2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 1-3 磐田 | トップページ | 川崎 2-1 横浜FC »

2010/10/11

浦和 2-0 徳島

1011


 天気がよいので浦和まで自転車で行きます。戸塚~(国道一号)→五反田~(山手通り)→板橋~(国道17号)→駒場スタジアムで片道67キロの距離です。帰りは電車で輪行しましたが、案外ちゃんと走れました。所要5時間。標準のサイクリストの速度から比べるとかなり遅いですが、山手通りが工事中ばかりなうえ、アップダウンが激しく、かつ車道を走らせてくれなかったのが痛かったです。もうあの道路は走りたくないなあ。

 実は密かに浦和が負けないかなと思ってもいたのですが、さにあらず、今年はちゃんと勝ちました。ただ、内容がかなり酷く、J2丸出しの内容でしたね。まあトーナメントは勝てばそれでよいのです。実際、カテゴリの違うチームの戦いで、格上のチームが勝って内容も良かった試合なんて記憶にないので、勝てばそれでヨシとするのは正しいことだと思います。

 ただ、それにしてもどうしてあんなにグダグダになるのかなあと思います。今日の試合は浦和の柏木、原口対徳島の柿谷と言う、2014年W杯を狙う若い者同士の戦いでもあったのですが、私が見ている限りでは柿谷が一人で頑張っていた感じでした。原口もそうですけど消えていますね。うーん。

 攻撃のコンセプトをキッチリ貫いてきたのは徳島でした。柿谷をドフリーにする浦和のディフェンスは全く理解できません。以前浦和サポから、「山田暢久は暑い日と寒い日と雨が降った日は仕事をしない」という話を聞いたのですが、何か本当のことのように思えてきました。平川もそうですけど、なんだかなと。願わくばこのコンディションで等々力に来てくれないかなと、そう思いましたね。そういや若い方の山田はどうしたのでしょう。

 徳島は頑張っていたのですが、エジミウソンにPKを献上してしまったのが痛かったと思います。前半、あのまま耐えてスコアレスにするか、柿谷がもう少し決定的なチャンスを決めて1-0にすれば、後半浦和は焦って自滅するのになあ・・と惜しい目線で観ていました。ワールドカップを狙うならキーパーと1対1の場面はキッチリと決めなきゃ駄目です。この辺が辛い。川崎の黒津もそうなのですけど、決定的な場面を外すからフォワードの一人はブラジル人に取られてしまうのだと思います。日本人フォワードが取るのはいつもクロスからのピンポイントですから。

 後半は本当にだらけまくりで、田中達也が交代した後はさらに輪をかけてだらけました。徳島は頑張っていましたがJ2だとここまでなのかなと残念に思いました。

 3連休はこれでお終い。明後日は川崎対横浜FC戦です。

 さいたま市駒場スタジアム 観衆:13,240人

« 川崎 1-3 磐田 | トップページ | 川崎 2-1 横浜FC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 1-3 磐田 | トップページ | 川崎 2-1 横浜FC »