2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/29

川崎 1-0 新潟

1128


 勝てば良し、としか言いようがない試合でした。攻めてこない新潟の戦術に非常にイライラ感が募っていましたが、早く決めて早く終わりにすることができない川崎の決定力の無さにも同じ気持ちがありました。鹿島がガンバ相手に5-1で勝ち、川崎が新潟に1-0で勝つ。あるいは大分に0-1で負ける。この差が鹿島と川崎の力の差なのだなあ、そう感じました。

 もちろんこの時期になれば試合の重圧はとてつもなく重いわけで、その中で勝つことを信じて応援していったサポーターや選手は凄いと思います。けれど、その重圧の中を戦う凄さを評価して良いのは何年も前の話ではないのかと思います。あれから何度も、今年に入ってから何回も、こういう状況の中で試合をするのならば、そろそろ王様ゲームをしてほしい、そう思います。

 優勝争いから話が変わりますが、新潟の戦い方はあまりにも引きすぎではないかと感じました。リーグ最少失点チームの秘密はここにあるんだよ、という声が聞こえてきそうですが、こういう戦い方が観客の減少につながっているのではないかと思います。客観的目線でこの戦い方を見続けるのはかなり無理があります。マルシオが出ていればもっと中盤からフォワードにかけての連動性が生きていたのかもしれませんが、この試合で目立ったのが千代反田とチョ・ヨンチョルだけ。それはあまりにもどうなのか、もっとラインを押し上げられないのか、大分は出来たじゃないか、そう感じながら見ていました。

 だから川崎には早い時間帯で1点取ってほしかったと思います。ナビスコの決勝も、前節の大分戦も、この試合もそうなのですが、押し込むだけの絶好のタイミングがあったのに決められない。バーを叩いたり、ポストをギリギリで外したり。そういうケースが多すぎました。臆病な新潟の戦術と、過度の気負いが走っている川崎。これがなんとも言えない、数年前のJ2を思わせる試合にしてしまったのだと思います。

 繰り返して言いますけど、川崎の選手が感じる重圧や意気込みは想像を絶すると思います。でも、これだけ2位をとり続けていたのならば、もう重圧を感じてはいけないと思うのですね。でなければタイトルなんてずっと無理な話だと思います。

等々力陸上競技場 観衆:22,274人(チケット完売)

2009/11/10

サポーターの責任

 先日のエントリーでナビスコカップの表彰式の出来事を書きました。コメントは罵倒じみたモノが沢山来るだろうなと予想していて、それはまあ予想通りだったのですが、その中にサポーターの責任を問うものがいくつかありました。

 私は荒らしやアンチが吐き捨てているだけだろうと思って全く気にしていなかったのですが、一昨日の千葉戦で選手が謝罪に現れたとき、その選手達の真ん前で「サポも同罪!」というゲートフラッグを掲げている人がいるのを見て驚きました。他にも二つほど同じようなメッセージの横断幕やゲーフラもあり、ちょっと考えてしまいました。

 既に収束に向かいつつある話を蒸し返す形になりますが、自分の考えを書きます。---

 

今回の一件は100%選手の問題であって、ファンやサポーターには一切の責任はありません。

お金を払ってサッカーを見る人が、お金を貰ってサッカーをやる人の起した出来事に対し、責任など取りようがないのです。当たり前じゃないかと思っているのですが、当の川崎サポーターはそうは思っていない人もいるようです。

 観客は観客の立場でしか責任を取ることができません。これはファンだろうがサポーターだろうが、同じです。観客の責任とは・・・例えば旗竿で選手の頭を叩いたとか、ピッチに降りたとか、そういう不法行為に対して以後の試合で旗振りが禁止になったとか、入場禁止になったとか、そういう罰則を負うのは観客の責任だと思います。しかし今回は違います。壁にもたれかかったとかガムを噛んだとか、そんなことにサポーターが責任を負えるはずがありません。第一、責任の取りようがありません。この状態でサポーターにも責任があるなどと自分で言うのは偽善とは言わないまでも、おかしいことだと思います。

 じゃあサポーターはどうすればいいのか。それは

 1.選手を許すこと
 2.選手を信じること
 3.選手を応援すること

 この3つだけだと思います。

 サポーターも同罪、のメッセージの何がいけないのか。それは今、川崎の選手達を許すことが出来るのは川崎サポーターだけなんですよ。それをサポも同罪と言ってしまうと許す人がいなくなるのです。そこが問題だと思います。あの集団謝罪行進の中で選手がそのメッセージを読んだときにどう思うか。「サポも同罪か、俺たちだけが悪いんじゃないんだ」とは絶対に思わないでしょう。本来楽しく観戦するはずの人たちにまで迷惑をかけてしまった。申し訳ない、という気持ちをより深く持つのではないでしょうか。試合前に選手にそんな気持ちを持たせることは何もよいことはないと思います。

 話が外れますが、私は高校野球に代表される連帯責任という奴が、反吐が出るほど大嫌いです。このエントリーはそういう気持ちが前提にあるので書いてみました。今回は川崎サポーターに反感を買うかもしれませんけどね。そうだとしたら申し訳ないと思います。

 ちなみにこれは鬼武氏その他の言動とは全く別の話なので悪しからず。

2009/11/09

前橋遠征顛末記

20091108121708


 少し前の話ですが、10月31日に群馬県前橋市にサッカー観戦に行きました。観戦カードはKSL市原とカップ、「YSCC対ヴェルフェたかはら」と「FCコリア対日立ビルシステム」の2試合。
 「KSL市原カップ」というのはJFLの下部リーグに当たる関東サッカーリーグが主催するカップ戦で、早い話がナビスコカップの地域リーグ版です。試合会場はいずれも駅から遠く、2箇所にわかれるためバイクで移動します。

 第一試合は12時に前橋市の郊外にある図南五代フィールドという前橋のサッカークラブ図南SCが使用するグラウンド。ここで試合を最後まで観戦した後、第二試合会場の大胡運動公園陸上競技場へ移動します。距離は約4キロ。移動中、道に迷ったため、一旦バイクを道ばたに寄せてエンジンを停め、地図で確認し、再度エンジンを掛けようとセルスイッチを押しましたがウンともスントもいいません。カチ、カチという音だけが聞こえます。これはまずい。

 今まで普通にかかっていたエンジンがいきなり黙ってしまったわけですからバッテリー上がりではありません。(バッテリー上がりの場合はセルモーターは回ります)。となるとヒューズ切れか、とヒューズボックスを開け、スペアヒューズに替えましたが結果は同じ。こうなるとお手上げです。

 仕方がないので携帯電話のタウンページサイトを開け、バイク屋さんに電話を掛け、引き取って貰います。引き取り後、バッテリー電圧を測ったところ、ほとんどゼロ。ここで、バッテリー切れと判明しました。バイク屋さんに在庫があったので、充電後、帰宅することにします。時刻は午後6時。

 前橋駒形インターから北関東道に乗り、関越自動車道に入って一路練馬を目指します。花園インターに近づいたところでいきなりエンジンが停止。惰性でバイクを走らせ、花園インターを抜けます。料金所通過時はエンジンが完全に停止してしまったので、ETCゲートは開かず。そのまま突破し、路肩に寄せ係員の到着を待ちます。

 係員にETCカードを見せて高速料金を精算し、高速機動隊詰め所によって事情を話し、バイクをパトカー駐車場に止めさせて貰いました。さて、これからどうするか・・・・・


 花園インターは埼玉県の中央部にあり、位置的には秩父に近いと言えます。埼玉県の都市部からかなり離れているので押して歩くにもバイク屋を呼ぶにもきついモノがあります。少し考えたすえ、携帯電話で実家でバイク屋を営んでいる弟に相談し、軽トラで引き取りに来てもらいました。横浜市戸塚区から埼玉県寄居町まで距離にして約100キロ。申し訳ない。

 バイクは実家に預けて故障箇所を診断して貰ったところ、オルタネーターとレギュレーターの故障とわかりました。修理費は前橋で交換したバッテリーとあわせて約9万円。はあ。

 最近のバイクはよく出来ていて、エンジン回りの故障というのはまずありません。昔は10万キロでエンジンオーバーホールとか言っていたのですが、そのようなことはなくなりました。その代わり電装関係の故障が多くなってきています。私以外でもだいたいそうなのですが、8年目、または8万キロでどこか壊れます。大体はレギュレーター回りが多いです。これは予想していて、あらかじめ覚悟していたのですが、やはり、いきなり10万円の出費は痛いです。年明けにイタリア遠征を予定したのですが、キャンセルになりました。がっかり。

 まあ仕方がありません。バイクは本日なおりました。またこれで遠征に出かけます。

2009/11/08

川崎 3-2 千葉

1108


よくやった!


この総叩きの中、先制され、逆転し、試合終了3分前に同点に追いつかれ、ロスタイムに突き放す、という展開にこれ以上何を言えるのかと思います。この展開に戦評など何の意味も持たないと思います。ナビスコカップ決勝戦で私はメンタルが弱いと書きましたが、弱い人間にこの試合が出来るのでしょうか。

まだあと3試合残っています。苦手の九石ドームというのはありますが、頑張ってほしいと思います。

等々力陸上競技場 観衆:18,470人

ACL決勝

1107


行く予定満々だったのですが、前日帰宅直後に熱を出してしまい、大事を取って休みました。うーーーーーん。
残念。岡山を見たかったのですが・・・・。

2009/11/04

表彰式の出来事について

以前、こういうエントリーを書いて該当チームをこき下ろしたことがあるので、やはりコメントしないわけにはいかないだろうなと思います。該当チームのサポーターの人には特に。

私はバックスタンドで見ていたので、選手達が何をやったのか全く見えなかったのですが、公式サイトの謝罪文を見ると、

 ・首にさげたメダルをすぐに外した。
 ・握手しなかった。
 ・壁にもたれた。
 ・ガムを噛んでいた。

ということをやったようですね。感想を言えば、とても恥ずかしいし、サッカー選手以前に社会人としてあり得ないことだと思います。特にガムを噛みながら公式の場に出るなんてのは論外中の論外で、こういう選手を使わなければ優勝できないならば優勝しなくて結構、とすら思います。他の選手だって程度はどうあれ同じです。

天皇杯県予選決勝もナビスコの決勝も同じ事ですが、試合を開催するにあたってどれだけ多くの裏方が金銭的、物質的、人的にサポートしているのかわかっていないんじゃないかと思うことがかなりあります。私はいろいろなスポーツを見ますが、サッカーは特にそう感じます。

--- フロンターレの選手に対して言いたいのはここまで。---

次にJリーグの鬼武チェアマンに対して。

怒るのはもっともなところがありますが、そういうものの言い方はないだろう、と思います。ベストメンバー問題もそうですが、二言目には「処分」ということを口にするあたり、もう少し考えてモノを言えよ、と思います。

処分をするためにはまず規定や規約があり、それに対する相応の処罰の範囲が事前に決められていなければなりません。そういう規定がないのに二言目には処分を口にすれば、それは恐怖政治でしかないのです。
そんな怖いことを思いつきで口にしてしまうような組織にマトモな運営が出来るとは思えません。

こういうことを言うのもなんなのですが、選手は深く傷ついているわけで、それに石を投げつける態度というのは私から見ればどっちもどっちだと感じます。こういう言い方をしなければ、私はフロンターレの選手を一方的に非難したと思いますが、そこまで言われれば、フロンターレの選手の側に回りますよ。もう気にするなと言いたいです。

--- この件について最後に。 ---

川崎フロンターレは公式サイトでこの件について謝罪文を掲載しました。かなり真剣に謝っている文章で、ここまで書いたならば、これでいいんじゃないかと思います。今回の件はあくまでも心証を害しただけですから、今後は気をつけていけば良いことです。こういう問題で一番難しいのは謝る側ではなくて、拳を振り上げた側が、どうやって拳を降ろすかということです。それはもう拳を上げた側の器量によりますね。あの湯沸かし器みたいなチェアマンを見ると結構難しそうだなと思いますが。

失礼なことをしたのならば、怒られて、謝って、気をつけてゆけばよいことです。選手も人間なのですからそういうことだってあるでしょう。そういうことが出来るのならば、私はまた応援していきますよ。ガムを噛んだ選手に対しても。

2009/11/03

FC東京 2−0 川崎

1103


 まあ弱いから負けた、の一言で終わってしまうと思います。米本のシュートが無回転だったから止めるのが難しかったのか、川島のミスだったのか、そういう議論はあるにしても、結局は川崎は弱かったから、それがすべてだと思います。弱かったというのはFC東京よりも弱かったというのではなく、決勝戦という舞台に対して弱かったのです。相手がガンバでも清水でも大分でも千葉でも負けたんじゃないかという気がします。経験の問題ではないですよね。千葉でも大分でもFC東京でも初挑戦で初優勝をしていますから。取るチームは取るんですよ。

 熟練で圧倒的なスピードとスキルをもつジュニーニョが決定的なチャンスを外す一方、スタメンに定着して間もない18歳の米本があっさり決めてしまう。人数が勝っているのに平山をフリーにしてしまう。その平山は難しいタイミングで飛び込んで決めてしまう、そういう戦術とは関係ない、出ている本人のメンタルな部分や勝負強さの点が試合の勝敗を分けたのだと思います。

 こういう心理的な弱さって、決勝戦に限った話ではないです。ビッグスワンでの新潟戦や日本平での清水戦で何回やっても勝てない所とつながっているのではないでしょうか。逆に言えばそういう負けの部分を一つ一つ潰していけば本当の強いチームになると思います。

 国立霞ヶ丘競技場 観衆:44,308人(チケット完売)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »