2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/31

川崎 2-0 千葉

0331


 ここまでチームに悪条件が重なると、正直だめかもしれんな、という気持ちにもなります。こういうときは、その先の展開も大体読めていて「サポ大暴れ」→「監督解任」というのが一般的なルートなのですが、フロンターレサポーターは違いました。「信じている、焦らずに行こう」と、たった一枚の横断幕を張ることにより競技場の空気を変えてしまいました。今日の試合、一番の功労者はこの横断幕だったと思います。「川崎のサポーターは暖かい」、今日ほどそれを感じた試合はなかったと思います。

 ドイツブンデスリーガにレバークーゼンという強豪チームがあります。そのチームが連敗を重ねながらシーズン終盤に入ったのですが、そのときサポーター達は「2部に落ちたっていいじゃないか」と横断幕を出しただそうです。その横断幕を見て選手達はプレッシャーから解放され、以降の試合は勝ちが増えていったというエピソードを思い出しました。プレッシャーをかけるだけがサポーターではないのだなと、今日の試合を観て改めて思いました。まあ必ずしもコレがよい、というばかりではないのでしょうけどね。

 試合で言えば、今日はとにかく勝ってくれればオーケー、内容は問わないと思っていたのですが、全くいい意味で裏切られました。完全なる勝利。ナビスコの敗戦をキッチリと返しました。これ以上文句の付けようもない、良い試合だったと思います。

 今日の試合で誰よりも褒められるのは久木野だと思います。もちろん追加点を取ったからというのもありますが、裏へ裏へと泥臭く走り込む様はもっと褒めても良いと思います。今日の試合はテセにマークが付いたからというのもありますけど、結果を出す以前に貢献するんだという久木野の気持ちが逆に得点のチャンスを生んだと言えますね。高い目線で見れば、千葉の米倉が退場したというのも要因でしょうけれど。

 前回のナビスコでダメダメだった選手がこの試合は逆に光っていたというのは興味深いです。それはディフェンスを安定させた井川でありサイドの森であったり。フォワードだけがフロンターレではないということを見せた試合でした。試合終盤のトラブルは見なかったことにしましょう。

 これで復活したのかというと、まだなんとも言えません。我那覇が、黒津が、テセが、それぞれフィットして初めて強くなれると思っていますので。でもこういう時だからこそ久木野を褒めたいという気持ちもあるのですけどね。難しいです。

次は札幌、京都と続きます。強豪と当たる前に勝ち癖を付けてほしいです。

等々力陸上競技場 観衆:17,658人

2008/03/30

あきれた話

「まるごと10th ANNIVERSARY DAY PART1」開催とやらの話。

企画はまあいいと思う。


【YOKOHAMA FCプチミュージアム】
横浜FCの歴代ユニフォームをはじめ、集合写真を展示。感動した思い出のシーンをもう一度。
○場所:A,B入場口付近

○入場料:100円

○時間:未定

※試合観戦チケット料金とは別に上記、

入場料を頂きます。


心の底からバカじゃないかと思う。

2008/03/23

横浜FC 0-0 鳥栖

0323


 今日は帰りに買い物と家族の見舞いに行くので電車で行きます。運転しないのでビールを買い込んで試合前から飲みました。日当たりのいい日曜日、昨日のツーリングの疲れも相まって前半は半分寝てしまいましたよ。不覚でした。もっとも寝てても寝ていなくても大差ないような試合でしたが。

 試合自体はお互いがノーアイデア状態で、なんの工夫もスペクタルさも無かったなと思います。負ける要素はありませんでしたが、どうやって点を取るのか見えない試合だったと思います。

 たぶんそれがJ2の特徴なのかもしれません。J1もそういうところはありますが、J2の場合、とにかく相手の良さをいかに消すかに重点がおかれるので、攻略の糸口が見えなくなります。横浜FCの場合、得点源のアンデルソンの他に攻め込めるフォワードがいないので、鳥栖から見れば、アンデルソンにマークを付ければそれでオーケーとしているように見えました。横浜FCが攻撃に移ると鳥栖はディフェンスラインを6枚並べます。そのうち3人をボールフォルダー、残りの3人がマンマーク、といった感じで横浜FCにシュートを打たせませんでした。まあ横浜FCもにたようなことをやっていましたけどね。

 結局ストライカーの人材不足がたたっているとこうなるのでしょう。去年の川崎も同じこと言えました。我那覇が不調なら攻撃は心配ない。ジュニーニョを押さえればオーケーというように。難しいですね。

 横浜FCが機能しだしたのは皮肉にもストライカーのアンデルソンをカズに変えてからでした。カズが2列目に入り、御給のワントップにしてからはフォワードへのボール供給量が増えました。この交代直後の連動性を生かして1点取ってしまえばそうとう楽な展開になったと思いますが、この辺が限界でしょうか。

 横浜FCは次は水戸戦です。ここに勝てないと次々節以降から強豪との試合に入りますので苦しくなります。まずは内容を度外視して勝つことがなによりですね。

ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:3,728人

2008/03/21

日本サッカー協会後援会会員証

0321


やっと到着。間に合わなかったらどうしようかと思っていました。これでJFLが無料なのは大きいな。

2008/03/20

川崎 0-2 千葉

0320


 千葉には大変失礼な言い方ですが、あのスタメンを組んであのスタメンに負けたのなら、かなり痛いと思います。中村憲剛がいれば・・という見方もできますけど、それ以前の話ですね。

 去年の組み合わせにしているのにどうして?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、私としてはは去年のネガティブな部分が顔を出しただけだと思っています。昨年のセパハン戦のスコアレスドローやナビスコ決勝のガンバ戦と同じ感じです。

 点を取れない理由は二つ。一つはセットプレーの怖さが全くないこと、もうひとつは中盤の組み立てができないことです。セットプレーで言えば、あれだけコーナーキックをもらっておきながら全く点を取れないというのはどういうことなのか、ゴール前の絶妙な位置でフリーキックを打ってもボールはキーパーの遙か頭上に飛ぶのはどういうことか、そういう武器の無さが致命的になっています。私は山岸よりも三浦淳宏を取った方が良かったのではないかなと思いますが、どうでしょうかね。

 中盤の組み立てで言えば、マギヌンがいなくなったことで緩い中盤がさらに緩くなりました。相手から見れば、怖いフォワード陣の攻撃をしのぎきれば前方にはスペースがたっぷりある。これならカウンターを仕掛けやすいです。中村がいなくなったことで谷口の負担が高くなったのかなと思います。ずいぶん前の話ですが、トルシエが「10人の明神がいれば試合に勝てる」と言っていましたが、それと同じで5人の中村憲剛が必要なのかもしれません。そうしないとどんなに強力なフォワードをそろえても生きない。我那覇がダメだから黒津やテセにしても結果は同じですね。

 個人的には降格するような選手構成ではないので立て直しは充分に可能だと思いますが、今のJリーグは圧倒的な戦力差というのがないので、「このチームなら勝てる」ということが言えなくなってきています。J1だけでなくJ2もそうですね。正直、見通しが暗い状態です。

 逆に言えばどのチームも多かれ少なかれ同じ状態なわけです。辛いでしょうけれど、頑張っていきたいと思います。
最後にひとつだけ。これはサポーターの人たちに。こういう試合で拍手をしてはいけません。それは選手に対する侮辱だと思います。ブーイングをする必要はないし、チームコールをするのは良いことですが、酷い試合でしたから、ここは叱咤激励をするものだと思います。


 等々力陸上競技場 観衆:9,079人

2008/03/18

横浜FC 3-2 湘南

0317a


 国立での試合が終わるとバイクに飛び乗って三ツ沢に向かいます。第三京浜道路をとても人に言えないスピードで突っ走って45分で到着。三ツ沢は第三京浜の出口に直結しているので便利です。バイクでの移動は駅からの距離ではなくて、高速のインターからの距離がポイントになります。あまり理解してもらえないのですが、国立競技場を起点とすると、等々力競技場よりも三ツ沢球技場の方が近いのです。関係ないのですが、埼玉スタジアムは東北自動車道浦和インターに直結しているのでこちらも行きやすいスタジアムです。

 スタジアムに入っていきなり大型のビジョンが目に入ってきました。なにかこう感慨を覚えます。逆光で見にくいのが少しアレですが、贅沢を言うものではありません。むしろ妙にさっぱりしたホームゴール裏のほうが違和感を感じます。でもすっきりしていて良い雰囲気です。最新設備満載の巨大スタだけがスタジアムではないなと思います。

 さて試合の話。

 純粋に面白かったです。なによりも横浜FCが自分達の意志でボールを奪ってゴールを決めるんだという空気が存分に感じられました。比べるのならば去年のJ1よりも一昨年のJ2時代の方がわかりやすいかもしれません。相手にボールを持たせてお見合いのように進めていく一昨年と比べた今日の試合、そう比べると今日の試合の面白さが際だっていました。

 サッカーはボールの蹴り合いだと思います。それがまずあって点の取り合いになるのだと思います。蹴り合いをしないサッカーはサッカーではないと思います。じゃあなんなのだと言われても困りますが。

 横浜FCはPKを2本得ました。正直、湘南には厳しい判定だったと思います。でもそのきわどいプレーをしなければならないほど横浜の攻撃には連動性があったということではないでしょうか。もちろん新外国人のアンデルソンがアタリだったというのもありますけどね。

 チーム体制ががらっと変わってしまうと作り直すのには苦労します。この試合だってそういうところはありました。湘南の2得点はそこにあります。守備の一瞬の気のゆるみがあったのかもしれません。でもその連携不足を言わせないだけの連動性が攻撃にあったと言うことで、この試合をまとめても良いのではないかなと思います。

 実際の評価は夏以降なのかもしれませんけどね。2005年以前は4月の終わりくらいまでは調子が良かったのですよ。横浜FCは。

 次の観戦は鳥栖戦です。

 三ツ沢公園球技場 観衆:6,287人

0317b

2008/03/17

横河武蔵野 2-1 高崎

0316


 「国立競技場を使っていいのはJ1のチームだけ」、っていう暗黙の内規があったと思いますが、ヴェルディがJ2でも使い始めてからなし崩し的になった気がします。まあJFLはJではないので関係ないと言えばそうなのですが。国立で開催するとは思い切ったものです。スタジアムの中では東京オリンピック誘致運動のコマーシャルがそこかしこにあったので、この試合は東京都がバックアップしたのかもしれません。観客は4000人強で、JFLの試合としては良い人数だと思います。

 以前、J2の選手と話をしたことがあったのですが、Jリーグの選手にとっても国立競技場は夢の舞台なんだそうです。J1上位チームのレギュラーなら国立の試合は珍しくもないでしょうが、新卒やユース上がりでJ2のC契約だったら確かに国立のピッチは夢かもしれません。そういう意味では今日の試合は両チームとも気合いが入っていたのは理解できます。特に高崎の選手は、この機会を逃すともう二度とないかもしれませんから。

 内容ですが、高崎のがんばりが試合を面白くしたかなと思います。去年の高崎の成績を見ると、ひょっとしたら草刈り場になるかなと思っていたのですが、良くまとまっていました。特に守備の位置を高く取っているのにちゃんと守れているのは凄かったと思います。横河は最前線に4人も並べているのに点が取れなかったのはもどかしかったでしょうね。

 ただ、その高崎の守備意識も90分もたなかったのが残念でした。点を取ったのは皮肉にも元高崎の小山選手で、高崎にとっては二重に無念だったかもしれません。ここで踏ん張れば良かったのですが追加点を取られた当たりで終わったかなと思います。一点返したのは逆に吹っ切れたからではないかなと思いますがどうでしょう。

 横河的には初の国立開催の面目を果たして嬉しかったと思います。私は試合終了のホイッスルを聞くと同時に競技場を後にしたのですが、入口のところで横河の関係者が小さくガッツポーズをしていたのが印象に残りました。横河にとってはさい先のいいスタートになりました。ここ数年、東京のJFLチームは横河だけなので今ひとつ盛り上がりに欠けてきました。来年は是非町田に昇格してほしいと思います。武蔵野と町田はいずれも西東京なので、適当に仲が悪そうで対戦が楽しみです。

 この後、ダッシュで三ツ沢に移動します。第二試合はJ2第2節、横浜FC対湘南ベルマーレです。

 国立霞ヶ丘競技場 観衆:4,101人

2008/03/10

川崎 1-1 東京V

0309


 引き分けでがっかりでした。人が思うほど一方的な試合にはならないだろうし、逆に個人プレーに走りすぎてバラバラになることもないだろうとは思っていました。ですから1-0のまま終えてくれれば緒戦としては合格点にするつもりでした。PKは不運でしたがその前に決めるべき所を決めなければ今シーズンは辛いなと思います。野球がいい例ですが4番バッターをずらりそろえると調整に苦労するのと同じですね。前線の3人はお互いに意識しあえたようですが、中盤からこの3人にボールを渡すルートが雑すぎました。

 谷口や中村憲剛も苦労していたのかなと思います。ジュニーニョが突っ走ってゴール前に行くとどうしても中盤が空いてしまいます。空いたとしてもちゃんとシュートを決めてくれれば良いのですが、結構あっさり奪われてしまうとピンチになりますね。川島が体を張って防いでくれたから良かったようなモノの、並のキーパーだったら負けていたかもしれません。

 ねらい所はわかります。山岸や森がある程度ボールをキープして前線の3人にパスが渡せれば結構ハマルと思います。事実、森からのクロスは結構中に入っていました。ただ・・・もう少し中に人がほしかったですね。どうしても上がりすぎの面は出ていました。

 まあ引き分けは最悪の結果ではないです。前半は中位チームが相手ですので、ここで立て直してくれればよいです。

---------------------------------------------------------------
 最後に運営について。

 既に等々力で試合を行うことは限界に来ていると思います。私は混雑を見越してA自由席からSA指定席に変更しましたが、それでも入口から席にたどり着くのには難儀していました。等々力競技場はコンコースが異常に狭いため、人があふれます。去年あたりからその兆候があったのですが、今シーズンは満員の試合も結構予想されるので、押し合いへし合いになっていますね。子供連れには危険かなとも思います。もうここまで実績を作れば専用スタジアムを作っても良いのではないかなと感じます。チーム力を考えると2万2千人で満員というのは少なすぎますね。

 等々力陸上競技場 観衆:21,020人(チケット完売)

0309a


2008/03/09

等々力到着

等々力到着
シーズンチケットをアップグレードしたらメインど真ん中指定でした。勝つよ

2008/03/01

鹿島 2-2 広島(PK3-4)

0301


 まあなんというか・・・面白い「モノ」を見ました。ぶっちゃけ、鹿島が勝とうが広島が勝とうがどっちだってかまわないので、別にとやかく言うともりはありませんが、これが川崎なり横浜FCの試合なりでやられたらたまらないなあと思います。もし東アジア選手権、日本対中国の試合で北朝鮮の主審がこれをやったら私はキレているでしょうね。こんなのサッカーじゃないって。まあ、あの試合もサッカーといえるかは結構微妙でしたが。

 なんというかこう・・・彼は一度カードを切ったらそれが基準となって延々と赤や黄色を出し続けるような気がします。それと2枚目のイエローは慎重に出すべきなのに、いとも簡単に出してしまうから試合が壊れてしまうのかなとも思います。今まで何度も書いていますが、プロサッカーというのは有料で見せるショーですから、いかにお客さんを楽しませるか、そのことを重点に置いて試合をしてほしいんですよね。審判も選手もクラブスタッフも。その観点を無視すれば最終的にはお客さんは離れていきます。そこをわかってほしいですね。

 試合ですが、一言で言えば、あきらめないで頑張ってやれば結果が出ることもあるんだな。と感じました。鹿島相手に0-2を追いつくというのは常識的には不可能です。まあそれが・・「外部的な」理由があるにしろ、追いつけたのだからそれ自体は素晴らしかったと言うことにしましょう。サッカーでも野球でもバレーでも、プロでもアマでも試合の行き着く先はあきらめないで勝ちに行くその姿勢だと私は思っていますから。有名選手もいない、2部リーグを見る理由はそこにあります。その延長戦で見れば、タイトルマッチだって観戦する理由は結局はそこなんですよ。

国立霞ヶ丘競技場 観衆:27,245人

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »