2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« ちょっと一服 | トップページ | 等々力到着 »

2008/03/01

鹿島 2-2 広島(PK3-4)

0301


 まあなんというか・・・面白い「モノ」を見ました。ぶっちゃけ、鹿島が勝とうが広島が勝とうがどっちだってかまわないので、別にとやかく言うともりはありませんが、これが川崎なり横浜FCの試合なりでやられたらたまらないなあと思います。もし東アジア選手権、日本対中国の試合で北朝鮮の主審がこれをやったら私はキレているでしょうね。こんなのサッカーじゃないって。まあ、あの試合もサッカーといえるかは結構微妙でしたが。

 なんというかこう・・・彼は一度カードを切ったらそれが基準となって延々と赤や黄色を出し続けるような気がします。それと2枚目のイエローは慎重に出すべきなのに、いとも簡単に出してしまうから試合が壊れてしまうのかなとも思います。今まで何度も書いていますが、プロサッカーというのは有料で見せるショーですから、いかにお客さんを楽しませるか、そのことを重点に置いて試合をしてほしいんですよね。審判も選手もクラブスタッフも。その観点を無視すれば最終的にはお客さんは離れていきます。そこをわかってほしいですね。

 試合ですが、一言で言えば、あきらめないで頑張ってやれば結果が出ることもあるんだな。と感じました。鹿島相手に0-2を追いつくというのは常識的には不可能です。まあそれが・・「外部的な」理由があるにしろ、追いつけたのだからそれ自体は素晴らしかったと言うことにしましょう。サッカーでも野球でもバレーでも、プロでもアマでも試合の行き着く先はあきらめないで勝ちに行くその姿勢だと私は思っていますから。有名選手もいない、2部リーグを見る理由はそこにあります。その延長戦で見れば、タイトルマッチだって観戦する理由は結局はそこなんですよ。

国立霞ヶ丘競技場 観衆:27,245人

« ちょっと一服 | トップページ | 等々力到着 »

コメント

わかさん、こんにちは、Halと申します。

 いつも楽しませていただいています。1ヶ月ぶりの観戦記、楽しみにしていました。

 がんばる、諦めない気持ちは見ていて気持ちが良いですね。佐藤寿人選手を中心にそんな気迫を感じました。終了間際のダニーロに絡んだシーン、イエローもらった守備のシーンなどとても気持ちが良かったです。

 J2落ちが決まってもすぐに広島残留を決め、表彰式後、サポから拡声器を借りての挨拶、引き上げる前には、脱いだユニフォームをサポーターに手渡す姿を見て、この男のチームやサポーターへの想いを感じました。チーム一丸となって戦い、J1へこの男が中心となって導くことでしょう。

 主審の判定には色々ありますが、佐藤選手の同点ヘッドには曖昧な判定が存在しない、文句の無い流れの中でのゴールに気持ちの入りかたをあらわしていたと思います(最後のPKも佐藤選手でしたが)。

チェアマンがJ2が勝つべきでないとの発言ありましたが、それはいくらなんでもと思いつつ・・・

レフリーの件については、やはり全て二回目、二枚目のカードの判断、きり方だと私も感じました。

ああなると、レフリー自身で自分の首を絞めてしまうように、思えてなりません。


だいぶ日が過ぎてしまいました。
この試合で言いたかったのは結果として判定が正しかったかどうかではなく、カードを出す必要があったかどうか、だと思います。アマチュアであれば教育的指導としてイエローやレッドはありかもしれませんが、興業ですので、注意にとどめておくべきだったかと思います。広島は良い試合をしました。見習いたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと一服 | トップページ | 等々力到着 »