2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« ゼロックス 5-50 ヤクルト | トップページ | ハーフタイム »

2007/11/20

横浜FC 0-2 新潟

1118a

 ガラガラのスタジアムをこんなに虚しいと感じたのは初めてでした。JFLでも地域リーグでも海外の2部リーグでもガラガラのスタジマムで結構観戦しましたが、それぞれの試合に文化があり試合には面白さがありました。最下位が決まり、文字通り消化試合であったことがそうさせているのかもしれません。でも順位が決まっても次の試合のために、来年のために、そしてお金を払って見に来てくれた人のために今を頑張っていく空気というものは無ければならないと思います。それが見えなかったのが非常に残念でした。

 試合は監督会見によると横浜FCが試合の主導権を握っていたたらしいです。確かにゲームメイクは横浜FCが主体的にしていたようにも見えます。でもチャンスメークは圧倒的に新潟でした。前半、何度も何度も横浜FCゴールが攻めたてられ、ペナルティエリア内を新潟に回されます。前半で2,3点決まってもおかしくなかったのですが、新潟のヘタさに救われました。横浜FCの左サイドバックがずたずたに切り裂かれるのを見て、どうにもならないなあと考えてみました。

 横浜FCは全体的に連動性がなく、個々のプレーが完全に個人に依存していたのが残念でした。例えばカタタウのドリブルは思い切りがよくてよかったと思いますが、サポートが全くなく、結果的に埋没してしまいました。連動性のない横浜FCとチャンスメークに乏しい新潟の試合はどっちもどっちとしか言いようがなく、PKを得た新潟に勝機があっただけだと思います。

 来年を戦うに当たって横浜FCが考えることは、来年どうすればよいのかではなく、何故今年はダメだったのか、その原因を徹底的に追求することでしょう。川崎や京都、福岡がどのような運営を行って、どうして2部に落ちていったかを見れば今後の運営のヒントは沢山見つかります。試合運営、チケットの価格、応援のあり方、選手の獲得、スタッフそれぞれの責任、それぞれのチームにそれぞれの事情がありますが、あるべき姿から大きく外れているのを見ると、もう少し考えたいなと思います。私としては1部リーグにこだわることから離れた方が良いと思っています。2部の中でお客さんを呼び、試合を楽しませ、サポーターを増やす、そういう好循環を作り出していったその先に1部があると思います。

 私は来年の横浜FCは非常に厳しいシーズンを送ることになるかもしれません。でもチームが無くなるわけではないのですから未来を見ることはできます。その未来を見ることができればまた1部で戦うことができるのではないでしょうか。

 日産スタジアム 観衆:7,751人

« ゼロックス 5-50 ヤクルト | トップページ | ハーフタイム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゼロックス 5-50 ヤクルト | トップページ | ハーフタイム »