2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/19

清水 2-0 川崎

1018


 全く・・・・新潟といい、清水といい、勝てないスタジアムで全く勝てないというのはどういうことなのか、と嘆きたくなります。ホームできちんと勝っているし、戦力を見比べても全く見劣りしないので、何かがあるのでしょうね。両スタジアムとも「ほぼ」満員でしたけど、アウェイの怖さを感じるほどのものはありませんでした。インドネシアやイランのアウェイを経験した選手ならばそれほど意識するほどのことはないはずですけどね。ただ、敗戦の原因をメンタリティに持って行くのであれば、馬鹿としか言いようがないです。メンタリティだって実力の一つで、これを言い訳にしているようじゃタイトルは無理です。

 冷静に敗戦の原因を見るのであれば、結局はフォワードになります。我那覇にはスタメンのチャンスを生かしてほしかった、それが本当に残念です。試合感とかあると思いますが、テセが実績を残しているだけに、本当に残念でした。ジュニーニョもそうですが、フォワードにボールが渡ったところでロストするのでカウンターを食らいやすかった印象があります。これは川崎のフォワードの問題なのか、清水のディフェンスがブロックを作って攻撃を押さえたことに成功したのか、その辺はわかりませんが、ペナルティエリア直前でボールを奪われるシーンが目立ちました。

 この試合、勝てれば本当にタイトルの尻尾を捕まえることができたので、本当に痛い敗戦です。しかし、勝ち点計算をすれば決して優勝争いをするような点数ではありません。今年優勝争いに加わっていられるのは川崎を含めた上位チームがそれぞれこけているからで、川崎が本当に強くなったわけではないと思います。試合自体は充分に面白いと思いますので、今後もこの路線で行ってほしいのですが、細かく見れば迷いがありますね。3バックに戻したりするのがその例ですが。

 正直、川崎にはなんとかタイトルを取らせてあげたいと思います。辛いと思いますが頑張ってほしいです。

 日本平スタジアム 観衆:18,716人

2008/10/04

柏 2-5 川崎

1002_2


 大勝よりも勝ったことを喜びたいです。前回の引き分けで首の皮1枚になったところが今日の勝利で首の皮5枚になりました。次の大分戦に勝てば首は全部つながりますよ。頑張れ。残り試合が少なくなった現在、内容なんてどうだっていいです。勝てばいいのです。上位チームがつぶし合ってプレッシャーにつぶれてくれれば目はでます。そんなに悪いポジションではないと思います。来年のACLへ遠征に行かせてください。あの腹がキリキリ痛む苦痛と勝利の快感は人生でそう経験できるものではないです。

 試合は勝ったとはいえ、かなりおおざっぱな内容で、まあ何というか、雑味たっぷりの発泡酒を飲んでいる感じでした。飲んでうまいかというと・・・。うーーん。横浜FCを良く知る自分としては複雑な気持ちですが、柏の敗戦は菅野の失態にあったと思います。全体的にポジショニングが悪すぎました。最後の5点目は去年も時折見せる飛び出しミスによるものです。たまたまの失点ではなくて、キーパーとして致命的な弱点だと思います。まだ若いのですからこの先の上達は充分に期待できますが。

 試合は開始20秒のテセのゴールが決定点となりました。あれで柏は試合のプランが崩れたと思います。今の川崎に勝つには絶対に先制点を与えてはいけない、というのがどのチームの約束事だと思いますが、20秒で失点すると辛いでしょうね。その後も憲剛のフリーキックなど、試合の流れ以外のところで点が入ったことが大きかったですね。川崎の弱点はフリーキック、コーナーキックが決まらないことです。この試合で決まったので、次回以降も決めてほしい。特に大分戦では流れの中で得点するのは困難なので、フリーキック、コーナーキックは貴重なのですよ。


逆に守備では菅沼一人に振り回されるなど、脆さが出ました。2失点をどう見るか、難しいと思います。FC東京戦とマリノス戦ではコーナーキックからの失点だけでしたので、トータルで見れば進歩しているのかしていないのか、この辺の判断は難しいです。

ただ、試合に勝ったこと、これ自体はもう何よりも代え難い貴重なものです。内容の良い負けよりも内容の悪い勝ちの方が何万倍も良いのです。残り7試合、かじりついてでも勝ってほしい、そう思います。

 次の大分戦、私は行けません。成田空港の中で結果を知ることになります。期待しています。


 国立霞ヶ丘競技場 観衆:24,139人

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »