2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« ACL城南一和戦 炭川スタジアムガイド | トップページ | 日体大レディース 2-0 北海道ノルディア »

2010/04/12

SGシステム 2-1 神奈川県教員

0410


 4月に入るとアマチュアサッカーリーグも続々開幕します。ここで言うアマチュアリーグとはJFLのさらに下、地域リーグや都道府県リーグ、あるいは女子サッカーを指します。開幕に当たって各リーグのホームページやクラブの紹介ページを見ていると、関東リーグ2部に懐かしい名前を見つけました。SGシステムというチームに所属する中澤友秀という選手です。

 知らない人のために少し解説します。この選手は元々フリューゲルスユースの選手でした。フリューゲルスがマリノスに吸収された年(つまり横浜FCが誕生した年)、彼は高校を卒業し、デンソー(現在の刈谷FC)に入部しました。二年間デンソーでプレーをした後に横浜FCに入り、2001年から2002年までの2年間、横浜FCでプレーをしています。その後、JFLの佐川東京に入ったところまでは確認しているのですが、それ以降は意識していませんでした。まだ現役でいたのか。良かった。なんとなく懐かしい気持ちになりました。

 どうしてそこまで覚えているかというと、やはり横浜FCができた1999年から2002年位までの間はクラブは本当に明日をも知れない脆弱なチームで、その中で入ってきてくれた選手には思い入れがあるのです。フリューゲルス関係の選手は特に。中澤選手はユース在籍時にフリューゲルス消滅となったわけですが、このとき、彼は募金活動もしていたはずです(確認はしていませんが)。ちなみに同時代のフリューゲルスユースの選手は他には坂田大輔や田中隼磨がいます。かれらより2つ上だったと思います。

 懐かしくなって、夢の島まで関東2部を見に行きました。夢の島に行くのも5年ぶりくらいです。改修されたのか、トラックがきれいになっていました。私が会場に着くと選手たちはアップを始めていました。彼のSGシステムでの背番号は19。これは彼が横浜FCに入った年の背番号です。10年前から現在までの姿がつながって、なにか熱いものを感じます。がんばっているんだなとうれしくなります。

 中澤選手の体格はJリーグ選手のそれで、他の人とは違いましたね。重心の位置が低く、安定しています。ディフェンダーなので積極的に攻撃に絡むようなことはありませんでしたが、サイドバックとして無難にプレーをしていました。試合は2-1でSGシステムの勝ち。さい先の良いスタートとなりました。神奈川県民としては神奈川県境員にがんばってほしかったんですけどね。

江東区夢の島競技場 観衆:40人(目測)

« ACL城南一和戦 炭川スタジアムガイド | トップページ | 日体大レディース 2-0 北海道ノルディア »

コメント

いつもスタジアムガイド参考にしています!
ブログ更新もう少しはやめにして頂けると、totoの予想にも
役立つかも!生意気にすみませんでした(笑)

                   神奈川県リーガー

地域リーグ二部あたりの観戦日記、良いとこつきますね~

今後も少し距離をとった感じの(私の印象)

俯瞰文章楽しませていただきますsmile

すり鉢スタジアム好きより

>M.Kさん

コメントありがとうございます。いつも更新が遅れて申し訳ないです。日体大の観戦記も書いてみました。どうでしょうか。

>湖人さん

お久しぶりです。関東2部ともなるとチームの生い立ちもよく知らないので、こういうことが観戦動機になりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ACL城南一和戦 炭川スタジアムガイド | トップページ | 日体大レディース 2-0 北海道ノルディア »