2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 勝ったよ | トップページ | トップリーグ開幕 »

2007/10/25

浦和 2(PK5-4)2 城南一和

1024a


本当なら今頃はドバイのリゾートホテルでワイン飲んでウマー・・・っとやっていたはずなんですが。どうして埼玉県で麻婆豆腐定食を食べているんだろうと小一時間自問自答します。まあ負けるということはそういうことなんです。改めて自覚しますね。仕方ないけど。負けて得るものもあります。サッカーの世界で悔しいという気持ちを持つことができるのは幸せなことなのかもしれません。

 ACL準決勝と決勝の2試合に限って浦和レッズを真剣に応援しようと思います。世界戦を戦うと言うことは国の代表として戦うと言うことです。少なくとも韓国と中国に負けることは私はイヤです。特に城南はバックが統一協会なので、あのチームに負けるのはサッカーが馬鹿にされた気分になります。そういうこともあり真剣に応援します。ちなみに3年前もACL限定でマリノスを応援していました。

 試合の感想ですが、やっぱり川崎とは差を感じます。「差」という言葉は使い方に気をつけないと重大な誤解を生じるのでいやなのですが、率直な感想を言えばそうなります。全身全霊をかけて応援するサポーターに差はありませんが、どんなに重大な試合であってもどこか縁日のような空気がする等々力と、正真正銘戦場の空気を作り出した埼玉スタジアムの差はありました。悔しいですが、PK戦での勝負の差は空気の差だったのかなと思います。

 でもそれをもって川崎がダメだったかと問えばそうは思いません。荒野の中でサポーターの種を蒔いて育てている川崎と、収穫の時を迎えている浦和の違いとも言えます。サポーターもチームもひとつひとつ経験していくことが今の川崎には必要です。その種を蒔く手段として縁日の空気を作ることは正しいと思います。

 浦和も城南もレベルは互角でした。韓国のストライカーが怪我で欠場していましたので、その面で救われたかなと思います。1-2と逆転され、アウェイドローのアドバンテージが無くなってしまったあたりが試合の怖さを感じました。そしてすぐに追いつく浦和も凄いと思います。普段のJ1の遙か上を行く、良い試合でした。

 PK戦は運に左右されるものですが、この試合に限ってはサポーターの力を感じました。PK戦が浦和側ゴール裏で行われたことは勝因の一つに挙げて良いと思います。

 決勝戦はセパハンになりました。川崎はこのチームと互角に戦いましたがPK戦で敗れています。浦和はどういう戦い方をするのか、また現場に行ってみようと思います。

 埼玉スタジアム2002 観衆:51,651人

1024b


« 勝ったよ | トップページ | トップリーグ開幕 »

コメント

 城南がアレなバックとはいえ、素直に賞賛できる強いクラブでした。紙一重の差でした。120分間で決められなかったことが敗因でしょう。逆に言うと、よく同点になってから失点しなかったと思います。
 イスファハンには行けないけど第2戦は死んでも行きます。
 でも、できれば90分で決めて欲しいもんです。ちょっと帰るのゆっくりしただけで相鉄の終電にぎりぎりなんて・・・。

 種を蒔いて育てている川崎と、収穫の時を迎えている浦和‥‥その通りだと思います。ただ、荒野ではなく肥沃な地。それと、蒔く種が少し違うのではないかと。
 以前、それまで試合後に敵サポーターにエールを送っていたフロンターレ。それが、かってのあのレッズ戦のあとに止めて少し変わったはず。決して浦和サポーターを真似ろというんではなく、PK戦の時いつ静かにすべきか、旗はどう動かせば良いか、選手やチームにとって良いことは、貪欲に取り入れて行くべきだと思う。
 あのセパハン戦で悔しい思いをし、応援に来ていた他チームのサポーターからは、川サポはPK戦で何してるんだと呆れられたはず。なのに相変わらず、敵CKの時、ホーム側であるにもかかわらずメインスタンド側の時はブーイングしないGゾーン。それって種蒔く気があるの?徐々に変わって行くとは思うけど、まずは、コアのサポーターが種を蒔いてゆかないと‥‥
 拍手ひとつでもそう。なぜボールがラインを割ってマイボールになっただけで拍手してるの?クリアーの時、何故いつも拍手なの?場合によっては、クリアーが最善のチョイスで拍手したくなる時もあるけど、プロである以上リスキーなチャレンジも必要で、ボールを奪いラインぎりぎりに攻撃に転じて行く時にこそ拍手をすべきで、そうやって選手もサッカーを見始めたばかりの人も育ってゆくんだと思う。本当は、佐原のタックルも、かってのブッフルバルトのように、タックルと同時に攻撃に転ずる味方へのパス を出してくれると良いのだが‥‥ノゾミスギ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝ったよ | トップページ | トップリーグ開幕 »