2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/26

ビザ取得完了

0825


さて、ひとりで盛り上がってきました。無事に帰ってこれるでしょうか。

2008/08/23

ホンダ CB72

0824


ホンダCB72というオートバイです。40年ほど前のバイクです。親戚の家で乗せて貰いました。車体の大半がカスタムパーツに変更されているので一見別のバイクに見えるのですが、良く見るとまぎれもない72です。ありがたいことに試乗させて貰いました。ノーマルは250CCですが、300CCにボアアップされています。予想外と言っては失礼ですが、意外に普通に走れました。セル/キック併用ですが、キックでも容易に始動できます。乗ってみるとバンク角が非常に深く、いくらでも倒せそうです。

サッカー関係の人には興味のない話で恐縮ですが、少し説明します。ホンダは元々C72というバイクを作っていたのですが、本田宗一郎がマン島TTレースを勝つためにこのバイクを徹底的に改造し、発売したのがこのCB72です。つまりホンダで「CB」とつくバイクはすべてこのCB72の子孫ということになります。

私のバイク、CBR1100XXも当然このCB72の系譜です。性能は比較になりませんが、並列エンジンに系統を感じさせます。(ホンダのV型エンジンはCBの名がつきません)。雨のため、それほど長く走れませんでした。また乗ってみたい、そうかんじさせるバイクです。

2008/08/20

きな臭い国へ

11月にカタールに行く予定だったのですが、諸々の事情で11月のカタール遠征は不可と相成りました。
やむを得ず日程を前倒しして予約完了。燃料サーチャージの上昇はとどまるところを知らず、9月発券分からまた値上げするため8月中にすべての予約を完了させました。

 キャセイパシフィック航空 CX505便
 2008年10月04日 18時30分 東京:成田 出発
 2008年10月04日 22時10分 香港 到着

 キャセイパシフィック航空 CX745便
 2008年10月04日 23時55分 香港 出発
 2008年10月05日 04時25分 UAE/ドバイ 到着

 アラビア航空 G9335便
2008年10月05日 12時50分 UAE/シャルージャ出発
2008年10月05日 14時45分 ヨルダン/アンマン 到着

   ~~~~ いろいろ ~~~

 アラビア航空 G9336便
2008年10月12日 15時30分 ヨルダン/アンマン 出発
2008年10月12日 19時20分 UAE/シャルージャ 到着 宿泊

 キャセイパシフィック航空 CX746便
 2008年10月13日 18時20分 UAE/ドバイ 出発
 2008年10月14日 06時10分 香港 到着

 キャセイパシフィック航空 CX504便
 2008年10月14日 09時10分 香港 出発
 2008年10月14日 14時35分 東京:成田 到着


乗り継ぎ大杉!!

2008/08/18

川崎 2-2 磐田

0817


 我那覇の件はとりあえずおいておきます。再開後の川崎の試合を観て思ったのは、高畠監督って結構オリジナリティを出そうとしているんだな、と感じたことでした。関塚監督の急病の後を受け継いだことからこのまま関塚路線のコピーをするんじゃないかなと思っていたのですが、考えていますね。今ある戦力でチームを最大化させるにはどうしたらよいのか、そういう苦闘の後が見え隠れします。

 このオリジナリティが恩恵を受けたのが黒津のスタメンでした。京都戦、磐田戦の彼を見ると、ボールを受けてタメを作り、パスを出します。スリートップにおける自分の役割をよくわかっているなと思います。前半終了前の彼はジュニーニョ、テセ、我那覇に次ぐ4番手だったのですが、自分の生きる道を見いだしました。川崎よりで見ている分には嬉しいことなのでしょうが、レナチーニョの加入でどうなってしまうのかなと思います。

 今の川崎は、スタメン競争自体は非常に健全に行われていて、監督の采配に不満はないです。正直に言えば、失点癖を何とかしてほしいし、今の磐田・京都の順位を考えればきちんと余裕を持って勝ってほしかったのですが、今のJ1のチーム状況はどこも似たり寄ったりなので、負けなかっただけでもヨシとしなければいけないのかもしれません。試合終了のホイッスルを聞いたときは妙にほっとした気持ちを思えました。去年のこの展開では負けていましたから進歩したのかなと思います。本当は・・今日勝てたら下位チームとの間に差が開いて、上位チームが絞り込んでこれたなとおもうのですが、まだ食いついています。浦和・ガンバ・名古屋はナビスコ・ACLがあるのでまだチャンスはあります。

 今日の試合は1万4千人と、少し寂しさを覚えましたが、バックスタンドの熱気度・殺気度はいつもより上回っていたと思います。雨でも来るコアサポーターが増えてきているということではないでしょうか。次の千葉戦も期待します。

等々力陸上競技場 観衆:14,715人

 

2008/08/11

京都 1-2 川崎

0809


黒津2得点。良くやった、と心から言いたいのですが、チームとしてはどうなんだろうと思います。得点能力のあるフォワードが余っている状態で、さらに外国人フォワードを入れる必要性が皆目見当つかないのですが、当の本人はどうなんだろうと思います。少なくとも競争歓迎ではないと思うのですが。

 今日の遠征メンバーは鄭大世、ジュニーニョ、我那覇、黒津、久木野、レナチーニョと在籍メンバーそろい踏みでした。その意図があまりにも明白すぎて見ていて辛かったのですが、一般的には良いことなのかもしれません。

 試合ですが、概ねうまく回っていたと思います。京都の気負いすぎが目に付き、そこにつけ込む隙がでていました。前回、ホームでの対戦で柳沢にしてやられたので、彼にマークを付け、あとはフェルナンジーニョに気をつければ良かったと思えた試合でした。そしてロングレンジからのセットプレーに弱く、そこで失点してしまうのは相変わらず治っていません。現状、フロンターレは残留争いから一歩抜け出して優勝争いに飛び込もうかというチームだと思いますので、このロングシュートの失点を防ぎ、なおかつフリーキックからの得点を生んでいかないと、この先は勝てないでしょう。もう仕方がないで済ませるときではないと思います。

 それにしても良く入った試合でした。西京極は数年前に横浜FC戦で観戦しましたが、あのときの京都ゴール裏はほんの一部でした。今日はほぼ満員。バックもアウェイエリアも入っていました。メインスタンドがガラガラで、ここを埋めれば1万5千人越えをキープできるかなと思います。資金はあるチームですから勝っていけば、そして専用スタジアムができれば未来の明るいチームだと思います。

 なんだかんだ言って勝って良かったです。前期はいろいろありましたが、後期は盛り返していきたいですね。

 西京極陸上競技場 観衆:11,762名

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »