2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« FC東京 2−0 川崎 | トップページ | ACL決勝 »

2009/11/04

表彰式の出来事について

以前、こういうエントリーを書いて該当チームをこき下ろしたことがあるので、やはりコメントしないわけにはいかないだろうなと思います。該当チームのサポーターの人には特に。

私はバックスタンドで見ていたので、選手達が何をやったのか全く見えなかったのですが、公式サイトの謝罪文を見ると、

 ・首にさげたメダルをすぐに外した。
 ・握手しなかった。
 ・壁にもたれた。
 ・ガムを噛んでいた。

ということをやったようですね。感想を言えば、とても恥ずかしいし、サッカー選手以前に社会人としてあり得ないことだと思います。特にガムを噛みながら公式の場に出るなんてのは論外中の論外で、こういう選手を使わなければ優勝できないならば優勝しなくて結構、とすら思います。他の選手だって程度はどうあれ同じです。

天皇杯県予選決勝もナビスコの決勝も同じ事ですが、試合を開催するにあたってどれだけ多くの裏方が金銭的、物質的、人的にサポートしているのかわかっていないんじゃないかと思うことがかなりあります。私はいろいろなスポーツを見ますが、サッカーは特にそう感じます。

--- フロンターレの選手に対して言いたいのはここまで。---

次にJリーグの鬼武チェアマンに対して。

怒るのはもっともなところがありますが、そういうものの言い方はないだろう、と思います。ベストメンバー問題もそうですが、二言目には「処分」ということを口にするあたり、もう少し考えてモノを言えよ、と思います。

処分をするためにはまず規定や規約があり、それに対する相応の処罰の範囲が事前に決められていなければなりません。そういう規定がないのに二言目には処分を口にすれば、それは恐怖政治でしかないのです。
そんな怖いことを思いつきで口にしてしまうような組織にマトモな運営が出来るとは思えません。

こういうことを言うのもなんなのですが、選手は深く傷ついているわけで、それに石を投げつける態度というのは私から見ればどっちもどっちだと感じます。こういう言い方をしなければ、私はフロンターレの選手を一方的に非難したと思いますが、そこまで言われれば、フロンターレの選手の側に回りますよ。もう気にするなと言いたいです。

--- この件について最後に。 ---

川崎フロンターレは公式サイトでこの件について謝罪文を掲載しました。かなり真剣に謝っている文章で、ここまで書いたならば、これでいいんじゃないかと思います。今回の件はあくまでも心証を害しただけですから、今後は気をつけていけば良いことです。こういう問題で一番難しいのは謝る側ではなくて、拳を振り上げた側が、どうやって拳を降ろすかということです。それはもう拳を上げた側の器量によりますね。あの湯沸かし器みたいなチェアマンを見ると結構難しそうだなと思いますが。

失礼なことをしたのならば、怒られて、謝って、気をつけてゆけばよいことです。選手も人間なのですからそういうことだってあるでしょう。そういうことが出来るのならば、私はまた応援していきますよ。ガムを噛んだ選手に対しても。

« FC東京 2−0 川崎 | トップページ | ACL決勝 »

コメント

以前のエントリーの非難具合とギャップを感じますが…

しかし今回、テレビでは処分と言われる程の態度には見えなかったです
でも少なくとも皇室、スポンサー、協会の前でとるプロの態度ではなかったので
反省するのみですね…

>処分をするためにはまず規定や規約があり、それに対する相応の処罰の範囲が事前に決められていなければなりません。
まったく同意です。我那覇の件もそうだったと思います。
まぁ、19番の態度は正直ひどかったですね・・・

>処分をするためにはまず規定や規約があり、それに対する相応の処罰の範囲が事前に決められていなければなりません。

ちょっと論理的に無理があるような気がしますが・・・
この場合規定に「表彰式でガムを噛んではいけません」
「メダルは表彰式中に外してはいけません」と規定していなくてはいけないのでしょうか?

こんにちは。いつも楽しみに拝見してます。
川崎の選手の態度が今回通常レベルを逸脱したものだったのかなあ?
表彰式の雰囲気はいつもこんなものと思います。
個々の人間性、プライドの問題で強制するものではないし、育った環境、指導のされ方に不足があっただけでしょう。

まあ強いて抵触しそうな規約は下記の文言ですかねえ。

第229条〔違反行為〕
加盟団体または選手等が次の各号のいずれかに該当する行為を行った場合には、第197条〔懲罰の種類〕第1項各号((1)号及び(2)号を除く)および第2項各号の懲 罰を科す。
(3) 本協会、加盟団体または選手等の名誉または信用を毀損する行為を行ったとき

>処分をするためにはまず規定や規約があり、それに対する相応の処罰の範囲が事前に決められていなければなりません。

今回の件に関しては、この言い分は詭弁としかとれない。
規定とかルールという前に、社会人としての品格、常識、スポーツマンシップというものが川崎の選手にかけていたということです。
ルール以前の問題を、子供たちのお手本にならなければならないJリーガーが、規定を作らないと守れないのでしょうか。。

>ほんの5分、10分程度の表彰式ですらまともに向き合えない人間がプロサッカー選手として金を稼ぐなど100年早いと思います。

自分でかいてるじゃん
川崎はプロやめたら?

表彰式に規定やルール適用?なんですかそれ?
決まりがないと表彰式をちゃんと行えないの?
明らかに「川崎フロンターレは同じことを繰り返します!」って言ってるようなもんだw

決勝で試合→どちらかが負ける→負けても表彰される。
これを全チームが納得して、大会に参加してるわけ。
それを受け入れられないなら出るなって話しだろ。


今回はあまりにも未熟な選手達、その選手を管理してるチームに責任があるわけで。
人間の管理も出来ないのにルール適用すれば?なんて同じ事を繰り返すって言ってるようなもんだ。

来年以降のナビスコカップ出場停止でも良いと思いますけど。

批判に対して批判で返すのは見苦しいの一言です。

川崎は加害者とも言える立場ですので、甘んじて受け入れるしかないのでは?

バックスタンドからはよく見えませんでしたが,メダルをかけていないことは確認できました.
気持ちはわかるが(わからないでもないが),やったことは容認できないという立場です.
選手達が現在の時点でどう思っているかわかりませんが,できることと言えば,
1)謝罪
2)反省
3)処分などの裁定を甘んじて受け入れる
ことでしょうか.
きっと選手達も事の重大さに気がついていると思いますし,動揺しているのではと心配でもあります.
次に自分の出来ることはサポーターを自負する以上は,次の試合に集中できるよう応援することだけです.
ナビスコの件は選手自身の反省と,リーグの裁定に任せて見守りたいと思います.

反省、という意味でいうなら
特にガムを噛んでいた選手は自らのブログもお持ちのようですから
その場を利用してでも、まあその他の手段でもよいですが
けじめをつける(謝罪する)ことも大事なのでは?

ほとんどの選手からは謝罪の言葉が公には聞こえてこないので
批判も強まっているのではと思います。

もう気にするな、と言葉を掛けてあげられるのは
私だったらけじめをつけた後ですね。

選手は自分たちだけでサッカーしてる、
自分たちだけが悔しいと勘違いしてないか?
たくさんのサポーター、スタッフ、スポンサー、
いろんな人達と一緒に作り上げた環境であることを理解しないといつかサポーターは去るよ。

あと19番の振る舞いは社会人として許されない。
クラブは今後のことを含め慎重に考えたほうがいいと思う。

さすがにチェアマンや協会に対して八つ当たりのコメントとしか思えません。
社長もビデオを観て完全に非を認め、実際にああいう晴れ舞台でプロとして恥ずかしい間違いを全国に晒したのだから他のことに転嫁したり言い訳をするのは見苦しい。
本当のチームサポーターならそんな時まで「サポート」する必要はありませんし、今の心境はお察しますが、本当にチームのためを思うなら決して賢明な態度とは思えません。

選手の心情を慮っても彼らも多くの人に夢を与えるべきプロであり、森などはベテランとして本来なら若手に範を示すべき立場にあり、憲剛もチームの顔として率いる立場ならあのような場面でも意識を高く持って他の選手たちをしっかりとサポートしてほしかったです。

川崎を応援する人のメンタリティーにはただただ驚く。

>夏人さん

正論ですね。
一部なのかも知れませんが、今回の件で川崎サポの見苦しい擁護には
唖然とさせられています。
私も某クラブのサポをやってますが、うちのチームの選手が表彰式で
あんな態度をとったら、激怒しますね。
懸命に応援させておいて、それはなんだよ!と。
当然クラブに直接抗議に行きます。

一部の川崎サポはチーム愛を履き違えている人が目立つのが残念です。

>失礼なことをしたのならば、怒られて、謝って、気をつけてゆけばよいことです。選手も人間なのですからそういうことだってあるでしょう。

おそらく森とかいう選手もこう考えているのでしょうな。それで同じ誤りを二度、三度と性懲りも無く繰り返す。

ほとんどの川崎サポもこんな考えだから、選手も深くは反省せず、またクラブとして同じ誤りを繰り返す。

こういっちゃあれですが、川崎サポの皆さんってほとんど、わかさんと同じ意見なんですか?異論を期待したいが。

今件で鬼武チェアマンを批判することはちょっとお門違いかと。
彼の発言は多少高圧的ですが、今件で彼を批判することはできません。彼も(良かれ悪かれ)リーグのために尽力している人間であることを忘れないでください。

まずこのご時世に、多額のスポンサー料を払ってサッカーを支えてくれているスポンサーの気持ちをしっかり考えるべきです。企業が身を削ったお金であることを。

ナビスコ杯はJリーグに必要不可欠な大会です。

今回の川崎の行動によって、万一スポンサーが離れるようなことがあれば、日本サッカーにとって大きな損失となるのは明らかです。
・・・もし川崎の胸スポンサーが降りるとなったら、川崎というクラブにとって大きな損失でしょう。(川崎Fは川崎という立派な都市で、立派な企業に支えられていてスポンサーに苦労はしないかもしれませんが・・・)

とにもかくにも、Jの頂点を決める大会で、こういったことが起こったということ。本当に残念でなりません。

何年ぶりかにコメント致します。
横浜のフロンターレサポです。

これは憶測でしかありませんが・・・
激怒の理由の一つに・・・
先だっての鹿島戦中断の折、フロンターレ関係者がサポーターへの説明で、
「Jリーグ側は、フロンターレはJリーグでの成功例と評価して頂いてる。J会員希望団体向けの現地視察は、大体が等々力で行っている。」
旨の話を涙ながらにしてたのを思い出しました。
今回、貴賓席には高円宮妃殿下やナビスコの社長がいて、鬼武さんがお二方にその旨のお話をされたのでは?
決勝の舞台にフロンターレが上がってきた訳で恐らくそう話すのが自然な流れだと思います。
そこにきてあの愚態・・・
鬼武さん面子丸潰れ・・・
こんな流れもあったのかなと思います。
まあ、そうでなくても今回は弁解の余地はないですよ。
しかし、社長・会長・選手代表の謝罪も、クラブ内部での処分も出揃いました。
あとはJリーグからの処分待ちですが、甘んじて受けるべきだと思ってます。
千葉戦では全員出てきて謝罪もするそうですが、しかし今回の件を許す事は無いと思います。

ただ、試合になったら応援する。

それで良いのではないでしょうか。

ひどい被害妄想だな。
川崎サポってこんなやつらばっかりだ…

つまり、他のクラブはやってはいけないが、自分たちは何してもOKと。

さすが川崎サポですね。

地方予選とは比べ物にならない規模で、日本中に醜態をふりまき、
高円宮様にまで無礼を働いておいてこんな記事。
ありえないわ。

色々な意見が、あちこちで飛び交ってますね。

私がいま一番引っかかっているのは、J上層部の態度です。
わかさんも書いてましたが、何かあると二言目には「処分」。
レフェリングと同じで、まずは教育的指導、次に処分・・・これが普通の流れではないでしょうか??

今回の件も、いきなり「処分だ」とか「賞金を返上して欲しいくらいだ」とかいう、頭に血が上ったような発言が出るのはどうかと。
まずは、はっきりと「神聖な場での非紳士的な行動なので、非常に遺憾である。改善を強く求む。川崎側の考えはいかに?」と言うべきではなかったでしょうか。

最近のJ上層部の判断には「偏り」「すぐに怒り沸騰」が多い気がします。

今回の件に関して、いわゆる「川崎擁護的意見」の背景には、J上層部に対する疑念があるような気がします。

「川崎擁護的意見」を読んでいると、選手たちの行動を完全に擁護している意見はあまりないように感じます。むしろ、上の判断に対して「?」という気持ちが多いのかな、と感じます。

みなさんはどうお思いますか?

>レフェリングと同じで、まずは教育的指導、次に処分・・・これが普通の流れではないでしょうか??
レフェリングにも一発退場ってありますよ。今回はその程度のものでしょう。
>処分をするためにはまず規定や規約があり、それに対する相応の処罰の範囲が事前に決められていなければなりません。
戦前の不敬罪でも復活させますか?

このエントリーでは川崎の選手と鬼武氏を初めとする組織トップに対してとは別の言い方をしています。鬼武氏に対して言いたいのは組織のトップが感情的に吊し上げるようなものの言い方は良くない、ということです。一般サポーター、評論家とは発言の重さが全く違うこと、組織の長が同じ組織の仲間を世間の前で吊すことは一般企業では考えられないわけで、そういう立場の違いを考えない態度に苦言を呈しているわけです。

まあ、アレです。戦後の個性特化教育のせいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FC東京 2−0 川崎 | トップページ | ACL決勝 »