2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 大宮 1-1 川崎 | トップページ | 岡山 1-0 びわこ草津 »

2007/12/04

北九州 2-0 神戸

1202a_5

 先に第二試合のほうから書きます。北九州、神戸の両方によく知っている選手がいて懐かしい思いで観戦しました。水原は遠くから見ても水原だとわかりますし、小野信義は相変わらず丁寧なボールさばきをしていました。望遠レンズで彼の表情を見ると、少しやつれたように思えます。横浜FC在籍の頃はかなりのイケメンだったのですが、苦労しているんだろうなあと感じます。私はそういう環境の中でも前を向いている選手を応援します。サッカーチームも同じですけどね。見栄とかプライドとかかなぐり捨てて現在を生きている選手は素直に尊敬します。

 この試合、開始前の神戸のポジションがあまりにも微妙すぎたことが結果に大きく影響したと思います。神戸は勝てば首位通過、引き分けると2位通過、負けると敗退という非常に恐怖感を感じる位置にあり、それが原因で攻撃に積極性を欠いたように思えました。逆に北九州は勝てば2位、引き分け・負けだと敗退で、もはや勝つしかないという状態でした。この状態で神戸が逃げ切るのはとんでもなく難しいと思います。

サッカーは2-0が一番難しいスコアだとよく言われますが、それと同じですね。失点したら追加失点の恐怖がリードしているチームを襲います。この日の神戸も同じ状態で、失点のリスクを背負って攻めに行くにはあまりにも心理的状況が辛すぎました。これはもう経験を積んで気持ちを大きく取るしかないです。

 試合は神戸の中途半端すぎるポジショニングが北九州の得点を呼んでしまいました。前半の早い内に失点してしまったことが痛すぎました。更に追加点は「まさか」とも言えるループで、これを予測するのは観客ですら無理です。事故と言うにはあまりにも致命的な事故で試合が決まってしまったことが悔やまれます。サッカーなんてそんなもん、と一断するには酷すぎますね。

 ただ、神戸の選手には悪いのですが、所属する選手やチームの置かれた状況を考えると北九州に上がってほしいなと思っていました。先述の横浜FCの元選手がいることもありますが、政令指定都市にはサッカーチームが一つはほしいと思っていますので。特に北九州市は製鉄・炭坑の町です。サッカーが似合いすぎる要素がてんこ盛りなので是非一つ。現在はラグビーに押されていますが是非Jに上がってほしいです。隣の福岡市と適度に仲が悪いのも良いです。是非日本のドルトムントを目指してほしい、そう思います。

 試合が終わってからの表彰式ですが・・・・神戸があまりにも残酷すぎて、さすがに正視できませんでした。正直な話、JFLの2チームが自動降格、2チームが入替戦でいいんじゃないかと思います。降格は大変リスクのあることと思われがちですが、私は逆に何が悪かったのか見つめ直す良い機会だと思っています。横浜FCの最大の不幸はJ2には降格がないコトだと思っています。転げ落ちたらどこまでも転げ落ちる。それがサッカーの魅力です。J2が22チームになることを一日も早く待ち望んでいます。

 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 観衆:745人(公式発表)

« 大宮 1-1 川崎 | トップページ | 岡山 1-0 びわこ草津 »

コメント

わか様

始めまして。
岐阜出身で名古屋在住のかわせみと申します。
地域決勝リーグの貴重なご観戦記ありがたく読ませていただきました☆
「降格は大変リスクのあることと思われがちですが、私は逆に何が悪かったのか見つめ直す良い機会だと思っています」
このお考え、すばらしいですね。
これからも楽しみに読ませていただきます!

 地域リーグ決勝大会観戦お疲れ様でした。
 最初の写真は『この大会の厳しさ』を実感させるものですね。(表彰式見れないというものわかります。)

 この大会のシステムで気になっているのがPKで勝ち点1が動くことです。
 確かに勝ち点・得失点差・得点全て同じ状況になりやすいのはわかりますが、せめて、PKまでもつれた場合、あくまで『勝ち点・得失点差・得点全て同じだった場合、PK戦の結果を用いる』(正規の試合の結果、差がつかない場合に採用する)仕組みでもいいかなと感じています。
(PK戦の場合勝ち負けに関わらす勝ち点1にして、順位付けでどうしても同じ場合にPK戦の結果を採用する仕組みです)

ニューウェーブ北九州、JFL昇格決めましたね。
来年はJ2入りを決めて、近い将来、
アビスパと福岡ダービーを実現してほしいですね。
一方で、バンディオンセは3度目の正直ならず。
しかし、来年こそは関西リーグを突破して、
4度目の正直で「Jの行き着く場所へ」を達成してほしいですね。
ちなみに「Jの行き着く場所へ」は、
B神戸のスローガンです。

今年は5試合観戦しました。
B神戸についてですが、前日(対岡山戦)で、正GKが負傷交代しています。もしも、正GKだったら…と思ってしまう。本当に4チームは微妙な差だったのだと思います。

ちなみに、この大会の勝ち点方式は、九州リーグとまったく同じものです。

ずいぶん前からアクセスしていましたが、初めてメール致します。今回会場が熊谷になり、死闘を観戦する事が出来ました。カメラアングルから、わかさんのすぐ近くに私は座っていたようです。以前からわかさんの意見には納得することが多かったのですが、今回も同感です。各地に根ざしたチームが少しずつ出来てきていることを感じました《岡山のサポーターの多さに驚き》。振り返って埼玉県北部は不毛です。非常に観戦しにくい熊谷陸上競技場ですが、J1開催クリアできてます。少年サッカーでは江南南が全国レベルにあるのですが、上の年齢になると...埼玉には浦和・大宮がありますが、我々北の県民には地元チームとは感じられません。(器だけあってもね)J発足頃、弱小浦和のゴール裏に陣取っていましたが、違和感を持ちずいぶん前に離れました。今回熊谷に来ていたサポーターたちが正直うらやましかったです。ところでツールド草津来年は参加するのでしょうか?御待ちしています。

わかさま
こんばんは。ブログでの投稿は初めてかな。
まず、ファジアーノ岡山ですが、ジェフェルソンは退団したようです。来季はどんな戦術をするのでしょうね。

それで、先日ニュースで確か、2010年までにJ2を18チーム制にと言うコメントを見ました。 
それ以降将来的には、J2とJFLとの入れ替え戦も必要になってくるのではと思います。
Jを目指してるチームはたくさんありますからね。

入替戦はとにかく実施してほしいです。入替戦よりも自動降格が先ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大宮 1-1 川崎 | トップページ | 岡山 1-0 びわこ草津 »