2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FC 3-2 東京V | トップページ | 帝京大 50-10 立教大 »

2010/09/19

湘南 1-6 川崎

0918


 実力差を考えるとこんな所かな、と言う気がしたゲームでした。かなり大味な試合で、川崎がやりたい放題やったような気がしますが、それ故にプレーの一つ一つが雑に見えました。リーグの順位で言うと、川崎は上位チームと比べて得失点差が少ないので、点がとれる試合は取らないといけないのですが、何かこう個人技でジャカスカやっていたような試合でした。丁寧にやっていれば、あと3点くらいはとれたと思います。

 湘南は助っ人として期待した外国人プレーヤーを怪我で欠いていましたので、最初から苦戦するのはわかっていたと思います。それ故に気の毒な面もあるのですが、それにしても湘南は戦術も戦意も投げやりな感じました。実力差があってももう少しやりようがあったのではないかなと思います。

 湘南から見れば、川崎との間には実力差があったわけですから、本来なら守備は徹底してマンマーク、攻撃時はブレイクしてワイドオープンでカウンターがベストだったと思います。ワイドオープンは無理としても、何故強力なフォワードがいる川崎にゾーンで守るのか理解できません。シーズン開始当初ならともかく半分を折り返してこれなのか、監督が戦術家の反町でもこれなのか、そういう投げやりさが目立ちました。川崎のキーパーである相澤がボールを取って前線に蹴飛ばす。これが簡単にジュニーニョにつながる、ヴィトールにつながる、そういう雑なプレーをして勝てる訳がないじゃないか、客観的目線で観ればそう思います。弱いチームが強いチームを相手に試合をするなら徹底したマンマークしかないのです。それをフリーにしてしまったのが大差がついた原因だと思います。

 川崎からすればラッキーな試合でした。今日の試合で引き分けようものなら完全にリーグ戦のシーズンが終わってしまったのですが、今日の大勝で息を吹き返しました。まあ優勝を狙うのならばアウェイで勝たなければ駄目だと思いますが、まだ日の目を見ていられるのは良いことだと思います。

 平塚競技場 観衆:12,831人

« 横浜FC 3-2 東京V | トップページ | 帝京大 50-10 立教大 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FC 3-2 東京V | トップページ | 帝京大 50-10 立教大 »