2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/21

横浜FC 2-1 福岡

05191


 本当は・・・・・絶好調、向かうところ敵無しのリティ福岡にどこまで横浜FCが立ち向かえるのか、というシチュエーションを期待していました。数節前の展開から今日の試合結果はだいたい読めていましたけれど、正直言って一抹の寂しさを感じます。

 福岡はチームがバラバラで見ていてとても勝てる状態ではありませんでした。ではそのチームを作ったのは誰か?辛い答えですが、リトバルスキーであったとしか言いようがありません。その伏線にあるものまではわかりませんけどね。ただ、辛いなと感じました。少なくとも横浜FCが勝って良かったという気持ちではなかったです。

 福岡の現在のチーム状況はわかりませんので一般論だけで話します。組織は「筋」で動きます。筋が通っている組織は強くなりますし、通っていなければ弱くなり、内紛が起こりやすくなります。昨年、J1昇格を逃した責任を取って辞任すべきはGMだったのか、監督だったのか。大量解雇、大量補強は妥当だったのか、ということを考えると現在のチーム状況はとても筋が通っているとは思えません。であれば・・・やはり今日の福岡の敗戦は仕方がないものだったかなと思います。

 私自身は福岡は別にサポでもアンチでもないのでチームの順位自体は気にはなりませんが、本来の実力とは離れた結果を出していること、その責任はだれにあるのか、ということを考えると辛いものがありますね。リティに対しては、昔も今も、そして今後も応援していきますけれども。

 ニッパツ三ツ沢競技場 観衆:3.953人

2008/05/17

川崎 2-3 大宮

0517


あーつまんねえ。本当面白くない。という試合が年に1回くらいあります。この試合がそうでした。年に1回で済むなら川崎はマシかもしれませんけどね。しっかし、埼玉戦2連敗というのが気にくわない。別にいいけれど・・・

後半、大宮が土岐田を投入した途端、流れが一気に大宮に傾いて、そのまま大宮ペースで試合が進んでしまったのが痛かったと思います。川崎は一端流れが相手側に移ると取り返せない傾向があるのでやばいなと思いました。開幕戦のベルディ戦と同じですね。相手にペースを握られてもあわてないことが大切なんだなと思います。

采配で言うならば、土岐田が良かったというよりは、大宮が後半2枚替えによって2トップ1シャドウの状態になり、シャドウの藤本が自由に動けてしまったのが痛かった。川崎は横山が初先発で、ここを狙われると弱くなるのは仕方がないことでした。

最後のロングシュートは見事という他はないですね。こういう試合もあるとしか言いようがないです。

それと以前から言っていることですが、コーナーキック化やフリーキックからの得点をもっと増やさないと勝ち点を積むのは厳しいと感じています。

等々力陸上競技場 観衆:14,235人

2008/05/11

川崎 0-1 浦和

0510w


 PKはともかく、オフサイドについては厳しいなと思います。もっとも審判の「微妙な判定」についてはどのチームもまんべんなく泣き笑いがあるに決まっていますから、かりにこれが誤審だったとしても私は文句を言うつもりはありませんけどね。ただ、今日のゲームで、川崎はあれ以上点を取るのは難しかったと感じました。浦和というチームは、もともと堅い守備からの押し上げを売りにしているので、そこから2点を取るのは至難の業でした。

 当のオフサイドですが、私は「審判はヘタだなあ・・」と思いました。理由は簡単で、実際にオフサイドかどうかに関係なく、得点を認めるジャッジをすれば川崎も浦和も文句を付けなかったからです。あの場面、ゴール前がかなり混戦していてオフサイドかどうかはかなり微妙でした。もし浦和がオフサイドトラップをかけに行ったのでしたら得点を認めると揉めることになるかもしれませんが、あの判定の場面は川崎も浦和も選手の位置関係はみんな偶然だったと思います。

私はオフサイドの基準はできるだけ緩く取るべきだと思っています。意図的に流せといっているのではなく、微妙ならばプレー続行にしようということです。何故かと言えば、元々オフサイドは待ち伏せを防ぐためにあるもので、守備側が攻撃側を網にかけるものではないからです。オフサイドトラップという戦術は否定しませんし、どんどん使えばよいのですが、微妙ならば流す、確実にオフサイドポジションであったときのみ旗を揚げれば良いかなと。そう思います。

 審判たるもの厳密に取るべきだ、という考えは正しいと思います。しかしJリーグの試合はサッカーという名のショーであり、いかに「うまく試合を進めるか」が審判の技量となります。逆に言えば双方揉めない結果であれば、事実がどうであっても揉めない判定をすれば良いのです。今回は川崎が泣く結果になりましたが立場が逆であっても私は同じ主張をします。

 こういう議論は難しいです。でもスペシャルレフェリーの「スペシャル」というのは何かといえば、絶対的な判定基準のその先にある技術を指すと思います。絶対的は判定を求めるのなら、そんな判定は機械にやらせれば良いのですから。

 とにかく結果が出ました。5戦で4勝1敗というのは、まあ良いのではないでしょうか。あれだけグダグダな序盤からよくぞここまで、という感もあります。もっともそれはどのチームも同じで、柏も千葉も新潟も調子が出てきました。この先もう一波乱も二波乱もあるのでしょうね。良いことだと思います。ヨーロッパの主要リーグのような、優勝争いをするのはトップの2、3チームだけ、なんていう状態よりはずっと良いです。

 等々力陸上競技場 観衆:20,335人(チケット完売)

2008/05/08

盛岡ゼブラ 3-2 ヴァンラーレ八戸

0504a


 試合開始1時間前には盛岡南公園に到着しましたが、スタンドには誰もいませんでした。本当にここでやるのかと不安になりましたが、やがてゼブラの選手達がグラウンドに出てきたので安心しました。それにしてもちょっとのんびりしすぎているかなと思います。もっともそれは関東の人間の時間感覚であって、地方には地方の時間があるのかもしれません。

 今日は盛岡のチームを2試合観戦します。第一試合は盛岡ゼブラ。第二試合はグルージャ盛岡。最近のアマチュアサッカーファンにとってはグルージャのほうが知名度が高いのですが、ゼブラは東北社会人リーグのオリジナルメンバーであって、歴史や伝統という面では比較になりません。現在においても強いチームですが、昨年度入替戦に失敗して東北2部降格の憂き目にあいました。そのため本日は11時試合開始と選手にとっては辛いスケジュールになっています。

 今日の対戦相手はヴァンラーレ八戸。最近はアマチュアチームであってもJリーグのような造語名のチームが増えてきました。悪いことではないのですが、正直覚えにくいですね。八戸FCでも良いような気がしますが。

 八戸のユニフォームはシャツもパンツもソックスも緑。これにオレンジ色のアクセントが入っていて、ジヤトコサッカー部を連想させます。初めて見るチームですが、なにか懐かしくなります。

 さて試合開始。ゼブラは動き出しが堅く、なかなか攻められません。ポゼッションは高いのですが、中途半端な位置でボールを失うので、八戸のカウンターが効いています。なんどかのピンチを迎えて失点。正直、何をやっているのだか、という気持ちになります。

 もっともこれで目が覚めたのか、あとはゼブラのワンサイドゲーム。徐々にボールが連携しだして、同点。そして逆転。3-2でゼブラが勝ちました。元々は1部でも強豪チームでしたので、八戸とは実力差がありました。八戸から見るとよく耐えたのでしょうが、ゼブラの独り相撲の感じが強く残ったゲームでした。

 この試合はゼブラも八戸も、声だしサポーターは一人だけでした。お互いに一人で太鼓を叩き、声を出していました。それ自体はアマチュアサッカー界では良く見る風景で、別にかまわないのですが、試合終了後、ゼブラの選手が彼の元に挨拶に行かず、そのままロッカーに引き上げていったのを見て、印象が悪くなりました。

 ひょっとしたら、彼はチームの中ではそれなりに認知されているのかもしれません。しかし、彼自身は90分間声を出し続けていたわけで、そう考えれば選手はちゃんと挨拶をしろよと思います。アマチュアサッカーの世界ではそういう所にどうしても目がいきます。考え過ぎかもしれませんけどね。

 試合開始前にゼブラサポーターが手製のマッチデーを配っていました。私も一部頂いて、読んでみると、在籍選手の中に懐かしい名前を見つけました。根子達也選手。1999年、横浜FCに在籍した選手で、当時は準レギュラーでした。まだ現役だったことを嬉しく思います。今日は出ていないので怪我をしているのかなと思って聞いてみると、今日は少年サッカーのコーチとのこと。仕方ないのかな。

 第一試合が終わったので芝生席に移動して、少し寝ます。天気は快晴。あっという間に寝てしまい、気がつくと第二試合のための選手入場が始まっていました。

 盛岡南公園球技場 観衆:100人(公式発表)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »