2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« ボスニアヘルツェゴビナ戦 | トップページ | セコム 3-10 ワールド »

2008/01/31

日本代表 3-0 ボスニアヘルツェゴビナ代表

0130


 個人的には気温が高く、快適な環境で観戦できたのがありがたかったです。チリ戦はあまりにも寒くて試合内容に関係なく早く終わってくれと思っていました。試合終了時間が読めるサッカーだから良かったものの、これが野球だったら死んでいたかもしれません。驚いたことにボスニアヘルツェゴビナの選手達は全員半袖でした。最初見たときは我が目を疑いましたが、考えてみれば今のボスニアは厳冬期も極みなので、今日の気温だと春の陽気のように感じたかもしれません。逆に南半休のチリは今は真夏なので可哀想でした。いや見ている観客が一番可哀想なのでしけどね。


 試合の感想ですが、勝って良かったです。今はそれを素直に喜ぶべきで、相手のコンディション不良にあれこれケチを付けるモノではないと思います。2試合連続スコアレスドローで終わるのと内容はどうであれ勝って公式戦を迎えるのでは意味合いが全く違います。だからこの日の勝利をとにかく喜びたいですね。

 2試合続けてみると今の日本代表が何をしたいのか、なんとなくわかってきます。接近・展開、と言っていますが、要はボールを奪う役とボールを預かる役、そしてスペースに展開する役に別れているのだなと感じました。ワーワーサッカーのようなフォーメーションでどうやって点を取るのだろうと思っていたのですが、キーになるのは奪った後の展開ですね。このオプションが今野であり鈴木であり中澤なのだと思います。実際、内田のオーバーラップは効いていましたし、先制点を取ったのは中澤でした。ボールの配球係に徹した中村憲剛がなんだかもったいない気がしますが、彼が川崎でレギュラーを取った頃だってそういう役でした。本当はフォワードがもう少しピンポイントであわせてほしいと思うのですが、この辺は試合を重ねていくしかないかなと思います。

 ただ、今日の得点は明らかに相手のペースダウンによるものでした。試合終了間際など、本当はシャムに向かってこなければならないのに、もうボールを奪う気力も残っていませんでした。ですから、フォーメーションが機能していたのかと言えば、なんとも言えませんね。繰り返しますが、この辺は今後息をあわせて行ってほしいと思います。

練習試合はこれでおしまい。次はいよいよタイ戦です。今のところ見に行く予定です。・・・・って、また埼玉ですか。

国立霞ヶ丘競技場 観衆:26,971人

« ボスニアヘルツェゴビナ戦 | トップページ | セコム 3-10 ワールド »

コメント

 こんにちは、わかさん。いつも楽しませて頂いている、Halです。
 ボスニア・ヘルツェゴビナ戦、まずは、2試合連続で観戦した者への神様からのご褒美だったのでしょうか?チリ戦で鍛えられたおかげでしょうか?、暖かく(感じて)観戦できて良かったです。サポにとっても寒さ対策“準備”の為の練習試合でした。3万人入りませんでしたね。ホーム側自由席がいっぱいだったので越えるかと思いましたが。

 試合は、わかさんの「ボールを奪う役、ボールを預かる役、ペースに展開する役」の表現は、この2試合での日本代表のやっていこうとしているサッカーを端的に表していますね。これに、「ボールをゴールに“運ぶ”役」が機能していれば良かったのですが。これらで日本代表の課題は、これらの「役回り」が場面場面で入れ替われるかどうかと思います。シュートを打つ役の人は誰?状態が長かったです。一つの係りに徹するのも必要ですが、ポリバレントと言うのでしょうか、一人一人がオプションとして、場面場面で別な役をこなしていかないと、相手に研究されてしまいますね。98年フランスW杯で前2試合の試合運び、選手の動きを研究されてジャマイカにも負けてしまいました。岡田監督、その時の教訓をが活かしていくと思います。中澤選手の先制点や山瀬選手の2ゴールは、相手のヘバリもあったかもしれませんが、攻撃に対応慣れした後の、オプション的な動きからの得点だったとも思います。岡田監督も山瀬選手の「ゴールへ向かう気持ち」を指摘していましたし、何でもやっていましたね。

 6日はいよいよ本番です。また埼玉スタジアムですね。足を運ぶ環境は良いとは言えませんし、帰りの浦和美園までの混雑を考えると憂鬱になりますが、サッカー専用スタジアムでホームの応援が伝わりやすく、ホームのアドバンテージを発揮できる日本で(ピッチと観客の近さ、収容人員)一番のスタジアムだと思います。ACL準決勝レッズ対城南一和のPK戦時ゴール裏の様なあんなプレッシャーもかけられるスタジアムですし、公式戦は勝利の為に埼玉スタジアムで良しと考えたいと思います。
 ジーコ元監督は公式戦をこの埼玉スタジアムにこだわり、ここでの開催を川淵さんに要求をしたそうです。相手へのプレッシャーをかけるのに最適だとの理由だそうです。さすがに、2006ドイツW杯出場を決めた後の2005年8月のイラン戦は横国でOKを出したそうですが。ブラジルのリーグ戦などのアウェイチームへのプレッシャーは想像を絶するようですから、それが体に染み込んでるのでしょう(セルジオ越後さんも彼の著書でそんなことを書いていますね)。

 この2試合日本代表の光と影を感じましたが、6日のタイ戦では、中村憲剛選手も内田選手も迷わずゴールを目指してくれると思います。すっきりした勝利を期待し、寒中応援を楽しみます。

はじめまして。
Haruと申します。。
6日の試合に行こうと思ってるんですが、一緒に行く人が見つからないんです・・・。。
ゴール裏で応援しようと思ってるんですけど、1人で行くのって有りですか??

よかったらお返事お願いします。

コメント有り難うございます

>Halさん

確かにサッカー専用であることのメリットってあると思いますよ。でもそれは満員になって初めて言えることで、今回みたいにガラガラでは仕方がないと思います。これだったら駒場で満員のほうがまだいいのではないでしょうか。

>Haruさん

サッカーは一人で行くのは別に珍しいことではありません。どんどんゴール裏で応援してください。
クラブチームの場合は毎試合同じ場所で応援すれば顔を覚えてもらえます。そうすれば一人では無くなりますよ。代表では難しいかもしれませんが。

こんにちは、わかさん。Halです。

 ハードを生かすのもソフトしだいですね。レッズあっての埼玉スタジアム。タイ戦、気候もスタジアムもホームのアドバンテージを取るチャンスなのですが、この入りでは。チリ戦、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦の寒さならいざ知らず、昨年6月のキリンカップ、コロンビア戦もバックスタンドはガラガラ、45,081人の入り。何とかしたいと思うも、個人では・・・。
 とにかく応援に行くのみです。
 6日は、予報では雪マークが出てますが、寒さに負けず応援してきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボスニアヘルツェゴビナ戦 | トップページ | セコム 3-10 ワールド »