2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« サポーターの責任 | トップページ | 柏 2-3 川崎 »

2009/11/29

川崎 1-0 新潟

1128


 勝てば良し、としか言いようがない試合でした。攻めてこない新潟の戦術に非常にイライラ感が募っていましたが、早く決めて早く終わりにすることができない川崎の決定力の無さにも同じ気持ちがありました。鹿島がガンバ相手に5-1で勝ち、川崎が新潟に1-0で勝つ。あるいは大分に0-1で負ける。この差が鹿島と川崎の力の差なのだなあ、そう感じました。

 もちろんこの時期になれば試合の重圧はとてつもなく重いわけで、その中で勝つことを信じて応援していったサポーターや選手は凄いと思います。けれど、その重圧の中を戦う凄さを評価して良いのは何年も前の話ではないのかと思います。あれから何度も、今年に入ってから何回も、こういう状況の中で試合をするのならば、そろそろ王様ゲームをしてほしい、そう思います。

 優勝争いから話が変わりますが、新潟の戦い方はあまりにも引きすぎではないかと感じました。リーグ最少失点チームの秘密はここにあるんだよ、という声が聞こえてきそうですが、こういう戦い方が観客の減少につながっているのではないかと思います。客観的目線でこの戦い方を見続けるのはかなり無理があります。マルシオが出ていればもっと中盤からフォワードにかけての連動性が生きていたのかもしれませんが、この試合で目立ったのが千代反田とチョ・ヨンチョルだけ。それはあまりにもどうなのか、もっとラインを押し上げられないのか、大分は出来たじゃないか、そう感じながら見ていました。

 だから川崎には早い時間帯で1点取ってほしかったと思います。ナビスコの決勝も、前節の大分戦も、この試合もそうなのですが、押し込むだけの絶好のタイミングがあったのに決められない。バーを叩いたり、ポストをギリギリで外したり。そういうケースが多すぎました。臆病な新潟の戦術と、過度の気負いが走っている川崎。これがなんとも言えない、数年前のJ2を思わせる試合にしてしまったのだと思います。

 繰り返して言いますけど、川崎の選手が感じる重圧や意気込みは想像を絶すると思います。でも、これだけ2位をとり続けていたのならば、もう重圧を感じてはいけないと思うのですね。でなければタイトルなんてずっと無理な話だと思います。

等々力陸上競技場 観衆:22,274人(チケット完売)

« サポーターの責任 | トップページ | 柏 2-3 川崎 »

コメント

今年の新潟のアウェーの成績は

9勝3分5敗 20得点9失点

アウェーで2点取られた試合はないんですね・・・

ホームとアウェイで全く違うスタイルになるのが特徴かと思います。

1点取れば引き分け以上に持ち込める、アウェーでは上等な戦術だとは思いますがいかがでしょう?

全てのチームがあんたらみたいな攻撃的サッカーやってるわけじゃないんだよ
そもそもサッカーは攻撃的じゃいといけないなんて決まりは無い

コメントありがとうございます。
どんな戦い方をしようと各チームの自由ですが、お金を取ってサッカーを見ているのでしたら面白い試合を期待するのは自然なことだと思います。

私はこれについては勝ち負け以上に重要な要素だと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サポーターの責任 | トップページ | 柏 2-3 川崎 »