2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 4-2 横浜FM | トップページ | 慶應大 0-1 亜細亜大 »

2007/10/21

川崎 4-3 新潟

1020a


 ロスタイム決勝弾という、サッカーではもっとも劇的な勝ち方をしたわけですから本来は喜んでよいのでしょうが・・・・。
なんというか、毎試合殴り合いのようなサッカーを見ていると、もう少しやりようがあるんじゃないのか、と思ってしまいます。この辺が川崎の試合の難しさで、限られた戦力に過密日程を掛け合わせると、公式戦4連勝という結果にこれ以上文句が付けられるのか。もうなにも言えないんですよね。いろいろとむずがゆいモノがあって、勝ったからいいやとしか言えないんですよ。ホント。

 毎度毎度のことですが試合の入り方が悪すぎるんですよね。試合開始直後、早い時間帯に先制点を取られる、又は先制しても追いつかれる、相手も川崎を研究しているのでつけ込む隙を見つけられているのかなと思います。サイドライン一杯を走り込まれてクロスをあげられ、ピンポイントで併せられて失点というのもおなじみな展開で、最終的に殴り返したから失点につながるミスがチャラになっている気がします。久木野とか伊藤とか、そういうところが特に。

 川崎は攻撃に難を抱えていて、ジュニーニョがサイドにパスを出して誰かが切り返したところをジュニーニョが自ら併せて得点するパターンが目立ちます。それは別に良いのですが、本来ジュニーニョは他のフォワード(我那覇、テセ、黒津)とともにパスを配球される側だと思います。配球するのは本来はマギヌンだと思うのですが、この辺を押さえられると弱くなります。今日のマギヌンは不愉快そうでしたね。戦術の問題か体調の問題かよくわかりませんが。

 ただ、結果的に勝っているのでそれ自体は喜んでいたいです。試合が終わって引き上げるときに感じる妙な疲れがなんかこう・・・自分でもよくわからないのです。まあ疲れているのは携帯電話に通知された別会場の試合結果も原因の一つですけどね。

 等々力陸上競技場 観衆:14,440人

« 川崎 4-2 横浜FM | トップページ | 慶應大 0-1 亜細亜大 »

コメント

わかさまこんばんは!
ALCの敗退、リーグ戦の優勝もない、
なのにケンゴは代表へ召集され出され続け過密日程、
等々難しい時期の試合でしたがジュニの個人技で
良く勝ちました。
ジュニもJリーグ得点王の勲章を引っさげて
来年はヨーロッパ(スペイン?)!!!!!!!!
ナビスコだけは優勝してさらに契約額アップを狙ってもらいたいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 4-2 横浜FM | トップページ | 慶應大 0-1 亜細亜大 »