2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 町田ゼルビア 0-1 明治大学 | トップページ | 日野自動車 62-21 東京消防庁 »

2007/09/08

ツール・ド・富津

0908a

 最近、何人かの人からブログ記事タイトルの「ツール・ド」って何ですか?と聞かれます。ツールとは世界最高峰のの自転車レース、「ツール・ド・フランス」からとっています。と言ってもレースをするわけではありません。フランス語のツールは英語のツアーで、日本語に訳せば「周遊」の意味になります。自宅から目的地まで往復すれば私にとってのツールだということにしています。まあただのサイクリングなわけですが、ちょっと距離を走りますのでかっこつけてみました。

 今日は房総半島南端にある富津(ふっつ)に行きます。富津に行こうと決めたわけではなくて、木更津を起点にいけるところまで行こう、としただけです。「○○まで走ろう」と目標を決めると脅迫観念が生じて楽しめなくなりますので目標はきめめません。行けるところまで行く、疲れたらやめる、飽きたらやめる。それが長続きするコツかもしれません。

 木更津で自転車を組み立てて16号線で君津まで、そして富津まで。特に綺麗な景色があるわけではありません。コンビナートと広いバイパスを走ります。それもまた日本の風景。橋を渡るときは真ん中あたりで休憩を取ります。自転車は路面の照り返しをまともに受けるので熱との戦いになります。(排気ガスとの戦いでもあります)。橋を渡るとそこだけ急に涼しくなります。車やバイクで移動する人はわからないかもしれませんが、水が蒸発するとき気化熱で熱い空気も一緒に持って行ってくれるので涼しいのです。橋の上で水筒をグビグビ。そしてまた走り出します。

 君津市から富津市に入ると国道16号線は急に細くなります。交通量も急に少なくなり静かになります。海岸線で一休み、古い神社の前で一休み。君津市から佐貫町に入ると山の中にはいります。休んでばっかり。山の中に入り湧き水を見つけると頭から浴びます。気持ちいい。古い醤油屋を見つけるとうれしくなります。昔ながらの造り酒屋とか醤油屋とかの建物は雰囲気があります。

0908b


夕方になりしたのでこの辺で切り上げて帰ります。内房線佐貫町駅に出て自転車を分解します。駅前の食堂で「はかりめ丼」というのを食べます(800円)。「はかりめ丼」とは江戸前で言う穴子丼のことですが、タレが上品でおいしい。地場だからでしょうが、あさりの味噌汁がまたうまい。各駅停車で千葉、そして戸塚に。午後8時半には自宅に戻りました。明日は青梅でラグビー観戦です。

0908c

« 町田ゼルビア 0-1 明治大学 | トップページ | 日野自動車 62-21 東京消防庁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 町田ゼルビア 0-1 明治大学 | トップページ | 日野自動車 62-21 東京消防庁 »