2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 町田 6−1 松本 | トップページ | 横浜FC 3-4 甲府 »

2010/05/01

川崎 4−2 湘南

0501


 ディフェンスが相変わらずザルという欠点は何一つ改善されていないのですが、臼井の退場にかこつけて個人技でゴリゴリ攻め立てて点を取って逆転しました。・・・・まあ勝ったからいっかー。

 実際のところ、湘南は今日のスタメンだと苦しいですね。ジャーンとアジエルがいない状態でフォワードが阿部と田原だと本当に組織サッカーをしないと勝てません。今日の湘南を見ていると、今の日本代表を見ているようで、正直暗雲な気持ちになってしまいます。それでも今日の試合は湘南が先制しているんだから、日本代表だってやりようがあるのかもしれません。

 川崎はテセが出場停止で、黒津のワントップになりました。しかし湘南は黒津よりも左右のビトールとレナチーニョをつぶしにかかってきましたね。これは効果があって、黒津は良いポジションでボールがもらえませんでした。黒津は裏に抜け出す動きは良いのですが、一対一で対峙されるとそこでお終いという典型的な日本人フォワードで、ここをクリアすると代表の目も狙えるのになあと残念に思います。後半は臼井の退場すると、ダムが決壊するように川崎の攻めは一方的になっていきました。見ていて、このペースなら逆転は可能だろうと思っていました。

 反町監督は、手持ちの駒を徹底的に使ってきました。田坂の裏を突くとディフェンダーは誰もいない川崎の守備とか、本当に研究しているなと思います。川崎は湘南に勝って浦和に負けましたが、その理由は湘南には田中達也がいなかったから、と言っていいいと思います。この辺が監督力の差なのでしょう。

 ただ、逆に言うと、J1というのはこういう世界な訳です。J2では半分以上のチームがJ1昇格を目標にしていますが、J1に残留・定着となるとJ2に昇格するよりずっと難しい、金をどこまでつぎ込めるかというイヤらしい話が目の前にあります。反町さんが優秀かどうかは意見が分かれると思いますが、少なくとも監督はやることをキッチリとやっても結局はそこ、という現実をつくづくと感じました。

 湘南を見ていて良かったなと思うのは湘南サポーターが大勢来たこと。川崎が湘南と対戦するのはJ2時代の2004年以来ですが、当時とは隔世の感があります。少なくともアウェイエリアでコレオグラフィーをや見たのは久しぶりと言うか、初めてのような気がします。同じ県内なので来て当たり前なのですが、近隣チーム同士での対戦が盛り上がるのは楽しいです。

 等々力陸上競技場 観衆:19,423人

« 町田 6−1 松本 | トップページ | 横浜FC 3-4 甲府 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 町田 6−1 松本 | トップページ | 横浜FC 3-4 甲府 »