2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FC 1-2 広島 | トップページ | ツール・ド・富津 »

2007/09/03

町田ゼルビア 0-1 明治大学

0902a


 当初は保土ヶ谷で神奈川県予選決勝を見る予定でしたが、ゼルビアが東京都予選決勝まで勝ち進んだということで、こちらに変更しました。久しぶりの西が丘は芝がすべて入れ替わり絨毯のようでした。こういうピッチで試合ができる選手は幸せだなあと思います。また得点表示ボードもいつの間にかLED発光式に取り替えられていました。隣の国立スポーツセンターに新棟ができたので、そのついでかもしれません。この新棟のおかげで第二グラウンドも潰されたし、この位の見返りはあっても良いと思います。

 さて試合についてですが・・・・私は町田側で観戦しましたので結果に対しては失望しています。ただ、なんというか、純粋にサッカー好きの視点ではとても楽めました。町田のサポーターの皆さんには申し訳ありませんが、これが正直な気持ちです。

 大学ごときに負けてんじゃないよ、というのはもっともだし私は今でもそう思っています。しかし実力比較で見れば関東大学1部というのは地域リーグと遜色はないのではないでしょうか。彼らは体力的に絶頂期を迎えた選手達ですから侮れないでしょう。練習環境だって大学の方が充実しています。流通経済大学のサードクラブ(3軍という意味ではない)のクラブドラゴンズが関東社会人2部リーグに参戦していることを思えば、明治の実力は推して知るべきだし、何よりも横河武蔵野を負かしています。関東大学リーグは現在5位ですが、首位との勝ち点差は殆どないんですね。立派だと思います。

 試合はもう、フロックとかそういうものではなくて、明治の圧勝でした。後半の後半まで点が入らなかったのが不思議な位でした。スピード&チャージ、頻繁なポジションチェンジ、そういう早さにゼルビアは翻弄されていましたね。

 私の目の前に明治の5番(斉藤選手)がいたのですが、左サイドバックとは思えないほど上がり目にポジションを取り、ボールをもらえばペナルティエリア前まで持って行くは、フォワードに正確なクロスを入れるわで、ずっと彼を見ていました。10番のキャプテンとの相性が良かったですね。明治から見て右サイドで詰まることが多かったので左サイドの彼は生きました。小柄な体型なので、かって横浜FCに在籍したDF、重田を思い出しました。卒業したらどこかのJチームがとってくれないかなあと思います。

 ゼルビアは・・・どうしちゃったんでしょうか。この時期のアマチュアチームは結構微妙な立場にいることが多く、勝ち進むことが必ずしもよいことではないというのはあります。ゼルビアの最大の目標は地域リーグ決勝大会勝ち抜けで、これ以外は出る意味がない、と言っても間違いはないのですが、下部組織の子供達が大勢来ていたところを見ると、本気は出していたと思うのですが。うーーーーん。

 まあ負けてしまったものは仕方がありません。残り試合をちゃんと消化し、地域リーグ決勝大会で善戦することを期待します。二次リーグは熊谷だそうですから、是非観戦したいと思います。

 国立西が丘サッカー場 観衆:約800人

0902


« 横浜FC 1-2 広島 | トップページ | ツール・ド・富津 »

コメント

初コメ失礼します、、


関東大学1部は社会人関東より下手したら上かもしれません。JFLと関東大1で実力がにている位ではないかと。。ただ、アマチュアは、J以上に同リーグ内の実力差が大きいんで一概には言えないですが。

私も初コメです。わかさんの観戦日記をいつも楽しく拝見させていただいています。またスタジアムガイドは観戦のときいつも重宝しています。ありがとうございます。
さて、私は現在地方に住んでおり地域リーグ等をよく観戦にいきます。
そこで、現在天皇杯の予選等でJリーグを目指しているチームが大学生のチームに負けボロクソに書かれているブログ等をよく目にします。しかし、実際のところ強豪といわれる大学のチームはJFL上位かJ2下位と遜色のないレベルです(戦術やプレーの正確さフィジカルの強さ等)。違いは試合の流れを止めたり、時間稼ぎをしたり、決定的な場面でファールをする等アマチュアリズムから見たときに汚いプレーが少ないことが特徴であると思います。それは勝つことよりも(当然勝つために考え、研究し練習しているわけですが)教育やサッカーという競技への探求に重きを置いているからではないでしょうか。(青臭い表現ですが大学という教育の現場では勝つために何でもやっていいとはいえないですよね笑)
冷静に戦力分析した場合大学の全国トップ10に地域リーグのチームが勝つこと自体が番狂わせです。
今回の東京都予選ゼルビアが法政大学を倒したことに私自身は大きな驚きを感じています。
地域決勝では私は関東代表とは別のチームを応援していますがゼルビアは倒さなければならない最大のライバルと思っています。

 この試合見ていない(神奈川の決勝見にいっていた)のであくまで推測ですが、『今年の町田はJFL昇格が最大の目標』という要素もあったのではという点です。
 地域リーグ決勝大会の他に全国社会人大会の出場権も得ており、天皇杯本戦に出るモチベーションが下っていたのではないでしょうか

 また、大学チームの強みとしては、個人的な考えですが、『実は放課後にチーム全体で一緒に練習する時間を取れる』こともあるかなということです。
 社会人の場合、企業チームでもない限りチーム全体で一緒に練習するチャンスは少ないことにより、チーム戦術の熟成で差が出るはずです。

 大学チームが社会人チームより強いのはこの点もあるかなと感じています。

神奈川の天皇杯予選は、大学が優勢という結果が出ていますから、大学側が本腰を入れれば、地域リーグクラスではかなり苦しいという所じゃあないでしょうか。
昨年もY.S.C.C.が地域リーグで優勝しましたが、神奈川代表にはなれませんでした。

ちなみに神奈川は今年を含む12回で、大学が8回、JFLが1回、地域リーグが3回優勝という結果が出ています。

初コメします。1週遅れですが。
母校が東京都予選準決勝に出るというので、先月25日に行ってきました。横河武蔵野を一蹴、やるじゃないの。
今月2日は決勝。いそいそと出かけました。いい試合でした。内容も良いし、なにより優勝。学生時代に野球、ラグビーは何回か優勝に立会いましたが、サッカーは初めて、隔世の感です。(その頃、昭和の時代、サッカーは人気なかったですから)
ところで明治大学の練習環境は素晴らしいものです。たまたま明大八幡山グランドの近くに住んでいるのでわかりますが、他の有力大学もそうなのでしょう。大学サッカーリーグも整備され、ユース出身者などが入学し実力も上がっていると思います。
地域リーグのチームともTG等で交流が深まれば、身近にいい試合を無料で観れるようになるし。本当に良い時代になりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FC 1-2 広島 | トップページ | ツール・ド・富津 »