2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/30

横浜FM 0-1 G大阪

1230


 執念の勝利、としか言いようがないなと思います。試合前は、あのマンチェスターユナイテッド戦の攻めまくる展開を期待していたのですが、遠藤を筆頭としてあまりにも動きが悪く、うーーんという気持ちで観戦していました。前半の播戸のシュートがゴールポストを叩きましたが、あれが入っていれば展開は違ってきたかもしれません。

 満身創痍なのはマリノスも同じで、怪我をしている山瀬を途中交代とはいえ引っ張り出してくるあたり、苦しさを感じさせます。12月の下旬になってまでピンピンしている訳はないのですからある意味当然ですが、見ている自分をどうやって納得させるか、この辺が難しかったですね。

 延長後半の最後の方まで来ると私はPK戦を覚悟していました。おそらく両チームの選手もそう考えただろうなあと思います。我慢比べの隙を突く形で山崎が決めました。マリノスに対しては恩返し弾になりますが、山崎って膠着すると点を取るイメージがあります。ACLもそうでしたね。そういう隙を突くのがうまい選手なのかもしれません。

 決勝はガンバ対柏です。柏には菅野がいます。ついに彼が天皇杯の決勝まで登ってきました。凄いことだと思います。


 国立霞ヶ丘競技場 観衆:19,843人

2008/12/07

東京V 0-2 川崎

1206


 一応、優勝の可能性はそれなりにあったのですが、それはもうどうでもよいと思っていました。選手が抜けたり監督が交代したりしながらも最終戦まで優勝争いができたこと、そしてACL出場権を自力でとるチャンスがあったことを嬉しく思います。といいつつも試合中は携帯電話で他会場の速報をリロードしていましたが。

 2-0で勝ったわけですが、試合は川崎が自分自身で難しいものにしてしまいました。試合開始40秒でのシュートが決まっていれば楽に大量得点が取れたと思います。しかしこれはプレッシャーでしょう。試合の入り方が「勝つこと」ではなくて「大量得点で勝つこと」にしたこともあったと思います。ジュニーニョがPKを外しましたが、相当の緊張感はあったと思います。思いっきり地面を蹴り上げましたね。

 ヴェルディは残留を争っているのでかなりガツガツに来るだろうなと思っていたのですが、殆ど防戦一方に回っていて、怖さがありませんでした。ヴェルディもフッキその他でいろいろありましたので、他人事とは思えないのですが、まあ仕方がないかなと。ちなみに福西の退場ですが、あれは自業自得でしょう。そういうプレーを隠れてやっていれば、グレーなプレーはクロと判断されるのは当然です。土肥の時間稼ぎもよくわかりませんでした。負けているのですから素早くフィードしなければならないのに何をやっているのかと。

 川崎は来年ACLがあります。昨年は悔しい思いをしましたので、是非タイトルを取ってほしいですね。

 味の素スタジアム 観衆:24,060人

 

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »