2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« ちょっと多忙 | トップページ | FC東京 1-2 川崎 »

2010/11/20

川崎 3-3 山形 (PK 4-5)

1117


 3回戦の横浜FC戦をそのまま繰り返したようなないようでした。前回との違いは、横浜FCは試合終了前のゴールがオフサイドでしたが、山形は決めたところでしたね。正直、雨の中で120分見て、結果がこれ、と言うのは結構きついです。武蔵小杉駅の横須賀線乗換通路が長く感じられました。

 負けパターンもだいたい同じで、まず先制する、あるいは逆転する。いずれにしろ試合中、川崎がリードしている場面が必ずあって、それが逃げ切れない。それも残り10分とかでパワープレーを仕掛けられて追いつかれてしまう。そういう情けなさが今の川崎にはあります。

 今日の試合を見ていて一番辛いのは、戦力を見比べてみると川崎の方が上にもかかわらず、戦い方は山形の方が上だったと言うことです。技術も戦術も、そして闘志も。失礼な話ですが、今日の山形のメンバーで、私が知っている選手は増田と田代、控えの北村くらいです。それで圧倒されてしまう。足が止まってしまう。何故なんだろうなと思います。

 山形の戦い方はシンプルです。ディフェンダーからフォワードまでの距離を密にして、連動してラインを上げ下げしています。川崎が攻撃を仕掛けるときはその密になった山形の選手たちを抜けていかなければなりません。シーズン序盤のように、テセとレナチーニョがいれば重戦車とミサイルの組み合わせのように簡単に突破できると思うのですが、今のジュニーニョには一人で相手選手を抜くだけの力はなく、ヴィトールや楠神の力を借りることになります。こういう戦い方ならブラジル人フォワードはいりません。日本チームがブラジル人に期待したいのは相手を抜くこと、裏に飛び出すこと、この二つです。川崎は攻撃的に来ますので、当然山形はディフェンシブな戦いになるのですが、川崎にはミスが多く、山形にボールを渡してしまうパターンがかなりありました。そこを増田や田代が狙います。先制点も2点目のフリーキックもそんなかんじでした。

 山形は個人の能力が劣る分だけミスは非常に少ないと感じました。川崎は個人技で山形からボールを奪います。山形は川崎のミスを狙ってボールを奪います。その奪い方の良さ、奪われ方の雑さ、その二つを同時に見せつけられてかなりイライラしていました。ミスを少なくする・・・山形はどれだけ地味な練習をしたことか。小林監督は持てる選手の能力を最大限に使って来ます。小林監督からすると川崎の選手層はうらやましく感じるのではないでしょうか。これほどの選手がそろっていれば、もっとやりようがあるのになあ、と感じているかもしれません。それ故に今日の試合は悔しかったです。

 川崎も3点取ったのですから得点力はあるのだと思います。ただ、試合を最後まで守りきるだけの力がない。118分リードしていてあと3分が守れなかった。川崎の選手は全員足が止まっていました。山形の選手も疲れていましたが、動ける範囲が川崎よりも少しだけ多かった。勝敗はその差でつきました。まあセットプレーの差とかPKの勝負強さ弱さもありますけどね。

 今年は怪我人が多く、そして移籍もあり、厳しいシーズンでした。結果は仕方がないと思います。この2試合の経過、結果を見て来シーズンのシーズンチケットを買うのを止めてしまったひとも出てきています。負けが込んでくるとどうしてもそうなりますが、私はそれもまたサッカーだと思っています。長い間見ていればどんなチームもガタガタグダグダな時期が来ます。それに付き合うのもまた人生だと思いますね。週末はFC東京戦です。勝てる要素がありませんが、頑張ってほしいです。

 等々力陸上競技場 観衆:4780人

 
 

« ちょっと多忙 | トップページ | FC東京 1-2 川崎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと多忙 | トップページ | FC東京 1-2 川崎 »