2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 盛岡ゼブラ 3-2 ヴァンラーレ八戸 | トップページ | 川崎 2-3 大宮 »

2008/05/11

川崎 0-1 浦和

0510w


 PKはともかく、オフサイドについては厳しいなと思います。もっとも審判の「微妙な判定」についてはどのチームもまんべんなく泣き笑いがあるに決まっていますから、かりにこれが誤審だったとしても私は文句を言うつもりはありませんけどね。ただ、今日のゲームで、川崎はあれ以上点を取るのは難しかったと感じました。浦和というチームは、もともと堅い守備からの押し上げを売りにしているので、そこから2点を取るのは至難の業でした。

 当のオフサイドですが、私は「審判はヘタだなあ・・」と思いました。理由は簡単で、実際にオフサイドかどうかに関係なく、得点を認めるジャッジをすれば川崎も浦和も文句を付けなかったからです。あの場面、ゴール前がかなり混戦していてオフサイドかどうかはかなり微妙でした。もし浦和がオフサイドトラップをかけに行ったのでしたら得点を認めると揉めることになるかもしれませんが、あの判定の場面は川崎も浦和も選手の位置関係はみんな偶然だったと思います。

私はオフサイドの基準はできるだけ緩く取るべきだと思っています。意図的に流せといっているのではなく、微妙ならばプレー続行にしようということです。何故かと言えば、元々オフサイドは待ち伏せを防ぐためにあるもので、守備側が攻撃側を網にかけるものではないからです。オフサイドトラップという戦術は否定しませんし、どんどん使えばよいのですが、微妙ならば流す、確実にオフサイドポジションであったときのみ旗を揚げれば良いかなと。そう思います。

 審判たるもの厳密に取るべきだ、という考えは正しいと思います。しかしJリーグの試合はサッカーという名のショーであり、いかに「うまく試合を進めるか」が審判の技量となります。逆に言えば双方揉めない結果であれば、事実がどうであっても揉めない判定をすれば良いのです。今回は川崎が泣く結果になりましたが立場が逆であっても私は同じ主張をします。

 こういう議論は難しいです。でもスペシャルレフェリーの「スペシャル」というのは何かといえば、絶対的な判定基準のその先にある技術を指すと思います。絶対的は判定を求めるのなら、そんな判定は機械にやらせれば良いのですから。

 とにかく結果が出ました。5戦で4勝1敗というのは、まあ良いのではないでしょうか。あれだけグダグダな序盤からよくぞここまで、という感もあります。もっともそれはどのチームも同じで、柏も千葉も新潟も調子が出てきました。この先もう一波乱も二波乱もあるのでしょうね。良いことだと思います。ヨーロッパの主要リーグのような、優勝争いをするのはトップの2、3チームだけ、なんていう状態よりはずっと良いです。

 等々力陸上競技場 観衆:20,335人(チケット完売)

« 盛岡ゼブラ 3-2 ヴァンラーレ八戸 | トップページ | 川崎 2-3 大宮 »

コメント

オフサイドに関するご意見、全く同感です。疑わしきは罰せず、それが基本理念であるべきでしょう。旗を掲げた線審の自信に満ちた表情からは、問題がルールの運用方法なのか、それとも単に下手なだけなのか、わかりませんでした。どちらにしても、観る側にとっては興醒めです。

すばらしい。
「オフサイドは待ち伏せを防ぐためにあるもの」とは
同感です。

あの副審に五百回くらいいいたいです。あと主審、マッチコミッショナー、Jリーグ幹部にも。

オフサイドじゃないことは川崎の選手も(私を含む)観客も、ましてや浦和の選手も分かっていたことでしょう。

あれは、普通取らない。
取ることにより試合の流れがねじ曲がる。
審判の存在感があらわになる。
そしてその瞬間に駄試合になってしまう・・・
せっかくの前半にみせた両者の激しい中盤の攻防が悲しすぎる。

>旗を掲げた線審の自信に満ちた表情

確かにテレビのスポーツニュースでは、そんな表情に見えました。
けどあの場面、2階ゴール裏で見ていた私の視線で、見えた順にたどると、

ゴールイン⇒副審、旗揚げず⇒GK都築、オフサイドアピール
⇒副審、旗を揚げる⇒都築、それを見て拍手⇒谷口・テセが副審に詰め寄る

都築のアピールで旗を揚げたわけではない(まさか)でしょうけど、私の目線順だとそんな感じだったので、
余計印象悪かったです。

私はゴールの瞬間、反射的に副審を見ます。「ぬか喜び」したくないからです。
今回間違いなく副審は、最初は旗を揚げていませんでした。
なので最初、私は思いっきりタオマフ廻しました。そしてまんまと「ぬか喜び」させられてしまった(>_<)

副審は明らかに、一瞬ではあるが迷っていたと思います。わかさんが「微妙ならば続行」と書いていますが、まさにその通り、オフサイドに自信がないなら旗を揚げない、もし判定に自信があるならサッと旗を揚げて欲しかったです。

その後の「自信に満ちた表情」は、審判なら必要な要素だと思います。が、その前の行動が全く伴っていなかったので、あの表情をテレビで見て、陳腐に思えてなりませんでした。

長文失礼しました。「通りすがり」ですが、頻繁に通りすがってます。いつも読み応えある観戦記、とても楽しみです。


微妙な場合は流せっていうのはおかしいんじゃないですか?ディフェンスの選手の気持ちも考えてください。

↑じゃあオフェンスの選手の気持ちは?
オフサイドかどうか微妙で、確信が持てなければ流せって言うのは至極当然だと思うのですが。
疑わしきは罰せず

あの判定が誤審かどうかは別として、判定基準に主観的な要素が入り込むと恣意的なジャッジをする事が可能になってしまうから、あくまでもジャッジは客観的にするべきだと思うな。

ジャッジはディフェンスの気持ちを考えてするものでもなく
オフェンスの気持ちを考えでするものでもない。

サッカーのジャッジにも『疑わしきは罰せず』が当てはまるのであれば
当然、微妙な時は流すべきでしょう。

ジャッジは人がやるから、アバウトなのです。

厳密に言えばユニフォームを掴む(引っ張る)事は反則ですが、それを一々反則を取っていたら試合が進みませんし、観ていても面白くありません。

審判と言えば家本さんですが、彼は真面目な性格の様でルールに忠実な為批判を浴びるのでしょう。

みなさまコメント有り難うございます。

私が言いたいのは「誤審」さんの言うとおりで、アバウトな範囲でうまく進めてほしかったということです。
恣意的という点については、川崎も浦和も同じ基準でジャッジすれば良いのです。逆に言うと当日のジャッジの基準を読むのは選手の能力に負うことになります。

試合を止めると興醒めなシーンはたくさんありますね。ユニフォームを引っ張るのもそうですし、ファウルスローなんかもそうです。今年、私はメインスタンド最前列で観戦していますが、選手はスローインをするとき、結構いい加減に放り投げていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盛岡ゼブラ 3-2 ヴァンラーレ八戸 | トップページ | 川崎 2-3 大宮 »