したものの、62-21で日野に敗れました。おそらく下馬評通りの結果なのでしょうが、前半の消防庁の試合運びが後半まで続けばなあ・・とその辺が残念でした。消防庁は厳しいシーズンになると思いますが、頑張ってほしいです。来週も東芝青梅と消防庁の試合を見に青梅まで行きます。

 蛇足ですが、土と埃にまみれて戦う男の姿は無条件にカッコイイです。セクシャル的な魅力でスポーツを見るならば、絶対にラグビー>>>>>サッカーだと思います。どうして一般婦女子はラグビーを見ないのだ!!と残念に思います。まあルールが難しいというのが理由でしょうけどね。

 日野自動車グラウンド 観衆:クラブスタッフを除けば30人くらい

« ツール・ド・富津 | トップページ | U22日本 1-0 U22カタール »

コメント

 余計なツッコミですが、取られた点は91点です。
 前半、TV見ていたのですが、ネットで結果を知ったことで気持ち折れて見るのを止めました。
 自分としては『オーストラリア・ウェールズは捨ててフィジー・カナダに勝利を狙う』という考えは間違っていないと思っています。
 フィジー・カナダには勝って欲しいです。

間違い指摘掲示板には2度ほど書き込みをしていますが、ブログへのコメントは初です。

ラグビーは芝を痛めやすいので、通常、練習で使っているグラウンドで試合をやるときは、たいがい泥んこになっちゃいますね。仕方ありません。
それを「セクシー」と表現できるわかさんは、やっぱりスポーツ大好きなんだと思います。
Jが始まる頃までは、国立さえ冬枯れの芝生でやらざるを得なかった環境を考えると、隔世の感があります。この点でJが日本スポーツ界に与えたインパクト(貢献)は非常に大きかったと思います。

それにしても「わか」さんの写真、いつも感心しながら拝見しています。小生、以前はラグビー専門で、最近アメフトを少しとサッカーを撮るようになりました。サッカーは動きが速いので難しい…。
見習って精進します。

 関東1部で土のグラウンドですか。ちょっとびっくり。
 転倒の多いラグビーのほうが芝によるクッションは必要のはずなんですがねぇ。ただ高校時代(約50年前)ラグビーをやっていた親父によると、たまに芝でやると安心して思い切り倒れてしまい、かえって脳震盪をよく起こしていたそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツール・ド・富津 | トップページ | U22日本 1-0 U22カタール »