2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 2-2 大分 | トップページ | 勝ってくるよと勇ましく〜♪ »

2007/09/16

オフサイド・ガールズ

オフサイド・ガールズ

イランという国は女性がスタジアムで男子サッカーを観戦することを法律で禁止しています。いくらイスラムとはいえ今のご時世、かなり時代遅れな法律ですが、なんとかして観戦しようと男装してまで競技場に潜り込んだ、そんな少女達の映画です。(以降、ネタバレがあります)

映画は06年ワールドカップ予選、イラン対バーレーン@アザディスタジアムが舞台になります。この試合にイランが勝ったことでイランはワールドカップの出場権を得たことになります。この映画には試合自体はあまり出てきません。話のキモは、代表戦に熱中する男達の楽しさ、その輪に入れない女達の寂しさ、その差があまりにも露骨で理不尽なところにあります。

 お願いだから試合を見せてくれ、何故見せてくれないんだと哀願する少女達、その問いにうまく答えられない警官達。その会話がユーモラスで笑ってしまいます。ハーフタイムに入り、彼女たちはバスに護送されていきますが、同乗したの警官達にラジオを付けろとまで要求する強さにイランの女性の強さを感じます。実際、イランでは大抵が恐妻家なのだそうです。一夫多妻の国ですが、そういう男は殆どいません。それは養う能力よりも二人も三人も女房の尻に敷かれたくはないのが実情なのでしょうね。

 試合が終わりに近づくにつれ、町は熱狂に包まれます。イランがワールドカップ出場を決めた瞬間、町中が爆竹と花火であふれかえりました。イラン国旗を掲げて車が走り回ります。護送バスの彼女たちに車のドライバー達が祝福をします。それに答える彼女たち。同時刻、日本はバンコクで北朝鮮戦をやっていたのですが、私は日産スタジアムで淡々とみているだけでした。法律ではイランより日本の方が自由なのでしょうが、国民がサッカーを楽しむということではイランは日本の遙かに上を行きます。そういう違いをこの映画に感じることができるか、それがこの映画の評価につながると思います。

 祝福のさなか、主人公の女の子が同情した少年に花火を7本要求します。なぜ7本なのか?それは同じ予選のイラン対日本の試合後、混雑で7人が圧死したのですが、その内の一人がボーイフレンドだったから。だから彼女は試合を見たかった。7本の花火が燃える中、彼女たちは隙を見て脱走し話が終わります。私としては結構楽しめましたが、一般受けするかは難しいかもしれません。なぜイランでは女はサッカーを見れないのか、そこがわかるかどうか、ですね。

 蛇足ですが、イラン遠征の事前勉強になりました。映画を通してイランの空気を感じることができました。17日、私はイランに向けて出発します。

 2007年9月14日 東京有楽町、シャンテシネ日比谷

« 川崎 2-2 大分 | トップページ | 勝ってくるよと勇ましく〜♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 2-2 大分 | トップページ | 勝ってくるよと勇ましく〜♪ »