2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 水戸 3-1 横浜FC | トップページ | 磐田 3-1 川崎 »

2010/05/10

横浜FC 0-2 栃木SC

0509


 最低としか言いようのない試合でした。やる気があるのか、と言いたいのですが、当然選手は全力でやっているに決まっていますので、おもしろくない気持ちを抱え込むしかないのですが、いずれにしてもチームの士気が最低まで落ち込んでいるなと思います。

 シーズン序盤の方はポゼッションを取って速攻と言ったスタイルで、これは機能したのですが相手が引いて守るととたんに勝てなくなりました。敵のカウンターを怖がって、こちらもディフェンス重視で望めばお互い攻めることができないつまらない試合になります。この辺が監督の能力の差なのかなと思います。横浜FCがJ1昇格を狙うには、いかにポゼッションを取って早く攻め、点を取るか、この一点でしかないのです。それはJ1昇格後に残留を見据えて戦うためにはJ2で守備的なサッカーをするわけにはいかないからです。そういう、目先の勝ち点ほしさに自分のスタイルを放棄するあたりが、チームとして駄目駄目なんだと思います。まあこれはフロントの昇格圧力もあったのでしょうけどね。昔、信藤監督が負けても負けても自分たちのスタイルを貫き通して攻撃フォーメーションを組んで、大勢のサポーターの非難を浴びましたが、私は彼を支持しました。それはそういうスタイルで試合に臨まなければ、J1昇格もできないし、できても続かないからです。

 ただ見ていて思うのは、選手はそろっている、監督も良い人を連れてきている、練習環境も問題ない、ここまでそろっていて何故連敗するのか?、いくつかの仮定はあるのですが、これという理由が見当たりません。一言で言えば、背伸びのしすぎ、理想の追いすぎなんでしょうけど、あんまりですよね。

 今日はサッカーの残酷さや惨めさを見せつけられた試合でもありました。鳥栖に捨てられた廣瀬が鳥栖を捨てた監督・選手たちにゴールを決めるというものでした。もちろんこれは酷い言い方で、実際はクラブも選手もお互いがより良い未来を築くために下した結論なのですが、なにかこう、逆ドラマになりましたね。廣瀬は結婚しているので、奥さんの立場でこの試合を見たら泣いてしまうかもしれません。特に岸野監督は廣瀬にとって恩師ですから。

 今日の試合に負けたことによってJ1昇格は非常に厳しくなり、昇格の可能性は理論上の確率だけの世界に入りつつあります。でも、今はこの現実を受け止めるて一歩一歩進んで行くしかないんじゃないでしょうか。Jリーグに加盟するチームが40チームできて、そのうちの18チームだけがJ1にいられるならば、その18チームに入り続けるためには他の21チームに勝てるだけの財産がきちんとできていなければならないわけです。それは資金であったりブレインであったりサポーターだったりする訳ですが、そういう財産が今の横浜FCにあるかと言えば、それはないですよ。どう見たって。そろそろそういう部分を見つめ直してもいいのではないかと思います。

 ニッパツ三ツ沢球技場:観衆:4426人

« 水戸 3-1 横浜FC | トップページ | 磐田 3-1 川崎 »

コメント

こんばんは。いつも拝見させて頂いてます。

この試合の感想としては、おっしゃる通りだと思います。単純に「気持ちの問題」と片付けたいところですが、それは「当てはまる」一方で、その病根はかなり深いものだと感じてます。
クラブ全体として、今までのツケを払わざるを得ない状況なのかな、という感じですかね。これは、フロントは勿論、あまりにも「いびつな」応援をしてきた自分達サポーターも、このクラブの在り方をもう少し考えなければいけない。そう思わざるを得ないものだと痛感したものでした・・・。

こんにちは。
他チームでうまくいっていた監督と選手を連れてきたのですから、現在の成績は他の何かに要因があるのは明らかでしょうね。そこに向き合わない限り、補強をしたって駄目だし、それでうまくいっても問題の解決にならないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水戸 3-1 横浜FC | トップページ | 磐田 3-1 川崎 »