2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/31

日本代表 3-0 ボスニアヘルツェゴビナ代表

0130


 個人的には気温が高く、快適な環境で観戦できたのがありがたかったです。チリ戦はあまりにも寒くて試合内容に関係なく早く終わってくれと思っていました。試合終了時間が読めるサッカーだから良かったものの、これが野球だったら死んでいたかもしれません。驚いたことにボスニアヘルツェゴビナの選手達は全員半袖でした。最初見たときは我が目を疑いましたが、考えてみれば今のボスニアは厳冬期も極みなので、今日の気温だと春の陽気のように感じたかもしれません。逆に南半休のチリは今は真夏なので可哀想でした。いや見ている観客が一番可哀想なのでしけどね。


 試合の感想ですが、勝って良かったです。今はそれを素直に喜ぶべきで、相手のコンディション不良にあれこれケチを付けるモノではないと思います。2試合連続スコアレスドローで終わるのと内容はどうであれ勝って公式戦を迎えるのでは意味合いが全く違います。だからこの日の勝利をとにかく喜びたいですね。

 2試合続けてみると今の日本代表が何をしたいのか、なんとなくわかってきます。接近・展開、と言っていますが、要はボールを奪う役とボールを預かる役、そしてスペースに展開する役に別れているのだなと感じました。ワーワーサッカーのようなフォーメーションでどうやって点を取るのだろうと思っていたのですが、キーになるのは奪った後の展開ですね。このオプションが今野であり鈴木であり中澤なのだと思います。実際、内田のオーバーラップは効いていましたし、先制点を取ったのは中澤でした。ボールの配球係に徹した中村憲剛がなんだかもったいない気がしますが、彼が川崎でレギュラーを取った頃だってそういう役でした。本当はフォワードがもう少しピンポイントであわせてほしいと思うのですが、この辺は試合を重ねていくしかないかなと思います。

 ただ、今日の得点は明らかに相手のペースダウンによるものでした。試合終了間際など、本当はシャムに向かってこなければならないのに、もうボールを奪う気力も残っていませんでした。ですから、フォーメーションが機能していたのかと言えば、なんとも言えませんね。繰り返しますが、この辺は今後息をあわせて行ってほしいと思います。

練習試合はこれでおしまい。次はいよいよタイ戦です。今のところ見に行く予定です。・・・・って、また埼玉ですか。

国立霞ヶ丘競技場 観衆:26,971人

2008/01/30

ボスニアヘルツェゴビナ戦

ボスニアヘルツェゴビナ戦
勝つよ

2008/01/28

城彰二引退試合

0127


良い試合でした。小さな球技場に人が集まって、手作り感の漂うイベントでした。国立競技場を使うばかりが能じゃないですね。千葉や磐田のサポーター達も大勢集まって、1万人を越える観衆になりました。欲を言えばもう少しバックスタンドを埋めたかったのですが。

試合はとにかく城にボールを回そうという意図がアリアリで、それがわざとらしくて苦笑してしまいました。2-1の全得点を城が決めるという、まあできすぎた結果なのですが、それはそれで楽しめました。本当はもっと点が入っても良かったと思いますけどね。お互いに3点くらいずつとっても良かったなと思います。ディフェンスはあんなに頑張らなくても良いのにと感じました。
この辺はもっと演技をしてもいいんじゃないのでしょうか。特に山口選手と中西選手。フォワードだってどんどん打っちゃえばいいんですよ。城に気兼ねすること無しに。ジャカジャカバンバン。そういう意味では空気を読んでいたのは小山でしたね。先制失点は小山のナイスパフォーマンスから生まれました。・・ということにしてください。真面目にやってあの失点だったら今期は絶望的ですよ。

戦術や戦評などを語る試合ではないでしょうからこの辺で。城の引退試合もというよりアトランタオリンピック同窓会、98年ワールドカップ同窓会、横浜FCのOB会がごっちゃになった妙に明るい引退試合でした。

最後になりましたが城選手、お疲れ様でした。

三ツ沢球技場 観衆:10,015人

2008/01/27

日本代表 0-0 チリ代表

0126c_2


 概ね良い試合でした。マスコミやサポーターブログなどでは格下相手にスコアレスドロー、といったネガティブな書き方をされていますが、年明け緒戦かつ監督交代緒戦で引き分けならば御の字です。これが最終予選まっただ中だったら困りますけれど、そういう状況を汲んでも良いのではないかなと思います。

 第一チリは格下ではありません。格下と言っている根拠は世界ランキングの順位がチリより日本の方が上だからなんだと思いますが、この手の世界ランキングは試合を多く組んで善戦すれば自然と上がる仕組みになっていますので割り引いて考えなければ行けません。普通に考えれば互角だと思います。ぶっちゃけた話、日本の実力は欧州で言えばルーマニアかハンガリー、南米で言えばチリかコスタリカ程度だと思いますね。アジア全体がそのくらいではないでしょうか。

 
この試合、チリはまず守備を固めてきました。試合後のインタビューでは前半はチリが押していたかのように書かれていますが、私は前半は日本がある程度のポゼッションを取っていたように思えました。中盤はうまく回っていたのですから、課題はシュートでしょうね。これは昨年のアジアカップから共通の課題です。誰が監督をやっても進歩していないなあと思います。

 チリはゴール前の守備意識が非常に高かったので、それをこじ開けるためにはペナルティエリアの外からシュートを打たなければなりません。しかしこの日本代表はこの位置(ゴール前から20メートルあたり)からのシュートは滅多に入りません。日本代表に限らずJリーグのチームはたいていそうですね。だからこそセンタリングを多用してヘッドであわせてという攻撃になるのです。正直、見飽きました。センタリングもそうですが、コーナーキックも同じです。へたくそで入らない。

 後半、大久保が入った後からはチャンスが出てきました。それも個人突破でボールを持って行くというワクワクする展開です。こういうチャンスを決めていれば何も問題はなかったのですが、もう仕方がないですね。ゲームを進めていくウチに積極性と正確性の二つは身につけてほしいと思います。

 話は変わりますが、この試合は土曜開催にもかかわらずナイターでした。寒くて死にそうでした。何故に昼間やらないのか理解に苦します。2010年を目指すと言う意味でゴール裏が2010円に値下げしたのは画期的な話ですが、寒くてゲーム終了後すぐに退散しました。

 来月から3次予選が始まります。タイ相手に苦戦するようでは困るのですが、この相手なら勝つだろう、という見込みがきわめて危ないのは私自身、さんざん経験しています。一試合、一試合、慎重に進めていきたいなとお感じます。次の試合は30日の日本代表-ボスニア・ヘルチェゴビナ代表です。

国立霞ヶ丘競技場 観衆:37,261人(公式発表)

2008/01/26

チリ戦

チリ戦
勝つよ

2008/01/20

「10周年」にむかつく(まとめ)

まずいろいろな意見を書いてもらえたことが嬉しいです。誰もブログなどに書かないし匿名掲示板でも話題に上らなかったので誰も関心がないことなのかなと思っていました。

この件については奥寺氏が「来年10周年を迎えます」と言ったのであれば何も問題はなかったと思います。

 通常であればチームを作り、翌年からリーグ参戦という流れになります。しかし横浜FCは当年でチームを作り、その年から参戦しています。そこには何本ものルールが無視され、すべて超法規的措置で参入が許されました。前の記事にも書きましたが、私は1998年にチームができたという認識は全くありません。当時はいかにフリューゲルスを残すことに全力が捧げられていました。暮れも押し迫った頃に「新チームを作ろうとしているらしい」というリークがパソコン通信に書き込まれ、年が明けてフリューゲルスが解散した後、「新チームの法人名は’フリエ’という文字が含まれているらしい」という話が出ました。この間、横浜FCについて報道では一切発表はされていません(リークはされていました)。横浜FCが世に出たのはあくまでも1999年です。

チーム作りという点では1999年にチームを作り、2000年から神奈川県3部リーグに参戦するのが本来の筋です。それを「実質」1999年にチームを作り、3ヶ月後にJFLに参戦するという、今のJFL参入を目指すチーム関係者が見たら蹴りを入れたくなるようなことを横浜FCはしています。その特例をフルに活用して外資の一流企業名をユニフォームの背中と袖に付けました。特例がなければ現在のチームは無かったと思います。 

横浜FCはクラブスタッフからサポーターに至るまで全員が当時のJFL関係者に頭が上がらない、深い負い目があると今でも思っています。ですから当時のすべてのサッカー関係者のためにも、法人申請をしたのがいつかは関係なく、あくまでもチームを作ったのは1999年からにしてほしかったのです。

2008/01/17

「10周年」にむかつく

19990425

たぶん、この件に怒っているのは私だけなのだろうなと思う。5年前だったらもう少しいたかもしれないけれど。

記者会見における奥寺会長の発言が理解できない。
「横浜FCはようやく今年で10周年を迎えます。・・・」の部分。

最近横浜FCのファンになった人は、そうか、もう10年なのかと思うかもしれない。でも実際は違う。
横浜FCの法人登記が完了したのは1999年1月12日で、今年(2008年)は10周年ではない。どうして奥寺会長は今年を10周年だとしたのか。

一つ言えるのは横浜FCの「登記上の」会社設立日は1998年12月だからではないかと思う。創立者が登記申請をしたのは1998年12月25日。だから360日ほど早いが今年を10周年として間違いはない、奥寺会長はそう考えたのかもしれない。

しかしそれってどうなのかと思う。デパートにしろスーパーにしろ「1周年記念セール」を行うのは開店後1年経過した日であって、役所に登記申請をした日ではない。一周年というのは1年を経過した日だ。1999年1月1日時点で横浜FCは登記上存在していない。だから2008年元日直後に「今年は10周年を迎えます」と発言するのは絶対に間違っている。勝手に歴史を作るなと言いたい。

この辺の事情について当時の状況を少し説明する。間違っているところもあるかもしれない。あれば指摘してほしい。

登記上、設立日を1998年12月としたのは、その年中に会社を設立「したこと」にしないと1999年から始まるJFLに参加できないとJFA幹部から指摘を受けたのだ。だから取り急ぎ書類「だけ」作成して、年末、役所の閉まる直前に登記申請をしたのだ。だから横浜FCにとって1998年12月というのは年末の5日間だけ役所の机の中で申請書として存在していただけ過ぎない。経済実態のない企業は企業ではない。横浜FCができたのはあくまでも1999年になってからだ。

まあ普通のケースであればただ呆れるだけで怒る必要はなかったかもしれない。しかし横浜FCの場合、1998年12月から1999年1月にかけての2ヶ月間は非常に重要な時期であり、区切りや境目をいい加減につけてはいけないと私は思う。

横浜FCに関わるすべての関係者は1999年1月1日、国立競技場で何があったのかを知っているはずだ。近年横浜FCのサポーターになった人だってだって知っておくべきことだと思う。横浜FCの創設に関わった人たちはこの日の前と後では自分達のおかれている状況は全く異なっている。この日を境にして、ただの1サポーターが経営者になった、そういう日だ。だから1998年を創業年とするのは横浜FCにとっても、その創業者が応援したチームに対しても非常に失礼なことだと私は思う。サッカーに全く関心のない今のクラブスタッフならともかく、創業に携わった奥寺会長がそう言ったのが非常に残念であり悲しいコトだと思う。

1999年3月8日、奥寺会長とリトバルスキーは横浜ベイシェラトンホテルで結成披露レセプションを行っている。であれば2009年3月、Jリーグ開幕前に同じホテルの同じ場所で10周年経過レセプションを行えばいいじゃないか。そうすれば当時、立ち上げに協力したファン・サポーター達も一緒に祝えると思う。11年目を迎えるシーズン、また改めて一緒に戦おう、という口実ができるではないか。チームの歴史を無視されたことに腹が立つと同時にそういう考えが持てないことをとても悲しく思う。

2008/01/10

バカじゃないのか?

横浜FCのリリース文

>>2007年をすべて水に流すことができる横浜FCオリジナルトイレットペーパー
>>「WELCOME NEW SEASON 2008 すべて水に流してね 2007」を下記の通り販売いたします。
>>
>>横浜FC オリジナルトイレットペーパー
>>「WELCOME NEW SEASON 2008 すべて水に流してね 2007」

あれだけサポを挫折の縁に追いやっておいて「水に流してね」はないんじゃないか?上から目線で横浜FCを見ていてもさすがにこれは・・・・。バンバンスティックの比じゃないな。
天皇杯で高額のキャンセル料払って航空券を買い直して長崎まで行ったあげく、愛媛にロスタイム負けを食らったサポーターを複数人知っているけれど、その人たちの気持ちを思うとね。水に流せるのか?彼らが「流せる」というのならばそれ以上いうことはないけれどね。

2008/01/08

藤枝東 1-0 高川学園

0106


 第一試合も観戦したかったのですが、体力的・精神的に厳しくなってきました。午前中は買い物をして午後に家を出て国立に向かいます。晴れていて気持ちがよい。

 今大会3試合目となる藤枝東の試合ですが、もう貫禄がついてきましたね。王道サッカーをやっているような感じがします。見ていてそれほど面白くはないのですがキッチリと隙を作らず詰めながら試合を進めます。「面白くない」と書きましたけれどトーナメントですので勝ちを最優先するのは悪いことではありません。今大会の優勝候補と言われるのもわかります。

 藤枝東は全盛期のマリノスに似ているかなと思います。松田、中澤がキッチリとラインを押し上げて奥が球を散らし久保が決める。藤枝東はそういうサッカーをしています。藤枝東の河井君を見ているとそうやって仕事をし続けるバックラインの期待に応えている。だから信用される、そういうものがあるのでしょう。高川学園がどんなにカウンターを取って攻め込んでいても藤枝東のディフェンスはペナルティエリアの中だけは自由にさせません。結局無理な体勢でシュートを打ってゴールキックに変わります。これだと相手チームは打つ手がないでしょうね。前回の日大藤沢戦もそうでしたが早い内に藤枝東が点を取ると相手はキツイですね。どうにもならない結果でした。

 もっとも私は試合の内容に関係なく高川学園より目線で観戦していました。藤枝東がきらいなのではありません。ご存じの通り高川学園は旧多々良学園から現在に至るまでにいろいろな問題があり、乗り越えてきましたから。安っぽい判官贔屓と言ってしまえばそれまでですけれど、サッカーの世界では「義」や「任」や「侠」というのは重要な要素です。そういうものがあればそういう目線で見るのは当然ですね。

来週は決勝です。行けるかどうかはわかりませんが、流通経済大柏とのカードは面白いと思います。

国立霞ヶ丘競技場 観衆:21,317人(公式発表)

2008/01/03

日大藤沢 1-2 藤枝東

0103


久しぶりに泣く試合を観ました。勝たせてあげたかったなあ、と心の底から思います。母校だから言うわけではありませんが、こんなにいい試合をしているチームが負けるのかと思うと残念です。
背の高いフォワード、足の速いウィングハーフ、玉を散らせるトップ下と、充分見ていて楽しい試合でした。野洲の優勝の流れが全国レベルまで浸透した証拠ですね。高校サッカーのレベルが高くなっていると思います。

 日大藤沢は昨日の2回戦で活躍したゲットゴール福田君をフォワードに持って行きます。昨日同様、キックオフ後は守備が安定せずPKまで取られてしまいますが、その後はポゼッションを獲り、カウンターを獲りと、藤枝東を攻め続けました。だからこそなんとしても勝ち越したかったのですが、地力の差はありましたね。仕方がないことですが、後半の追加失点はやむを得ないものだったかなと思います。

 日大藤沢は守備の軽さが目立ちます。流れに乗ってくれば安定するのですが、攻めたてられるとアタフタしてしまう傾向があります。戦術が攻撃的なのでカウンターを食らうときの守備の負担は高いでしょうから一概に守備が悪いと決めつけられませんが、自陣ペナルティエリアサイドをえぐられるとボディコンタクトにいってしまいます。だからPKをとられるしマークがずれるのかなと思います。ただ今日の試合はそこまで彼らを責めたくはないない気持ちの方が高いです。それくらい勝利を狙う意識を強く感じました。

 この敗戦を機に来年また出てほしいと思うのですが、メンバーを見ると今日のスタメンは殆どが3年生なのですね。控えの1年、2年がどこまで受け継いでくれるのか、その辺が気になります。報道によると城彰二選手が一日コーチで指導したそうですが、効果はあったのかな。

 藤枝東はベスト8に進出しました。次は都立三鷹高校との試合です。注目に値するカードですね。

 三ツ沢公園球技場 観衆:11,000人(公式発表)

2008/01/02

日大藤沢 2-1 徳島商業

0102


 駒沢でやる帝京高校の試合にも興味があったのですが、三ツ沢では母校が8年ぶりに出場するのでこちらを観戦します。メインスタンドで同級生を捜したのですが見つからなかったのが残念。高校野球県予選決勝の時は横浜スタジアムでやったのに容易に見つかったんだけどなあ・・・・。同級生と言っても男子はどうでも良くてまあその・・・・

 試合は昔ながらの高校サッカーでした。昔ながらの、というと非常に語弊があって戦術などはきちんとイマ風だったのですが、精神的な脆さとか臆病さとか、そういうのが露骨に現れていて選手達の心理状態が丸見えだったのが面白かったです。我ながらヤな性格です。ごめんなさい。

 個人の能力は日大藤沢の方が上で、彼らが100%の状態でプレーできれば王様ゲームでしたね。本来の日藤ならば危なげない試合のはずでした。しかし2-0とリードした直後から動揺が目立ちます。徳島が中盤を上げて4トップ状態にすると戦術的にも精神的にもプレッシャーに押されてしまいます。追加点をあげた直後の失点、そして試合終了前のPK献上、この辺に焦りや恐怖感を感じました。こういう負の心理は高校生の試合では良く出ます。高校野球でもそうですね。最終回に4点差をひっくり返されたり、完封直前に暴投したり。経験を積んでいけば落ち着いて対処できると思いますが、8年ぶりの出場だと選手は初体験でしょうから仕方がないです。逆に言うと緒戦でこういう試合を経験すると次の3回戦はもっと落ち着いてできる、とも言えます。

 勝った日大藤沢は翌日に藤枝東高校と対戦します。実は私の母親は藤枝市の出身です。明日対戦すると言ったら「藤枝に勝てるわけがないよ、ハハハ」と言われましたが果たしてどうでしょうか。

 三ツ沢公園球技場 観衆:9,000人(公式発表)

広島 0-2 鹿島

0101

 実は現在部屋が全く片付いていないので観戦記はかんたんに。

 広島も頑張っていたのですが、概ね実力差が出た試合だったかなあと思います。広島は前半0-0で終わらせたかったのだと思いますが、内田に詰められました。鹿島が押し切りました。全体を通してみると危なげなかったですね。準決勝もそうでしたが鹿島の曽ヶ端が安定しているので中盤から前も積極的に押し上げることができたのでしょう。

 それにしても鹿島の応援団ですが、ゴール裏をぎっしりと埋め尽くしました。準決勝の時は川崎の方が多かったのですが
・・・ちゃんと準決勝も試合に来いよなあ・・と思います。常勝チームのサポーターになれば決勝に来て初めて応援する価値があるとでも思っているのでしょうか。

 今年もまた始まります。みなさんよろしくお願いします。

 国立霞ヶ丘競技場 観衆:46,357人(チケット完売)

2008/01/01

あけましておめでとうございます

このサイトも6年目に入りました。アクセスカウンタももうすぐ100万になります。本当に有り難うございます。
今年もまた観戦記を書いていこうと思います。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »