2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜F・マリノス 1-1 川崎 | トップページ | 試合再開 »

2009/09/13

鹿島 (試合中止) 川崎

0912


 雨天のため試合中止。腹が立って腹が立って収まりがつきません。こんなむちゃくちゃなことってあるのかと思います。むかつくことがいろいろありすぎて何から話せばよいのかわからないくらい腹が立っています。

 最初に試合に関係のないところから。私は試合が中断になり、帰りの最終バスの時刻を考えてギリギリの時刻でスタジアムを後にしました。東京駅行きのバスには比較的早く乗ることが出来、その後は携帯電話の速報で経過を確認していました。発車後、しばらくして運転手に試合中止の連絡が入りました。運転手がそのことを報告すると、車内は大歓声に包まれました。「ラッキー!!」「助かったぜ!」・・・・・・まあ気持ちはわからなくはないのですが、川崎サポーターも乗っているであろうその車内でそういうのかと。そして、本当にラッキーなのかと。それが連覇しているチームのサポーターなのかと。

 これが逆の立場だったら私はとても喜べないと思います。仮に0-0の再試合になってそれに勝利したとしても絶対にケチがつきますし、自分自身喜ぶことは出来ないと思います。全力で試合をしてそれで負ければそれまでなのです。3-1で残り15分の再試合になったって、連戦で疲労を重ねている川崎の方が不利なわけで、やはりそれで鹿島が逆転しても鹿島サポーターとしては喜べません。試合展開は明らかに鹿島の負けで、サポーターはそれを受け入れるしかないでしょう。受け入れられないのなら「ラッキー」なんていうもんじゃないと思います。

 次に中止の決断について。

 私はあの程度の雨で中止になるということがとても信じられません。私はこれより酷い雨の試合を何度も観ています。(例えば台風のさなかにやった平塚競技場での湘南-横浜FC戦など)。2001年のコンフェデレーションズカップ、日本-オーストラリア戦は大豪雨の中で開催されました。ピッチコンディション不良という面でも、特に問題があったとは思いません。雪の中でサッカーの試合をすればボールは転がらず同じ事になります。私は雪の中での試合を何度も観ています。西が丘で行われた全日本女子選手権準決勝や川越で行われた地域リーグ決勝大会が良い例です。これらの試合でもボールは全く動きませんでしたが試合は普通に行われました。

 この試合は川崎の選手も鹿島の選手も試合の続行を要望していたそうです。であればなぜ続けられなかったのでしょうか。双方合意の上ならば不幸にして怪我が起きてもそれはやむを得ない事ではないのでしょうか。観客の帰りの交通機関の心配があると言っていたようですが、それは観客の問題でしょう。最後まで観戦して終電を逃したってそれは観客の責任でJリーグの責任ではありません。帰りの電車がない、と判断すれば鹿島近辺で泊ればよいだけです。翌日は日曜日なのですから何も問題はありません。

 次にスタジアムについて。

 去年の芝生劣化もそうですが、グランドコンディションの維持をどう考えているのでしょうか。地域リーグで使うような市営グラウンドクラスならわかりますが、いやしくもワールドカップスタジアムです。20分程度の集中豪雨で水が浮くというのは酷くないですか?等々力も三ツ沢も日産スタジアムも、排水には非常に気を使っています。普段、どういう整備をしているのでしょうか。かなりお粗末な管理だと感じます。ちなみにカシマサッカースタジアムの指定管理者は鹿島アントラーズです。

 再試合の決定は15日のJリーグ理事会で決められるそうです。まともな決定を期待したいのですが、Jリーグの決定は、我那覇事件からベストメンバー規定に至るまで、失望しつづけていますので、期待できません。それでもわずかな望みをつなげたいと思います。

 カシマサッカースタジアム 観衆:22,323人(試合不成立)

« 横浜F・マリノス 1-1 川崎 | トップページ | 試合再開 »

コメント

審判の判断は明らかに変というか許せないですね!
長良川は雨の試合のときは常に水溜まりがありますからね!
そのせいで、C大阪はFC岐阜に逆転負けしましたからね。

地域決勝@川越は現地にいました。
ウエザーニュースで見ていても、大雨注意報も出せない基準ですし。(当時の鹿嶋市は時間26.5ミリ、大雨注意報の基準は時間30ミリ)
甲府-柏の入れ替え戦@小瀬で停電中断になっても、帰宅難民覚悟で柏サポータも残ったことを考えると、交通機関云々も理由にするとしても弱いし。

落としどころが気になりますが、僕も理事会の判断は期待していません。まあ、某協会のトップが恫喝するぐらいですから。

最後までスタジアムに居ましたが、社長が説明して解散でした。帰り道、もう雨は上がってました。
再試合なんてどう考えてもばからしいです。また、あんな田舎まで行くのかと。しかも、冬も近づく平日夜にです。
ゲリラ雨が増え、ピッチによってはあーなるグラウンドもあるでしょう。コールドゲームの前例を作るべきだと思います。

貴方は大人ぶってあたかも正論を言っているように書いていますが、ただ鹿島が嫌いでその怒りをピッチにむけているように思われます。

ピッチコンディションは劣悪ではないし、いたって標準レベルのピッチだと思います。

鹿島側の管理不足を指摘しるのはお門違いではないでしょうか。

あまり怒り過ぎると視野が狭くなると思います。

こんばんは。いつも拝見させて頂いてますが、今回初めてコメントを書かせて頂きます。

正直なところ、サポそれぞれの考え方は千差万別ですから、一部の鹿島サポが「ラッキー」と喜ぶのも仕方の無い事かと思います。TPOを弁えろ、という意味でなら管理人様と同意見になりますが(笑)。
ただ、今回の「試合途中からの再試合」というのは、これまでの経緯を考えたら画期的なものだと思います。確かに、川崎サポの心情からすれば「あそこで試合成立」としたいでしょうけど、鹿島サポの中には「あそこから逆転できる」と本気で考えた者もいるかもしれないことを考えれば、川崎が再度の移動を強いられるというのを考慮しても「最も公平に近い裁定」だったと思います。

まあ、横浜FCサポの一人である私としては、試合途中から再試合が出来るという意味で、とても羨ましく思ったりしたものです(笑)。なんで、以前から欧州とかサッカー先進国の例に倣って、このような措置を取らないのかな?と。
勿論、チケットの問題とか様々な課題はあるでしょうけど、今後Jリーグや日本サッカー協会などが一体となって、真剣に今回の事例の検証をすべきものでしょう。それを解決しない限り、いまだ某会長周辺で燻っている「秋春制」の問題さえも解決できないものだとも思ってます。

以上、雑文失礼いたしました。

残り10数分から再開で最初から全開で試合なんて怪我しそうで怖いね。

土曜日鹿スタにいた鹿サポです。

まあ中断に喜ぶのは恥ずかしいけど、ライトサポなんてあんなもんですよ。立場が逆なら川崎サポも同じように喜んでたでしょう。日本のサッカー文化なんてせいぜいこんなレベルかと。


いろんなところにコピペされてるので見たことがあると思いますが、試合中の降水量はこんな感じだったそうです。

時間 降水量(mm)
19:00   0.0
19:10   0.0
19:20   0.0
19:30   0.0
19:40   0.0
19:50   0.0
20:00   1.5
20:10   2.5
20:20   3.5
20:30   9.0  ←
20:40   4.0
20:50   3.5
21:00   4.0
21:10   4.5
21:20   2.0
21:30   1.0
21:40   1.5
21:50   0.0

中断直前での10分間で9mmというのは、1時間あたりで集中豪雨の目安になる50mmを超えているそうです。
結局午後8時から1時間で26mm、その後も1時間で9mm降ったそうです。

スタジアムの整備どころか設計レベルではどうにもならないレベルの雨量だと思いますが、等々力はこれだけの雨量を問題なく排水できるレベルなんですかね?
今年等々力で大雨の試合でピッチが問題なかった、って自慢しているようですが、降水量はこの1/5だったそうで。

ジャスティスを擁護したくはないけど(笑)、この数値を見る限りでは、中断は間違いとは言い切れないのかもしれません。


このブログは面白いんで時々拝見させてもらってるんですが、なんかすぐに相手を非難して自己満足に浸って悦に入るのは、ちょっと周囲が見えなさすぎかと。
川崎サポって全般的にそういう連中が多いな、と思うことがありますね。成長過程のクラブってどこもこういう連中が多いなあ、と思ったりして。まあクラブごとに特色があって面白いんですが。


再試合も考えうる最高の形になったので、3週間後は15分プラスαのために行ってきますよ。

中断で喜ぶのはカッコ悪いとも思いますが、贔屓チームに有利、又はそうなるかもしれない事が起こったら、反射的に喜んでしまうのがサポの性だと私は考えます。

2006年の33節の事を覚えているでしょうか。
ttp://cweb.canon.jp/cpc/info/photosession/master/07/img/photo09-04.jpg
吉原のお咎め無しに安堵しませんでしたか?
田代の退場判定に歓声を上げなかったと言い切れますか?
試合にはロスタイムのゴールで勝利を挙げて引退する選手たちを良い形で送り出し、最終順位は勝ち点1の差でガンバを抑えてACL出場権を獲得。

「これが逆の立場だったら私はとても喜べないと思います。」

冷静になって考えてみてください。
あなたが腹を立てるのは至極尤もだと思いますが、自分はあんな奴らとは違う、と簡単に切り捨てられはしないのではないでしょうか。

本館のサイトを見れば、あなたがどれほどサッカーを、フロンターレを好きかはよく判ります。
であればこそ、バス内で歓声を挙げた人たちの心理も少しは判って頂けるのではないかと・・・。

わかさん
初めまして。
いつも日記を楽しく拝見しております。

色々批判のコメントが出ておりますが、川崎ファンのわかさんの日記なので、多少川崎贔屓の私情が入り交じった内容になるのは当然の事だと思います。
私も現地におりましたが、鹿島スタジアムで鹿島に勝利すると言うのは、我々アウェイチームの選手やサポーターにとっては並々ならぬ想いがありますよね。
それがあんな不明瞭な判断で中断させられては、思わず感情的な文章になってしまうのも頷けます。
批判している方々には、くれぐれもその事だけは理解して頂きたいです。

それと、川崎サポは「すぐに相手を非難して自己満足に浸って悦に入る」人間が全般的に多いと発言している方がいますが、それはどこで得た統計ですか?
そしてそれは個人の日記コメントに書く事ですか?

土足で他人の家に上がり込んで好き勝手に振る舞う行為は見ていて非常に不愉快です。

ピッチに関して、わかさんに同意です。
雨量がどうであれ、中央部に水が溜まるピッチなんて、メンテナンスの怠慢としか思えません。

みなさんコメントありがとうございます。

別エントリーを起しました。ご覧いただければうれしく思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜F・マリノス 1-1 川崎 | トップページ | 試合再開 »