2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« あきれた話 | トップページ | 川崎 0-1 京都 »

2008/03/31

川崎 2-0 千葉

0331


 ここまでチームに悪条件が重なると、正直だめかもしれんな、という気持ちにもなります。こういうときは、その先の展開も大体読めていて「サポ大暴れ」→「監督解任」というのが一般的なルートなのですが、フロンターレサポーターは違いました。「信じている、焦らずに行こう」と、たった一枚の横断幕を張ることにより競技場の空気を変えてしまいました。今日の試合、一番の功労者はこの横断幕だったと思います。「川崎のサポーターは暖かい」、今日ほどそれを感じた試合はなかったと思います。

 ドイツブンデスリーガにレバークーゼンという強豪チームがあります。そのチームが連敗を重ねながらシーズン終盤に入ったのですが、そのときサポーター達は「2部に落ちたっていいじゃないか」と横断幕を出しただそうです。その横断幕を見て選手達はプレッシャーから解放され、以降の試合は勝ちが増えていったというエピソードを思い出しました。プレッシャーをかけるだけがサポーターではないのだなと、今日の試合を観て改めて思いました。まあ必ずしもコレがよい、というばかりではないのでしょうけどね。

 試合で言えば、今日はとにかく勝ってくれればオーケー、内容は問わないと思っていたのですが、全くいい意味で裏切られました。完全なる勝利。ナビスコの敗戦をキッチリと返しました。これ以上文句の付けようもない、良い試合だったと思います。

 今日の試合で誰よりも褒められるのは久木野だと思います。もちろん追加点を取ったからというのもありますが、裏へ裏へと泥臭く走り込む様はもっと褒めても良いと思います。今日の試合はテセにマークが付いたからというのもありますけど、結果を出す以前に貢献するんだという久木野の気持ちが逆に得点のチャンスを生んだと言えますね。高い目線で見れば、千葉の米倉が退場したというのも要因でしょうけれど。

 前回のナビスコでダメダメだった選手がこの試合は逆に光っていたというのは興味深いです。それはディフェンスを安定させた井川でありサイドの森であったり。フォワードだけがフロンターレではないということを見せた試合でした。試合終盤のトラブルは見なかったことにしましょう。

 これで復活したのかというと、まだなんとも言えません。我那覇が、黒津が、テセが、それぞれフィットして初めて強くなれると思っていますので。でもこういう時だからこそ久木野を褒めたいという気持ちもあるのですけどね。難しいです。

次は札幌、京都と続きます。強豪と当たる前に勝ち癖を付けてほしいです。

等々力陸上競技場 観衆:17,658人

« あきれた話 | トップページ | 川崎 0-1 京都 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あきれた話 | トップページ | 川崎 0-1 京都 »