2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 磐田 3-1 川崎 | トップページ | さようならCBR1100XXスーパーブラックバード »

2010/05/22

横浜FC 4-0 鳥栖

0522


 サッカーの試合は勝ちたい気持ちの強い方が勝つという鉄則がありますので、今日の試合は鳥栖が勝つだろうと思っていました。ところが実際は、鳥栖の自滅と言った試合で、もうボロボロでしたね。鳥栖の退場者はコーチを含めて3人。イエローも汚いチャージなどが多く、これじゃあ試合にならないなと思いました。勝ちたいと思う気持ちが強くても冷静さを失ったら勝てません。鳥栖の選手は横浜FCに対して怒りのような気持ちがあり、それが空回りしてしまったのだと思います。

 逆に横浜FCは新加入のホベルトがきちんと起点になり、大黒にパスを出していました。なにかこう、すざましく遅い気がしますが、なんとか光明を見いだせたのではないでしょうか。もっとも横浜FCが快勝したのは先ほど述べた鳥栖の自滅だけではなく、相手がラインを上げて攻め込んできたのでカウンターがとりやすかったというのが大きいと思います。2点目のPK、3点目につながったディフェンダーのクリアミスはそういう鳥栖の攻守の切り替えミスが招いた結果でした。大黒のハットトリックはすばらしいものでしたが前半33分で4-0というのは大味すぎて、横浜FCが強かったから勝ったと言えないんじゃないかなと思います。そこまでの実力差はないな、相手が守ってカウンタースタイルだったらどうだろう、そう考えると横浜FCの実力は次節以降に見極めになるでしょう。

 横浜FCの選手がすばらしかったのは、4連敗、直近10試合で1勝9敗という絶望的な状況にもかかわらず、勝つための意識を持って試合に取り組んだことでした。こういう気持ちを持つというのは難しいものがあります。その気持ちを持ち打つづけることができれば、今年は昇格が無理でも来年につながるんじゃないかなと、そう感じます。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:4749人

« 磐田 3-1 川崎 | トップページ | さようならCBR1100XXスーパーブラックバード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 磐田 3-1 川崎 | トップページ | さようならCBR1100XXスーパーブラックバード »